仮想通貨(暗号資産)週報「当面はもみあいが継続」(10月第3週)

現状では上下ともに方向性が見られず、横方向への動き、つまりもみあいの判断をするしかありません

関連通貨:

仮想通貨(暗号資産)週報「当面はもみあいが継続」(10月第3週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、サイト右側にあるメニューのカテゴリ「その他」から「仮想通貨インデックス」をクリックしてご覧ください。
算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。
上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時の間も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

今週のビットコインは、チャートパターン的にダブルボトムを形成中で仮にネックラインを上抜けたら一段高となる可能性を先週指摘しました。結局ネックラインから反落し一段高の可能性は先送りとなりました。
現状では上下ともに方向性が見られず、横方向への動き、つまりもみあいの判断をするしかありませんが、ダブルボトムの安値を下抜ければ長めのフラッグの下抜け(3度目のトライで下抜け)となり、底割れすることとなります。しかし、下げ止まって反転上昇し再びネックラインを上抜ける動きとなれば、トリプルボトムの上抜けとなり、一段高の可能性を改めて探ることとなります。どちらかに抜けるまでは判断できず、もみあい前提で抜けた場合は抜けた方向についていくというスタンスでよいでしょう。
4時間足チャートも見てみましょう。

*ここからの見通し(4時間足)

*ここからの見通し(4時間足)

上下にあるピンクの太線が日足チャートで示したもみあいの範囲ですが、4時間足チャートでは、先週の一時的な高値を無視してレジスタンスを引くと、それに平行に引いたラインとともに短期下降チャンネル(青の平行線)を考えることができそうです。
現状はこのチャンネルの中での下げを継続し、より大きなサポート(ピンクの太線)に向かい、そこで下げ止まればもみあい継続、明確に下抜けたら(7700ドル割れ)一段の下げと、やや下方向のリスクが高まったように思えます。まだ抜けてはいませんので、ここではニュートラルにもみあい継続をメインシナリオとして、来週は7800ドルをサポートに、8300ドルをレジスタンスとする流れを見ておくこととします。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを連載コラムと海外記事から1本ずつ取り上げます。
取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
日米3人の仮想通貨(暗号資産)に詳しい学者がリブラを例にステーブルコインとは本当に機能するのかを理論的に様々な角度から疑問を投げかけている連載で、何が問題なのかを知る意味で一度目を通しておくとよいと連載だと思いました。特に(上)を書いたカリフォルニア大バークレー校のアイケングリーン教授の分析は確かにそうだと考えさせる内容です。詳細は原文を読んでいただくとして、リブラの裏付けとなる資産は複数の法定通貨や国債となっている点を問題点としています。
つまり、理論的にはうまく説明されているものの現実世界では銀行の破綻が起こり得て預金保険でカバーされない部分が出てくること、国債価格が急落しても為替市場に変動が無い場合、払い出すための資産不足となり得ることなど、想定できない事態が起こり得ることを懸念しています。
既に各国の金融当局はリブラに対する監視網を強め、現状のままでは認めないというスタンスですから、逆にあらゆる事態を想定し、かつ各国の経済を不安定にしないという確証が得られてから導入してほしいものです。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
スイスでは仮想通貨(暗号資産)サービスが続々と誕生しているそうです。たしかに話題のリブラもリブラ協会本部(15日正式に開始)はスイスに置いています。スイスでは秘密口座提供が出来なくなって以降は銀行業が落ち込み、仮想通貨(暗号資産)関連産業を官民あげて取り組んでいます。
例として法定通貨と仮想通貨(暗号資産)双方の資産管理サービスを行う新興企業スマートバロアを取り上げています。同社は2017年に創業したばかりの企業で、もともと仮想通貨(暗号資産)トークンの発行支援と売買からスタートし、7月末からカストディ(顧客資産の保管管理)業務にも対応しているとのこと。仮想通貨(暗号資産)の場合、不正流出事件といったことが頻繫に起きているため、同社はデジタル資産の取引と保管が一括でできる技術を確立したそうです。
他にも同様のサービスで追随する企業が出ているとのことですが、スイスの目論見は果たしてうまくいくのでしょうか。

今週のコラム「BTC/XRPのクロス」

10月に入りビットコインがもみあいを続ける中でリップルは堅調な動きを続けています。ビットコインとイーサリアムやリップルといった主要なアルトコインはクロス取引も行われていますし。仮想通貨(暗号資産)関連のニュースでもビットコインとアルトコインとの間で資金移動が見られたといったヘッドラインを見かけます。

今回はBTC/XRPの日足クロスチャートをご覧ください。1ビットコインが何リップルかというクロスです。リップルの取引が少ない時も多いため、赤のラインでハル移動平均を付加しトレンドを見やすくしてあります。

今週のコラム「BTC/XRPのクロス」

BTC/XRPでは多少の上下を挟みながらも、長い間ビットコイン高の状況が続いてきましたが、9月を境にビットコイン安へとトレンドが転換しています。もちろん材料が無いわけではありませんが、基本的にファンダメンタルが存在しない仮想通貨(暗号資産)では、クロスにおいてもテクニカルの重要度は高いように思います。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る