市場への注目は若干高まったか(19/11/1)

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが下落しての推移です。

関連通貨:

市場への注目は若干高まったか(19/11/1)

市場への注目は若干高まったか

主要仮想通貨(暗号資産)価格【日本時間6時】

ビットコイン:9170.0ドル(-0.36%)
イーサリアム:180.26ドル(-1.54%)
リップル:0.29245ドル(-1.08%)
ビットコインキャッシュ:279.31ドル(-3.28%)

【概況】

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが下落しての推移です。上値の重い展開が継続しており、先行きに対する警戒感が強まる状況です。その他のコインも軟調地合いであり、調整の動きが継続しています。ただ、Whale Alertでテザーが大量発行されたといったツイートがなされたタイミングでビットコインが一時300ドル超の上昇を見せるなど、きな臭い状況となっていることも見逃せないところでしょう。テザーに関してはビットコインの価格操作に対する噂が絶えませんが、実際問題としてテザーが大量発行されるとビットコインの価格が上昇しているという流れがあるわけで、その点は注意すべきところでしょう。

さて、ここ最近の大きな動きを受けて、アクティブアカウントが上昇基調となっています。また、グーグルトレンドでビットコインを調べてみると、ビットコインの検索をする人が増加しています。まだ大きな動きではありませんが、仮想通貨(暗号資産)市場への関心が少しずつ高まっていくかもしれません。

また、メモリプールが上昇基調となっており、トランザクションの減少や手数料の上昇などをもたらしています。直近の動きとしてハッシュレートが低下しており、これが要因となっている可能性はありそうです。ハッシュレートに関しては上げ下げを繰り返す傾向にあり、現状若干減少していますが、これが今後も下落基調となるかどうかは不透明であり、慎重に見極めたいところです。現に9月23日に急落した時もすぐに持ち直して上昇トレンドに入っています。今回の減少に関してもすぐに持ち直す動きがみられても驚くには値しないでしょう。

目先は調整の動きが入っていますが、先日のビットコインの急騰は仮想通貨(暗号資産)市場への注目を集めることに一役買ったことは事実のようです。ただ、取引そのものが増加しているといった雰囲気にはまだなっておらず、海外取引所BitfinexのBTC/USDの証拠金取引のポジションは買い、売りともに減少基調となっています。今回の乱高下によってポジションの決済の動きが強まっていることが伺え、先行きに対する懸念からポジションを解消し、フラットな状況にしているのではないかと思われる局面です。

【ビットコイン節目】

ビットコインは日足のボリンジャーバンドの+2σからの調整の動きです。バンドの-2σが下落基調から横ばいへと転じており、バンドの+2σである9700ドル前後の水準と中心線である8470ドル前後の水準で挟まれたレンジを動くのではないかとみられています。バンドの+2σと中心線が節目となる局面ですので、注意したいところです。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの+2σから調整の動きが入り、バンドの中心線を目指す動きです。バンドの+1σで支えられる可能性もありますが、下値としてはバンドの中心線を見ておいたほうが良いでしょう。バンドの-2σが下落から横ばいへと転じており、このまま上昇となる可能性が高いでしょう。そうなればバンドの±2σが上昇となり、大きな動きにはなりにくいものの、上昇トレンドが維持される局面となりそうです。バンドの中心線まで下落しても、そこでは支えられるなどといった動きが予想されるところです、

またストキャスティクスを見ると、%K、%Dが下落基調となっています。目先は下落の勢いが落ちていますが、まだじり安基調は維持されており、上値の重い展開となりそうです。

ビットコインの4時間足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの中心線と-2σで挟まれたレンジを動く展開が継続されています。バンドの±2σはほぼ横ばいであり、レンジ圏での動きが意識されやすい局面です。目先は中心線で抑えられてバンドの-2σを目指す格好です。バンド幅が狭いので、バンドブレイクからバンドウォークといった動きになる可能性も考慮に入れる必要があるでしょう。バンドの+2σ、もしくは-2σでの動きには十分に注意する必要がありそうです。

ストキャスティクスで見ると%Kは上昇基調が腰折れし、目先は下落基調を強めています。近いうちに下値圏に入りそうで、売りの流れが意識される状況です。%Dは勢いこそ弱まっていますが、上昇基調を維持しています。このまま上昇の流れを維持するのであれば、先行きは底堅い動きが展開されるのではないでしょうか。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

10000ドル:心理的な節目
9700ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準

9170ドル:現在値

8470ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線
8000ドル:心理的な節目
7460ドル:6月6日の安値
7230ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
7000ドル:心理的な節目

関連記事

ページトップへ戻る