早くも動き出す?(19/10/29)

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが下落して推移しています。

関連通貨:

早くも動き出す?(19/10/29)

早くも動き出す?

主要仮想通貨(暗号資産)価格【日本時間6時】

ビットコイン:9476.0ドル(-1.58%)
イーサリアム:184.26ドル(-1.08%)
リップル:0.29765ドル(-0.20%)
ビットコインキャッシュ:271.28ドル(+3.52%)

【概況】

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが下落して推移しています。その他のコインはビットコインキャッシュが上昇していますが、全体的にはやや上値の重い展開となっています。ビットコインが10000ドルの節目に接近したものの、再度そこで抑えられており、先行きに対する警戒感が意識されています。大きな動きではないものの、利食い売りに上値を抑えられています。

昨日、中国の習近平国家主席がブロックチェーン技術を推進するよう指示を出したことについて書きましたが、中国の政府系シンクタンクが中国の中央銀行が世界に最初にデジタル通貨を発行するだろうと述べています。その一方で米国主導のSWIFTを時代遅れでコストのかかる決済システムだと述べています。さらに発行基盤が保証されておらず、通貨価値が安定していないリブラやビットコインなどのような仮想通貨(暗号資産)が成功するとは思えないとの見方を示してます。

確かに現状のSWIFTのシステムは国際電信送金に時間がかかるなど、時代遅れのシステムという見方は納得のいくものであり、仮想通貨(暗号資産)のスタートはこういった送金をスムーズかつ安価に行うことが目的であったと言われています。その意味でこの指摘は理解できるものです。また、ビットコインの通貨価値の不安定さも懸念されるところではあります。

その一方で、中央銀行が発行する仮想通貨(暗号資産)というのも国からの監視などの面から懸念が生じるところではあるでしょう。これに関してはリブラと同じ懸念であり、発行元に対する信頼が得られるかどうかといったところに問題が生じるところではあります。

また、昨日指摘しましたが、中国のこういった動きに対して米国は何らかのアクションを起こすものと思われます。ドル基軸通貨体制に対する挑戦であり、リブラ以上に警戒するものと思われます。そうした中で中国の中央銀行が発行する仮想通貨(暗号資産)が果たして普及するのかどうかは不透明です。このあたりの主導権争いはビットコインなどの価格にも大きな影響を与えそうですが、今すぐにどうこうといった問題ではないと思われますので、冷静に動向を追っていくべきでしょう。

【ビットコイン節目】

ビットコインは日足のボリンジャーバンドの+2σをバンドウォークしています。上値のめどとしてはやはり10000ドルが意識されています。一方、下値のめどはバンドの中心線である8360ドル前後の水準ということになりそうです。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの+2σをバンドウォークする展開です。昨日は陰線となっていますが、まだバンドの-2σは下落基調であり、バンド幅の拡大基調は維持されています。バンドウォークが継続して上値を拡大する可能性は十分にありますので、安易な戻り売りは危険でしょう。やはりポイントとなるのはバンドの-2σの方向感であり、これが下落基調を継続すれば上値を拡大するでしょう。逆に横ばいから上昇といった動きになった場合は一時的に調整の動きが意識されるでしょう。

またストキャスティクスを見ると、%K、%Dが下落基調となっています。このまま下落の流れを維持するかどうかに注目です。直近の動きは乱高下しており、ここから再度持ち直す可能性も十分にありそうです。

ビットコインの4時間足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの+2σから調整の動きが入っています。ただ、下値の堅い動きとなってやや方向感の見えにくい展開となっています。目先はバンドの中心線が意識されており、ここで支えられてバンドの+2σまで上昇するかどうかに注目です。バンド幅は縮小傾向で市場にはエネルギーが蓄積されてきています。まだ方向感の見えにくいところですが、バンドの±2σに到達した際は注意しておきたいところです。

ストキャスティクスで見ると%K、%Dはデットクロスから下落していましたが、目先は中立水準で持ち直す動きを見せています。ゴールデンクロスからの動きであり、このまま上昇基調を維持することができるかどうかに注目が集まりそうです。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

10000ドル:心理的な節目

9480ドル:現在値

9450ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準
8360ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線
8000ドル:心理的な節目
7460ドル:6月6日の安値
7270ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
7000ドル:心理的な節目

関連記事

ページトップへ戻る