仮想通貨(暗号資産)週報 「まずは7300ドル、7000ドルの大台も視野に」(11月第4週)

今週のビットコインは週明けから下げる動きとなり、先週引いた下降ウェッジの下側ライン(ピンクの細線)を下抜けてからはテクニカルにも売りが強まっていました。

関連通貨:

仮想通貨(暗号資産)週報 「まずは7300ドル、7000ドルの大台も視野に」(11月第4週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Cypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、サイト右側にあるメニューのカテゴリ「その他」から「仮想通貨インデックス」をクリックしてご覧ください。
算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。
上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時の間も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

今週のビットコインは週明けから下げる動きとなり、先週引いた下降ウェッジの下側ライン(ピンクの細線)を下抜けてからはテクニカルにも売りが強まっていました。そして昨日になってバイナンス上海事務所が捜査を受け閉鎖という噂が駆け巡り、一気に7400ドル台にまで一段安の展開となりましたが、噂についてはバイナンスがそもそも上海には事務所が無いと否定しています。
そうだとすると、なんでこんな噂が出てきたのかということになりますが、何かバイナンスに問題がありそれがこうした噂に繋がったと考えるのが一般的でしょうが、個人的には米国による情報操作の可能性があるのではないかと思います。
G20と中国では仮想通貨(暗号資産)に対する考え方が規制と推進で異なっていますが、ここに来て米国議会による香港人権法案可決、米国防省による中国のアジア地域における行動非難と通商協議進行の裏では他の外交面で米中対立が目立ちます。そして、トランプ大統領周辺には常にネットを使った情報操作疑惑が付きまとっていますので、中国へのけん制の一環で今回のような噂を流したとしても不思議でもなんでもありません。むしろ、あり得ることと思えます。
話をチャートに戻しますが、結局昨日の下げでこれも先週示した下降チャンネル(ピンクの太線)内での動きに完全にシフトしてきたと言えます。4時間チャートでもう少し拡大して見てみましょう。

*ここからの見通し(4時間足)

*ここからの見通し(4時間足)

平行チャンネル内での動きとは言え、かなり上に寄った推移でしたが、昨日の下げでチャンネルの中央水準にまで下げてくることとなりました。これまでの動きが比較的緩やかだったこと、また中国のフロックチェーン推進ニュースで大きく上がり始める前の安値が7307.5ドル(チャートでは丸めて7310ドルと表示)だったことを考えると、現在のターゲットは同水準にあると見てよいでしょう。
しかし、7307.5ドルは中国のブロックチェーンのニュースで暴騰する前に、量子コンピュータの成功で仮想通貨(暗号資産)の暗号に対する懸念で急落した安値です。そしてこの安値を下抜けてくると、その下には目立ったサポート水準が無いだけに平行チャンネルの下限(現在7000ドルの大台と重なる水準)を視野に入れてくることとなります。
一気に同水準までの下げは無いと見ていますが、方向はいまだ下と考えざるを得ず、来週は中心レンジとして7300ドルをサポートに、7800ドルをレジスタンスとする一週間を見ておこうと思います。引き続き、振れには注意が必要そうです。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを海外から2本取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
MAS(シンガポール通貨庁)が20日に仮想通貨(暗号資産)のデリバティブ取引を解禁することを発表したとのこと。これまでは規制対象だったものを2020年中に新規制の下で取引を開始するようですが、個人投資家に対しては取引非推奨という忠告を出しています。
シンガポールは小国で金融立国を目指し成功した国と言えますが、SGX(シンガポール取引所)はSIMEXと呼ばれていた当時からアジアでは一定の地位を確立していました。そのSGXでの先物取引を想定したものと言え、CMEに続いてSGXでも先物取引が始まるとアジア時間においても一定の取引量が確保されることとなりそうです。
また、まだ全くわからないもののCMEと同じ取引概要で参入をすることで、CMEとSGX間で取引清算ができるスタイルでの提供となる可能性もあるのではないかと個人的には考えています。現時点では日本の取引所が参入するとは思えませんが、総合取引所としてはどうも改革の遅れが目立つJPXも頑張って欲しいものです。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
中国は国としてブロックチェーンの推進をしていくというだけあって、中国によるブロックチェーン関連の特許数が際立っているようです。2016年以降に中国が特許出願件数で米国を抜いて以降はその傾向が顕著で、2018年には累積で中国の件数が約7600件と全体の60%以上、第2位米国の3倍となっています。その中でも首位がアリババとのことです。
これらの数字は通信分野でも似たようなことが起きていて来年以降急速に普及していくと言われている5Gの特許でも中国が1位です。こちらは中国の占める割合が34%、第2位は韓国で25%、首位の企業はファーウェイです。5G分野で遅れていた米国がファーウェイに対して禁輸措置を取り、独り勝ちを許さないという対決姿勢も記憶に新しいところです。
ブロックチェーンに話を戻すと、技術は仮想通貨(暗号資産)から多くの分野に活用が広まっていますし、G20が規制するいっぽうで中国は推進と、技術面でのその差は広がりそうです。そして、日本はブロックチェーンで4位、5Gでは6位とはなっているものの件数は圧倒的に少なく、かなり差をつけられている状況です。

今週のコラム「仮想通貨インデックス100割れ」

仮想通貨インデックスと言っても仮想通貨羅針盤のインデックスですからどの程度の人が見ているかは疑問ではあるものの、全体としての傾向はよく表れていますし、100(2017年9月1日基準)という値も思いのほか面白い水準にあると思います。

まず毎朝掲載している日足チャートをご覧ください。

今週のコラム「仮想通貨インデックス100割れ」

下段のチャートがインデックスですが、2018年11月下旬までは何度か100をトライしたものの下抜けずに反発、2018年11月20日時点にそれまでの安値を下抜け明確に100を下回ったあたりから低迷が始まりました。そして再び100を上回ったのが今年4月13日、アルトコイン相場の上昇がきっかけでした。
そして昨日、100を下回ってきています。まだ1日しか経過せず99台に留まっているため、あと数日は確認する必要があるかもしれませんが、このインデックスの100割れが個人的にはビットコインの見通しで書いたような一段安の流れのきっかけとなるような気がしてなりません。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る