仮想通貨(暗号資産)週報 「短期的には底を打ち当面はもみあい」(11月第5週)

中国材料で上げる動きとともに買いポジションもある程度増えたであろうことを考えると上値が重たくなりやすいという流れが予想されます

関連通貨:

仮想通貨(暗号資産)週報 「短期的には底を打ち当面はもみあい」(11月第5週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Cypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、サイト右側にあるメニューのカテゴリ「その他」から「仮想通貨インデックス」をクリックしてご覧ください。
算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。
上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時の間も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

今週のビットコインは中国人民銀行の発言をうけて急落から始まりました。先週引いた下降チャンネルの下限と7000ドルの大台が重なることから、テクニカルには7000ドルも視野にという見方をしていましたが、それをはるかに超える大変動を見ることとなりました。変動率という点では仕手株にも負けない動きです。
この下降チャンネルは下ヒゲで2度ほど下抜ける動きもありましたが、結構効いていると思いますので、今週はあえてこのラインを引き直さず、このまま使うこととします。動きもだいぶ落ち着いてきましたので、4時間チャートでもう少し拡大して見てみましょう。

*ここからの見通し(4時間足)

*ここからの見通し(4時間足)

ピンクの平行チャンネル内で上に寄った推移から下側ラインまで下げ、その後反発し現時点では改めて上側ラインに近づいてきています。これまで同様に上側ラインがレジスタンスとなる可能性と、今回の安値から引いた上昇チャンネル(青の平行線)の中で当面上昇を続ける可能性の2つの可能性がありますが、最近の変動の大きさを考えると、多少上抜けしたとしても引き続きピンクの平行チャンネルの中で上値の重たい展開を続けやすいと見ています。
材料的には中国材料の上げが失われ、中国材料で上げる前の量子コンピュータの下げは現時点ではまだ杞憂ということで双方の材料がいったん消化されたと考えると、ニュートラルな水準は7000ドル台後半と見ることもできます。ただ、中国材料で上げる動きとともに買いポジションもある程度増えたであろうことを考えると上値が重たくなりやすいという流れが予想されます。来週は大きく動いた後の動きにくさも加わりそうですから、中心レンジとして7200ドルをサポートに、7700ドルをレジスタンスとする一週間を見ておこうと思います。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを海外と国内から1本ずつ取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
先週執筆時点では下値懸念があったものの7600ドル台半ばで推移していたビットコインでしたが、25日に一時6500ドル台前半まで急落を演じることとなりました。この急落のきっかけとなったのが、中国人民銀行による取り締まり強化の動きです。
これまでも中国では仮想通貨(暗号資産)に対して規制が厳しかったのですが習主席のブロックチェーン技術促進発言で10月には10000ドルの大台に乗せていたことを考えると暴騰も急落も中国発ということになります。今回の中国人民銀行の発表は上海での仮想通貨(暗号資産)取引の違法行為取り締まりですが、投資家に対して仮想通貨(暗号資産)とブロックチェーン技術を混同しないように警告したことで、中国政府は技術の促進はするが仮想通貨(暗号資産)取引は規制するということが明確となったことによる急落です。
安値からは戻していますが、投資家の思惑が走り過ぎて急騰した値幅を全て失った水準で落ち着いたということになりそうです。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
鹿児島にあるビットマスターの破産というニュースです。同社は仮想通貨(暗号資産)周辺事業を行っていましたが、実際に事業をしているのか等、以前からマルチ商法ではないかといった噂が絶えなかった会社です。記事によると債権者22369人、負債総額109億円ということなので、一人あたり約50万円です。
ホームページで説明していたことと、今回の破産の理由がどうも矛盾している気もしますし、ここ1、2年は仮想通貨(暗号資産)をネタにしたポンジスキーム案件(運用の実態が無く資金を集めてそれを分配、資金が集まらなくなったら計画破綻)がとても多いです。知り合いからもよく相談が来ることを考えると、噂が事実だったような気もします。
記事からは離れますが、月利10%、100%といったような通常では考えられない投資話はだいたいがポンジスキームだと思った方がよいです。今の日本では金利ゼロの状態が長いため、高配当の話に飛びつきたくなる気持ちはわかりますが、日経平均採用銘柄の配当利回りが2%程度であることを考え、それ以上の利回りには何かあると思ってよいでしょう。

今週のコラム「インデックス1時間足にもQQEを追加」

仮想通貨インデックスの日足チャートには以前QQEを追加していましたが、1時間足には追加していなかったので、こちらにも追加することにしました。

今週のコラム「インデックス1時間足にもQQEを追加」

インデックスの動きとQQEの方向性(緑=上昇、赤=下落)が合わないところもありますが、全般的にはそれらしい動きになっているようです。3つの各仮想通貨(暗号資産)の動きが揃っていない時などはインデックスのQQEを参考にするのも良いと思います。

来週アップする分から採用しますので、一番下の緑と赤の色も気にしてみてください。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る