仮想通貨(暗号資産)週報 「上値の重たいもみあいを継続しやすい」(12月第2週)

今週のビットコインは週初からのレンジが550ドル程度、11月末あたりから比較的狭い値幅での取引が続いている

関連通貨:

仮想通貨(暗号資産)週報 「上値の重たいもみあいを継続しやすい」(12月第2週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Cypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、サイト右側にあるメニューのカテゴリ「その他」から「仮想通貨インデックス」をクリックしてご覧ください。
算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。
上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時の間も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

今週のビットコインは週初からのレンジが550ドル程度、11月末あたりから比較的狭い値幅での取引が続いていることから、チャート内の各ラインを引き直してみました。大きくはピンクのラインで示したほぼ平行の下降チャンネルの中での動きを継続していると見てよいのですが、上下ともあまりに放れすぎています。
短期的には11月末からの緑の平行線で示した狭い値幅の下降チャンネルの中での動きとなっていて、こちらも上値は重たい動きではあるものの、どちらかに抜け次の動きを待っている段階にあると見てよいでしょう。4時間チャートで拡大して見てみます。

*ここからの見通し(4時間足)

*ここからの見通し(4時間足)

拡大して見ると、緑の下降チャンネルの値幅も最近のレンジと大きくは変わらず、次の材料が出てくるまではこの下降チャンネルの中で緩やかな下げを続けやすく。来週には下限が11月25日安値と29日高値の78.6%(61.8%の平方根)押しと重なってきます。11月24日週の動きはその前の週までの下げに対して、ようやく調整らしい調整の上げとなったことを考えると、この25~29日のレンジそのものは短期的には簡単に抜けるものではないでしょう。
また緑の下降チャンネル上側のラインは来週には7500ドル前後へと下げてきますので、それを併せて考えると、来週も上値が重たいもみあい継続と見て、6800ドルをサポートに、7500ドルをレジスタンスとする一週間を見ておこうと思います。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを国内と海外から1本ずつ取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

仮想通貨(暗号資産)交換業者を子会社に持つリミックスが急伸、その理由は預入サービスを再開したことによるものですが、いまだ新規口座開設再開には至っていませんし、再開したから株価が急伸というのも妙な話です。もともと流出事件をきっかけにサービスを停止していたわけですし、サービス停止時と比べると仮想通貨(暗号資産)を取り囲む環境は厳しくなっています。さらに言うと株価チャートを見ていただくとわかりますが、同社の株価自体が半値以下の安値でもみあいですから、急進という単語を使うのもどうかという印象でした。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
シカゴオプション取引所(CBOE)で2017年12月にビットコイン先物の取引が始まったのがこの日ということで、ニュースなこの日に取り上げられていましたが、こうした記事がクローズアップされているということからも、この一週間の仮想通貨(暗号資産)業界では目立ったニュースが少なかったということなのでしょう。
同記事にもありますが、2017年12月はCBOEとCMEの2つの取引所でビットコイン先物が上場され、CME上場直後の2万ドル台が過去最高値となりましたが、2018年は年間通して下げ相場、2019年はかなり盛り返したものの規制面での逆風が強く、CBOEでのビットコイン先物は夏に上場廃止となりました。
中国人民銀行の言う通りとしか言えませんが、ブロックチェーン技術と仮想通貨(暗号資産)取引は別物ですし、この記事にもあるように仮想通貨(暗号資産)そのものを取り囲む環境が改善するには相当な時間を要すると考えた方がよさそうです。

この一週間は日経新聞に取り上げられた仮想通貨(暗号資産)関連の記事が非常に少なく、このシリーズを始めてから最も本数が少なかった一週間だったと言えます。2本目の記事が「ニュースなこの日」というのを見てもわかりますが、海外でも国内でも日経新聞が扱った記事は妙に少ない印象です。もちろん仮想通貨(暗号資産)関連のサイトでは他の記事も出ているのですが、すべての分野の記事を扱っている全国紙としては仮想通貨(暗号資産)分野よりももっと重要な記事が多かったということだと思われます。

本当にニュースが無いのならば良いのですが、方針として仮想通貨(暗号資産)関連のニュースを減らしているとするならば、それだけ一般投資家の興味も薄れているということになり、その場合はあまりよくない兆候となってしまいます。

今週のコラム「現時点の時価総額ランキング」

今週は久しぶりに時価総額ランキングを見てみましょう。仮想通貨羅針盤にある表です。

今週のコラム「現時点の時価総額ランキング」

圧倒的1位がビットコイン、それにイーサリアム、リップルが続くという上位3つは不動ですが、4位に入っているのがテザーとなっていて、ビットコインキャッシュを逆転していることがわかります。

テザーはドルに連動するステーブルコインですが、裏付けに対する疑念や価格操作に使われるなど、あまりいい話が無いのですが、それでもこの順位につけているということは、それだけステーブルコインに対するニーズも大きいということなのだと言えそうです。中国ではデジタル人民元の話が出ていますが、ブロックチェーン技術を使った仮想通貨(暗号資産)としては、本命はここなのだろうという感じがします。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る