ビットコインETF承認は近い?(19/10/9)

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが下落しての推移です。

関連通貨:

ビットコインETF承認は近い?(19/10/9)

ビットコインETF承認は近い?

主要仮想通貨(暗号資産)価格【日本時間6時】

ビットコイン:8155.1ドル(-1.01%)
イーサリアム:178.20ドル(-0.46%)
リップル:0.27356ドル(-0.20%)
ビットコインキャッシュ:227.98ドル(-2.17%)

【概況】

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが下落しての推移です。その他のコインも上値の重い展開となっており、前日の上昇に対する調整の動きが意識された形となっています。特段大きな材料があったわけではなく、様子見ムードの中のポジション調整といった状況ではないでしょうか。米CMEやBakktのビットコイン先物の出来高が価格の下落を背景に急減しているといったニュースも流れましたが、これに関してはそこまで材料視されているわけではなさそうです。

さて、ビットコインETF承認に関して、SECが最終判断を下す期日が迫る中、申請しているビットワイズ社から『今までになく承認に近い』といった強気のコメントが出ているとCNBCが報じています。この中で、ビットコイン市場が2年前と比べて規制がしっかりとしてきていることやカストディアンの参入などを挙げ、日々進化していると述べています。さらにビットコインETFの承認により一般投資家に安全なやり方でのビットコインへの投資を可能にするといったメリットも指摘しています。

これらに関しては全く否定するつもりはありません。確かに以前と比べて規制などの面で大きく進歩していることは事実ですし、ETF承認によるメリットも大きなものがあるでしょう。2年前と比べれば『今までになく承認に近い』というコメントもあながち嘘とは言えないでしょう。

しかし、SECが懸念している価格操作に関する問題が未解決のまま残っています。奇しくも昨日の文章の中でBitfinex社とTether社に価格操作の疑いがあるといったことを書きましたが、こういったところを問題視しているということを無視してビットコインETFが承認されるという可能性は限りなく低いでしょう。2年前と比べれば承認に近づいたものの、依然として道半ばといったところではないでしょうか。

また、米CMEやBakktのビットコイン先物の出来高が振るわないと上述しましたが、こういったところもSECに承認を急ぐ必要はないと思わせる可能性もありそうです。ビットコインETFに関してはいずれ承認されると考えていますしその必要性も高いとみていますが、現状においてはまだ時期尚早といったところではないかと思っています。

【ビットコイン節目】

ビットコインは日足のボリンジャーバンドのバンドの-1σ付近を推移しています。節目としてはバンドの中心線である8690ドル前後と-2σである7090ドル前後の水準が意識されそうです。8000ドルを割り込む水準では買い戻しの動きも見られていることから、その点も意識しておいたほうが良さそうです。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの-2σからの調整局面が継続しています。一時的な上げ下げはあるものの横ばいでの動きが展開されています。こういった形はバンドの-2σまで下落する可能性が高いだけに、警戒感が強まります。ただ、現状でバンドの-2σが下落基調から横ばいへと変化しています。下落トレンドが終了する可能性もあるだけに、ここからの-2σの動きには注意が必要でしょう。

またストキャスティクスを見ると、%K、%Dがゴールデンクロスからの上昇となっています。ともに下値圏から外れてきており、このまま上昇基調を維持することができるかがポイントです。上値余地もあるので、買いの流れが継続する可能性は高いでしょう。

ビットコインの4時間足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの-2σから調整の動きが入り、そのままバンドの中心線を抜けて+2σまで上昇し、そこで抑えられる展開となっています。目先はバンドの中心線を目指してじり安基調が維持されています。バンドの±2σが横ばいとなっていることからレンジ圏での動きが意識されやすく、方向感の見えにくい状況ということができそうです。

ストキャスティクスで見ると%K、%Dがデットクロスから下落しての動きです。下落の勢いは弱く、このまま下落基調が維持されるかどうかに注目が集まります。目先の動きとしては売り優勢の局面であり、バンドの-2σまで下落してもおかしくないでしょう。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

12000ドル:心理的な節目
10300ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準
10000ドル:心理的な節目
8690ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線

8160ドル:現在値

8000ドル:心理的な節目
7460ドル:6月6日の安値
7090ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
7000ドル:心理的な節目

関連記事

ページトップへ戻る