仮想通貨(暗号資産)週報「ダブルボトムが完成すれば反転上昇」(10月第2週)

今週のビットコインは一段の下押しが入ったのは月曜までで、しかも前週の安値をトライしきれずに反転する動きを見せました。

関連通貨:

仮想通貨(暗号資産)週報「ダブルボトムが完成すれば反転上昇」(10月第2週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、サイト右側にあるメニューのカテゴリ「その他」から「仮想通貨インデックス」をクリックしてご覧ください。
算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。
上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時の間も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

今週のビットコインは一段の下押しが入ったのは月曜までで、しかも前週の安値をトライしきれずに反転する動きを見せました。反転のきっかけとなったのは仮想通貨(暗号資産)取引最大手のバイナンスが人民元建ての取引を始め、さらにアリペイでの入金対応と、中国国内での取引に道をつけたと思われるリリースがあったことです。
ビットコインは7771ドルを安値に8677ドルまで900ドルほどの反発を見せましたが、9月25日高値も上抜けていないことから、テクニカルにはかなり微妙な水準に立ち止まっていることとなります。チャートを見ていただくとわかりますが、9月28日安値と10月7日安値とでダブルボトムのようなチャートパターンとなっていてネックライン(青)を上抜けるとダブルボトムの高さをターゲットに9740ドル(青)をターゲットとする可能性も出てきます。ただ、9700ドルというと急落する前の水準ですから、まだかなり距離があります。この部分を拡大して4時間足チャートを見てみましょう。

*ここからの見通し(4時間足)

*ここからの見通し(4時間足)

ダブルボトムの部分を拡大していますが2つのボトムの間の高値も考慮した上昇N波動(ピンク)を考えることもできそうです。この場合、フィボナッチエクスパンションで計算すると、161.8%エクスパンションが9035ドルとなり、急落直前高値と急落後安値の半値戻しとなる8984ドル(青)とも近い水準です。
ダブルボトムを上抜けるかどうかはまだわからないものの、底堅さを考えると上抜けする動きの方が可能性は高いように思えます。サポートは今週9日に大きく上げる前の水準だった8200ドル、レジスタンスは上記ターゲットのやや手前となる8900ドルというレンジを来週は見ておくこととします。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを国内と海外から1本ずつ取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
高市総務相が8日閣議後の会見で、暗号資産の政治家個人への寄付については政治資金規正法の対象とならないとの見解を示しました。同法では金銭、有価証券の寄付を禁止しているため、仮想通貨(暗号資産)はそれには該当しないということのようです。
政府でなく国会が検討する問題とも発言していますが、現行法で対応していないから良いというのは明らかにおかしな話ですから、早期に法改正すべきであると個人的には思うところです。
いまはリブラ問題ばかりが目立っていますが、新しいものが登場する時に、法律は想定していないのが当然です。想定した上でどうするかが需要な点です。国会内にも仮想通貨(暗号資産)について考える複数の議員の集まりがありますが、自分たちに都合のいいような議論にはしないで欲しいものですね。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
英中銀はこれまでの発言からはリブラを認める方向にも思えましたが、ドイツ・フランスを中心とした現時点では認められないとする欧州の流れに足並みを揃えてきそうです。
英中銀は9日に2日に開かれた金融行政委員会の議事要旨を公表しましたが、リブラが重要な決済手段になる可能性を指摘した上で、サービス開始前に運用条件を整える必要があるとしています。やはり英中銀も技術革新には積極的であるものの、金融システムの安定、投資家の保護といった他国が懸念する点については当局として同様の認識を持っていると考えられる内容です。
同記事より前の5日夕刊では「ペイパル、リブラ加盟撤回」と報じられ、世界的な決済大手がリブラ加盟しないことを正式に参加を見送りました。前週にはビザが参加するかどうかに慎重な態度を示しましたが、このままで行くと当局は認めず、インフラ整備に協力する企業も離れていくというスタート前に頓挫という可能性も出てきた感じがします。

今週のコラム「仮想通貨インデックスを構成する各仮想通貨(暗号資産)のQQE」

最近、QQE続きで飽きられた方も多いかもしれませんが、転換タイミングが早いQQEでも上位時間枠(ここでは日足)の転換タイミングを見ていると、それぞれかなり異なることがわかります。

しかし、なかなか日足QQEが陽転しなかったイーサリアムも陽転したことで3つとも陽転となりました。仮想通貨インデックスも含めて陽転した日(終値)をリストすると以下のような感じです。

リップル 10月8日
インデックス 10月9日
ビットコイン 10月10日
イーサリアム 10月11日

ビットコインのみを取引する場合には、ビットコインだけを見ていれば十分という考え方もありますが、こうして見ると等価で組み入れた各仮想通貨(暗号資産)の動きが平均化され、今回の上昇トレンドではインデックスが陽転した日が、比較的重要な上昇相場に繋がった日であると見てよさそうです。

もう少し観察する必要はありますが、毎朝の日足インデックス下段に示してあり、転換は黒の点の日です。チャートは今朝の日足インデックスを参考にしてください。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る