仮想通貨(暗号資産)週報 「ビットコインは短期高値を見て下押しが入りやすい」(1月第2週)

年末年始のビットコインは前回執筆時以降年末までは横ばいとなっていましたが、12月後半の安値圏を下抜ける動きから年初は下げで始まりました。

関連通貨:

仮想通貨(暗号資産)週報 「ビットコインは短期高値を見て下押しが入りやすい」(1月第2週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、サイト右側メニューの「仮想通貨(暗号資産)分析情報」から「仮想通貨(暗号資産)インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。
上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。


年末年始のビットコインは前回執筆時以降年末までは横ばいとなっていましたが、12月後半の安値圏を下抜ける動きから年初は下げで始まりました。しかし、米国とイランとの対立懸念がイランの報復攻撃をきっかけに高まり、金融市場が急速にリスクオフ姿勢を強める中でビットコインにも資金が流入し、一時8454ドルと11月18日以来の高値をつけました。

その後、想定外とも思える米国、イラン双方の更なる対立を避ける動きから、リスクオフの巻き返しが進み、その流れとともにビットコインも下押ししての本日という状況です。
 
チャートを見るとわかりますが、8454ドルは昨年8月高値と10月高値を結んだレジスタンスライン(ピンクの太線)で見事に止められ、8400ドル台半ばは当面の高値をつけた感が強まっています。いっぽうで昨年11月後半の戻り高値と12月後半の高値を結んだレジスタンスライン(青)を抜けたことから、抜けたレジスタンスが現在のサポートになって来ているという面もあります。4時間チャートで拡大して見てみます。

*ここからの見通し(4時間足)

*ここからの見通し(4時間足)

日足チャートに示したピンクの太線のレジスタンス、レジスタンスからサポートに転じたレジスタンス(青)に加え、12月安値と1月高値のフィボナッチ・リトレースメントも表示してあります。

現在の下げてきている水準はフィボナッチ・リトレースメントの38.2%押しと重なる水準ですが、サポートに転じたラインが半値押しと61.8%押しの間に位置していることから最低でも半値押しのトライはありそうなチャートとなっています。

米国とイランの対立も終わり、ニュース的には方向性を決めるほどの材料が無い中で、いったん高値からの押しが先行しやすい地合いに来週はなるのではないかと見ています。水準的には7600ドルをサポートに、8100ドルをレジスタンスとするコアレンジになるものと考えられます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの2週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを中国関連のものから2本取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
当トピックスでも過去に取り上げたデジタル人民元は着実に前進しています。昨年10月に成立した暗号法が今年1月1日に施行されたことで、ブロックチェーン技術振興や共産党による統制強化が進んでいくこととなりますが、並行してデジタル人民元の法整備も進めていくこととなりました。

中国ではG20がリブラ構想以来、仮想通貨(暗号資産)に対する規制を強めている中で、規制強化は同様にしていきながらも中国国内で政府共産党が主導する形でのデジタル通貨には積極的な動きが見られます。QRコード決済が急速に中国から広がっていったように、中国で早期にデジタル通貨が導入されると、G20も国としてコントロール可能なものであれば採用していくという流れになっていくのではないでしょうか。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
ビットメインはマイニング機器の世界シェア1位の中国企業ですが、昨年も米国での上場が難しくなったと言われたり、創業者の一人が解任されたりと、これまでも色々な話題が出ていました。今回のニュースによると大規模なリストラが始まった様子です。

ビットメインの社員数1500人のほとんどが技術者とのことですが、その半数の削減に乗り出し、主にAIの専門家が対象となっているようです。ビットコイン価格の低迷が同社の業績悪化に直結したとのことですが、ビットメインに限らず規模を縮小していく会社が増えていくと、半導体産業をはじめとするテクノロジー企業にも、どこかでITバブル崩壊時のような米国株の下げが出てきそうな気もしますので、ビットコインの価格水準は今年も気にしなくてはならない一年となりそうです。

今週のコラム「ビットコインとインデックス」

年明け最初はビットコインとインデックスの日足チャートの比較です。

今週のコラム「ビットコインとインデックス」

日々更新しているインデックス(下段)は昨年6月高値と10月高値を結んだレジスタンスラインの下で推移していますが、ビットコイン(上段)を見ると、こちらも昨年6月、昨年8月、昨年10月の高値がレジスタンスラインで抑えられ、今週の高値もまたこのレジスタンスで止められています。

テクニカルなコメントではもう少し短いレジスタンスを使っていますが、より長い昨年6月からのレジスタンスが効いていること、インデックスもほぼ同じ傾向を示していることを考えると、ビットコイン価格がこのレジスタンスを明確に上抜けるまでは上値が重たい展開を続けやすいと見ていたほうがよさそうです。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る