ビットコインドミナンスは高水準で小動き(19/11/5)

先週末の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが小動きとなっていましたが、今朝(日本時間5日5時)300ドル超の上昇となるなど、買い圧力が強まっています。

関連通貨:

ビットコインドミナンスは高水準で小動き(19/11/5)

ビットコインドミナンスは高水準で小動き

主要仮想通貨(暗号資産)価格【日本時間6時】

ビットコイン:9505.0ドル(+3.58%)
イーサリアム:186.70ドル(+3.07%)
リップル:0.29526ドル(+1.89%)
ビットコインキャッシュ:291.20ドル(+2.44%)

【概況】

先週末の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが小動きとなっていましたが、今朝(日本時間5日5時)300ドル超の上昇となるなど、買い圧力が強まっています。これに関しては『Whale Alert』にて大量のテザーが発行されたことが示されており、価格を急激に押し上げた可能性があるだけに注目すべき動きです。このあたりの流れが価格操作と疑われるところではありますが、実際問題として投資を行う際には注目せざるを得ないことも事実です。その他のコインもしっかりとした動きが展開されています。

さて、先月の7日に『ビットコインドミナンスの低下がもたらす意味』と題してドミナンス分析を行いましたが、今月もドミナンス分析をやっていこうと思います。今回もビットコインドミナンスのチャートを載せておきます。

前回の分析において、『ビットコインからその他の市場、株や債券や商品、さらには現金などに資金が移動しているのではないか』といったことを書きましたが、その後の展開に関してもビットコインは上値の重い展開を続け、ビットコインドミナンスもじりじりと低下する流れとなりました。この流れはビットコイン主導のドミナンスの低下であり、仮想通貨(暗号資産)市場全体の低調を表していたのではないかと思われます。

しかし、先月の25日にビットコインが急上昇し、それに合わせる格好でビットコインドミナンスも持ち直しました。ビットコインに資金が流入したことがうかがえる局面であり、先行きに対する期待感が強まりました。その後、28日までビットコインドミナンスは上昇を続けました。

しかし、ビットコインドミナンスはそこから再度下落に転じています。70を超える水準はここ最近では行き過ぎといった見方ができるところですが、そこまでも届かずに押し戻されています。そして、じりじりと下値を拡大する動きとなっています。現状はまだ67を上回る水準での推移であり、ビットコインドミナンスは高水準を維持しています。しかし、下落基調が継続ということになれば、ここ最近の流れから考えると、ビットコイン市場からの資金の流出が意識されることになり、先行きに対する警戒感を強めることとなるでしょう。

ビットコインドミナンスの低下はアルトコインが盛り上がることでも起こりうる流れですが、現状はそういった動きではなく、ビットコイン主導の下げ相場で起こっているように見受けられます。そうした中での直近の下落基調には懸念を抱くところです。目先は大きな動きとは言い難いところですが、下落トレンドにも見えるところであり、今後の流れを注視したい局面です。

ビットコインドミナンスは高水準で小動き

ビットコインドミナンス

【ビットコイン節目】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの+2σから調整の動きが入り、バンドの+1σを意識しての動きです。ここで支えられて再度バンドの+2σまで上昇する可能性も十分にあるでしょう。バンドの±2σが上昇基調となっており、トレンドそのものは上向きです。ただ、バンドブレークからバンドウォークといった動きにはなりにくく、調整を入れながら上値を拡大していくといった動きになる可能性が高いでしょう。

またストキャスティクスを見ると、%K、%Dが上昇に転じており、ゴールデンクロスからの動きが展開されています。買い優勢の流れであり、このまま上昇基調を維持することができるかに注目が集まりそうです。

今日は週初ですので、週足分析をやっていこうと思います。

ビットコインの週足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの-2σから持ち直して中心線を意識しての動きです。ここを上抜けるかがポイントとなりそうですが、現状は緩やかではあるもののバンドの±2σが下落しており、トレンドそのものは下向きです。バンドの中心線では抑えられて再度バンドの-2σまで下落する可能性のほうが高いように思われます。現状はすでにバントの中心線を意識しての動きであり、上値の重さが意識される可能性は高いでしょう。

ストキャスティクスで見ると%K、%Dは上昇基調となっています。%Kの上昇の勢いが落ちているのは気になるところですが、まだ下落に転じたわけではなく、買い優勢の流れが維持されているといったところではないでしょうか。%Kの方向感に注意を払い流れの展開ということができそうです。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

10070ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準
10000ドル:心理的な節目

9510ドル:現在値

8680ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線
8000ドル:心理的な節目
7460ドル:6月6日の安値
7280ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
7000ドル:心理的な節目

関連記事

ページトップへ戻る