仮想通貨(暗号資産)週報「もみあいを下抜けネックラインに寄せる動きか」(11月第2週)

様子見が強まっていましたが、値動き自体も狭く高値を起点としたペナント(三角もちあい)を形成しています。

関連通貨:

仮想通貨(暗号資産)週報「もみあいを下抜けネックラインに寄せる動きか」(11月第2週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Cypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、サイト右側にあるメニューのカテゴリ「その他」から「仮想通貨インデックス」をクリックしてご覧ください。
算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。
上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時の間も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

先週のビットコインは前週に急落後の急反騰を見たこともあって、様子見が強まっていましたが、値動き自体も狭く高値を起点としたペナント(三角もちあい)を形成しています。ペナントを教科書通りに捉えれば、上抜けし上昇トレンドに回帰する可能性を探るのですが、方向にはこだわらず、どちらか抜けた方に走りやすいとニュートラルな見方をしていたほうがよいでしょう。
そして下記のトピックスでも取り上げますが、仮想通貨(暗号資産)を取り囲む材料はどちらかというと悪材料のほうが多いように見えます。さらに、安値からの反騰値幅も大きすぎる感がありますので、個人的には下方向に抜ける可能性のほうが高いのではないかと考えています。
4時間足チャートで拡大して見てみましょう。

*ここからの見通し(4時間足)

*ここからの見通し(4時間足)

ペナントを示してありますが、拡大するとほぼ頂点にまで来ていることがわかります。通常こうしたパターンは頂点に行く前の8合目あたりでどちらかに抜けていくか、どちらにも抜けそうでない場合は方向感が出ないままパターン終了ということになりますが、どうも今回のペナントは終了のパターンになりそうです。
そうなると、他のラインを見に行くことになりますが、目立つラインとして日足チャートで示した水平線があり、これは急反騰の2日目に上抜けたネックラインです。
現在はこのネックラインをサポート兼ターゲットとして、やや下押しの可能性を考えたほうが素直な見方に思えますし、このネックラインは急落後の安値と反騰後の高値の半値押し8805ドルとも重なります。一方で今週の高値圏は先週半ば以降、上値が重たい水準となっていますので、戻りは9500ドル水準を見ておくとよさそうです。
来週は今週のレンジからやや下値を拡げ、8800ドルをサポートに、9500ドルをレジスタンスとする一週間を見ておこうと思います。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを国内と海外から1本ずつ取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
主要国ではフェイスブックのリブラ計画発表以降、仮想通貨(暗号資産)に対する規制を着実に強めてきていますが、金融庁は規制強化の一環として仮想通貨(暗号資産)を投資対象とする投信の組成と販売を禁止するルールを作るとのことです。
これまでもそうした投信は無かったものの、仮想通貨(暗号資産)への過度な資金流入を抑制するため、金融商品の組成販売に関する指針を年内に改定し規制強化を図る流れです。これにより国内では今後、登場の芽は無くなることとなりました。
日本の仮想通貨(暗号資産)に対する規制は進んでいるほうなので、今後他の主要国でも同様の規制が出てくる可能性もあり、仮想通貨(暗号資産)の上値を抑える要因となるかもしれません。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
これまでもビットコインの価格変動にテザー(米ドル連動のステーブルコイン)が使われているという話はよく出ていましたが、これはビットコイン価格下落時に下支えのため、テザーを使ってビットコインを買う動きがしばしば見られたことによるものです。
今回のニュースは米国の大学教授の論文に示されているもので、それによるとテザー自体が本来の目的から離れ、需要と関係なく発行されて、ビットコインの価格操作に使われている可能性を指摘しています。しかも、今回の論文ではそれがビットフィネックスに口座を持つ特定の参加者(一人?)によって行われたと結論付けています。参考までに今週のコラムでそれぞれのチャートを表示してあります。
ビットフィネックスは、米ドルの裏付けの状況やこうした価格操作の疑いで既に米国司法省の捜査対象となっていますが、実際にそうした事実が出てくると仮想通貨(暗号資産)市場にとっては悪材料となりそうです。

今週のコラム「BTCUSDとUSDTUSD」

トピックスで取り上げたので、ビットコインとテザーのチャートを見てみましょう。

今週のコラム「BTCUSDとUSDTUSD」

上段がビットコイン(BTCUSD)、下段がテザー(USDTUSD)の日足チャートです。
テザーは米ドル連動とは言うものの、1テザー1ドルを示す黒の水平線の前後で細かく上下に動いています。そして、2つのチャートに出来高を付してあります。

こうして見ると、はっきりとはわからないものの6月下旬のビットコイン上昇時にはテザーが下げていることや、ビットコインが上下に大きく動いて出来高が増えている時は、テザーの出来高も増えているように見えます。

必ずしも論文の内容に沿ったものとは言えませんが、出来高には相関がありそうに思えます。ただ、株式市場でも日経平均上昇時には出来高が増え、通常個別株も出来高が増えているような市場全体としての相関の範囲かもしれませんので、参考程度ということでご覧いただければと思います。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る