G20は仮想通貨に特に目新しいことなく通過(7/23)

昨日の仮想通貨取引はビットコインが上昇しています。

関連通貨:

G20は仮想通貨に特に目新しいことなく通過(7/23)

G20は仮想通貨に特に目新しいことなく通過

主要仮想通貨価格(日本時間6時)

ビットコイン:7542.8ドル(+1.51%)
イーサリアム:466.11ドル(-0.02%)
リップル:0.46176ドル(+1.34%)
ビットコインキャッシュ:810.25ドル(+1.70%)

【概況】

昨日の仮想通貨取引はビットコインが上昇しています。週末にアルゼンチン・ブエノスアイレスで行われたG20において、仮想通貨に関する報告書が発表されています。これに関してはこの場でも何度か書かせていただきましたが、高い注目を集めていました。結論としては『仮想通貨が世界的な金融市場に重大なリスクをもたらすものではないことで合意』『開発のスピードが速いことに照らし、警戒・監視を行う』『金融安定委員会(FSB)はBIS決済・市場インフラ委員会(CPMI)と協力して枠組みを開発する』といったものになっています。

この結論に関して言えば特に目新しいことはなく、市場に大きなインパクトは与えませんでした。問題は規制の枠組みをどうするのかといったところでしたが、現状はいろいろとモニタリングしているものの、評価方法などの決定などにまだ時間がかかる、といった状況のようです。確かに安易な方向に流れるべきではありませんが、いつまでも決まらないというのも問題ではあります。パウエルFRB議長はFEDには規制に関する権限がなくまた求めてもいない、と発言しているように、G20などでの結論が待たれる局面が継続されたということが出来るでしょう。

そうした中、ムニューシン米財務長官がカーニーFSB会長(イングランド銀行総裁)と仮想通貨に関して会談を行いました。会談後、ムニューシン米財務長官は建設的な会話が出来たと述べています。仮想通貨が重大なリスクをもたらすものではないとの報道と併せて仮想通貨の下値を支えているということになりそうです。

【ビットコイン節目】

ビットコインは、ボリンジャーバンドの+2σを意識しての動きです。直近の動きは底堅い動きを見せているもののほぼ横ばいであり、方向感は見えにくい状況です。上値の目標としては6月上旬に意識された7800ドル前後の水準であり、心理的な節目となる8000ドルといったところでしょう。一方、ここから調整の動きが入るとすれば7月頭や6月20日前後に付けた6800ドル前後の水準やバンドの中心線である6760ドル前後の水準ということになりそうです。

G20は仮想通貨に特に目新しいことなく通過

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの+2σ挟んでの動きです。底堅い動きではありますが、やや方向感の見えにくい形です。ここからさらにバンドの+2σを意識してのバンドウォークとなるかどうかはバンドの-2σの形を見ての判断となりそうです。つまり、バンドの-2σが下落基調を強めれば、上値を拡大しやすくなるでしょう。逆に上昇に転じれば、一時的な調整の動きが意識されそうです。ただこのまま上値を拡大するか、一時的な調整が入るかといった違いはあるものの、基本的な流れは買い優勢の局面であり、追撃買いか押し目買いかの違いがある程度で、直近の上値水準を突破する可能性が高いとみています。

また、ストキャスティクスを見ると、高値圏での動きが意識されています。これがはっきりとデットクロスから下落といった動きにならない限りは底堅い動きが意識されやすい局面であり、安易な売りはリスクが高いのではないかとみています。

一方でビットコインの週足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの中心線を意識しての動きが展開されています。この水準を抜けるか抜けないかが重要なところです。週足のバンドの中心線は4月末から5月上旬に抑えられた上値抵抗線であり、ここで抑えられた場合は再度バンドの-2σを目指しての動きとなりかねないだけに、注目が集まります。ちなみに、バンドの中心線は過去には下値支持線としても意識されています(チャート矢印)。

ただ、ストキャスティクスで見るとゴールデンクロスからの上昇であり、さらに上値余地を残しています。買い意欲が強まってもおかしくはないところであり、突破に対する期待感も高まっているのではないでしょうか。突破した場合はバンドの+2σである9650ドル前後を目指す動きも意識されそうです。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

9650ドル:ボリンジャーバンド週足の+2σ水準
8000ドル:5月中旬の安値水準・心理的な節目
7800ドル:6月上旬の高値水準
7620ドル:ボリンジャーバンド週足の中心線

7440ドル:現在値

7000ドル:心理的な節目
6800ドル:7月上旬の高値水準
6760ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線
6000ドル:2/6の安値水準・心理的な節目
5860ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
5760ドル:6/24の年初来安値水準

関連記事

ページトップへ戻る