仮想通貨(暗号資産)週報 「来週もじり安、8300ドル水準がターゲット」(11月第3週)

今週に入ってからは対円で割り込んだ100万円の大台を一度も回復できていないことも上値の重さに繋がっていると言えそうです。

関連通貨:

仮想通貨(暗号資産)週報 「来週もじり安、8300ドル水準がターゲット」(11月第3週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Cypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、サイト右側にあるメニューのカテゴリ「その他」から「仮想通貨インデックス」をクリックしてご覧ください。
算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。
上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時の間も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

先週のビットコインは勢いこそ無いもののじりじりと水準を切り下げ、9月後半から10月後半にかけてのネックラインを下回る水準にまで押してきています。急落後の暴騰は2日間かけての上げでしたが、そのうちの後半2日目の上げは既に失ったということになります。先週はビットコインに限らず、イーサリアム、リップルなど主要仮想通貨(暗号資産)全般に上値が重たい展開となっていましたが、今週に入ってからは対円で割り込んだ100万円の大台を一度も回復できていないことも上値の重さに繋がっていると言えそうです。
テクニカルには引き続き下降ウェッジ(ピンクの細線)の中での動きを続けていますが、ネックラインを下回る動きが続いていることや、ウェッジの下限に近付いていることを考えると、下降ウェッジから平行下降チャンネル(ピンクの太線)へとシフトしていく可能性を考えた方がよさそうなチャートと言えるでしょう。4時間足チャートで拡大して見てみましょう。

*ここからの見通し(4時間足)

*ここからの見通し(4時間足)

下降ウェッジは本日の東京午前に既に下限に到達していますが、すぐ下には10月安値と10月高値の61.8%押しにあたる8452ドルが位置しています。最近の値幅を考えると平行チャンネルの幅は広すぎますので、その手前の78.6%(61.8%の平方根)押しとなる7950ドル、こちらは急落前の水準とも一致しますが、大きくは大台8000ドルを意識しながらも戻りの弱い展開が続く可能性を考えます。
ただ、一気には下げないでしょうから、まずは8452ドル、そしてその後は急落前の戻り高値となっていた8300ドル水準をターゲットとしやすいと見ています。
来週も大きな動きは考えず上値の重たい展開を継続、8200ドルをサポートに、上値は直近で上値の重たい8900ドルをレジスタンスとする一週間を見ておこうと思います。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを国内から2本取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
今年3月に無罪判決となっていたコインハイブ(ウェブ閲覧すると勝手に採掘を始めるプログラム)ですが、その際に意図しない動作をするプログラムではあるものの、刑事罰には値しないとして無罪判決となっていました。この控訴審が11月8日に開かれ29日に被告人質問が行われるそうです。

検察はコインハイブをウイルスとして摘発、被告側はそうではないという主張をしていますが、客観的に考えてユーザーの意図しない結果を与えるプログラムがウェブに仕込まれているというのは問題があるように思えます。よく誤解を与えてウイルス駆除ソフトを買わせるようなサイトもありますが、その中には実際にウイルスを仕込むようなサイトもあり、このあたりの解釈は厳格にしておかないと、今後も出てくるであろう悪意あるプログラムに対して予防効果が無いように思います。
このコインハイブ事件は、コインハイブで検索すると法律的な見解が色々と出てきますので、解釈そのものの興味がある人は今一度検索して読んでおくと面白いです。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
グーグルによる量子コンピュータの発表でビットコインが急落したのは記憶に新しいところですが、その後の中国のブロックチェーン政策で爆上げしたことで、急落懸念とともに量子コンピュータによる暗号解読懸念も市場参加者には薄まってしまっている印象です。この記事では実際に量子コンピュータによって暗号が解読される時期についての言及があります。
それによると、今の段階では全く心配は無いが20年後はわからないとあります。20年後というと2039年、2045年のシンギュラリティまでそれほど年数がありません。ややリスクを先に見過ぎている気もしなくはありませんが、それと同様に新しい暗号を導入する準備にも20年くらいかかるとあります。
こちらもそんなかかるのか、というのが正直な印象ですが、おそらく研究者の見解では20年後あたりで量子コンピュータによる計算力が上がり、それまでに暗号実装を解決しておかないとまずい、ということなのでしょう。過去を振り返るとコンピュータの性能向上は凄まじいものがありますので、仮想通貨(暗号資産)限らず広く使われているパスワード等、暗号処理は次の時代へ歩み始めたと言えます。

今週のコラム「ビットコインと金融占星術」

久しぶりに金融占星術ネタですが、以前週足チャートを用いて天王星の位置をギャンの手法(*)で価格に置き換えたチャートを示したことがあります。今日はそのチャートが直近のところでどうなっているのか、日足チャートに天王星ラインを引いてみました。

今週のコラム「ビットコインと金融占星術」

いまひとつの箇所もありますが、意外とサポート、レジスタンスで効いているところが多いように思います。現時点では上下のラインの位置は8180ドルと9370ドルの水準に位置しています。ラインは緩やかなので、この先は徐々に低下する程度でそれぞれのレートに大きな変化はありません。

こうした数字も参考にしてもよいかもしれませんね、という程度で読んでいただければと思います。
(注*)W.D.ギャンが実際に使っていた手法で、手書きチャートも残っています。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る