仮想通貨(暗号資産)週報 「インデックス100超えで上昇基調に」(1月第2週)

今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。

関連通貨:

仮想通貨(暗号資産)週報 「インデックス100超えで上昇基調に」(1月第2週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、サイト右側メニューの「仮想通貨(暗号資産)分析情報」から「仮想通貨(暗号資産)インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。
上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時も表示されています

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

今週のビットコインは大幅高となり、8900ドル台まで上伸する動きを見せました。今週から始まったシカゴマーカンタイル取引所(CME)のビットコインオプションの取引が順調であることを材料のひとつとしているようですが、それ以上にテクニカルな要因が大きいと思われます。
日足チャートを見るとわかりますが、今年に入り11月末からのレジスタンス(青の細線)を上抜け、さらに今週は8月高値からのレジスタンスライン(ピンクの太線)を上抜け下降チャンネル内での動きに終止符を打っています。このレジスタンスを上抜けそれまでの年初来高値を上抜ける動きがテクニカルな買いを誘ったと言えます。ここからの動きを4時間チャートで見てみます。

*ここからの見通し(4時間足)

*ここからの見通し(4時間足)

日足チャートに示した各ラインはそのまま同じ色で示してありますが、今回の上昇の起点をサポートラインの位置する年初来安値とした場合、最初の上げはレジスタンスまでとなっていますので、この上昇部分に注目します。
すると、その上昇後の押しとその後の上昇でキレイなN波動を描いていることになりますが、フィボナッチ・エクスパンションで見るとここまでの高値はほぼ78.6%(61.8%)のエクスパンションと一致しています。いったん上昇が止められているのもテクニカルに納得できますが、次のターゲットは当然100%エクスパンションとなる9268ドル(青のターゲット)となります。いっぽう安値は最初の上げでレジスタンスラインとぶつかった水準8454ドルとなります。
来週のビットコインは8450ドルをサポートに、9250ドルをレジスタンスとするレンジになるものと考えられます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの2週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを国内から2本取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
FX同様にレバレッジが効いたビットコインFXをはじめとした取引のレバレッジ上限を2倍までとする方針を固めたとのこと。過去にも見たようなニュースですね。FXのレバレッジを10倍に下げようとした時も同じようなニュースの出方をしていました。
まだ決定ではなく意見公募を経てこの春に施行予定とのことですが、仮想通貨(暗号資産)の場合、FXと違ってボラティリティが高く、海外でも低レバレッジであることを考えると、今回はこのまま決まる可能性が高そうです。
FXの場合、海外では一部のハイレバ業者を除いて50~100倍ですが、仮想通貨(暗号資産)では2倍程度となっていることもFXの場合とは異なります。今回の規制はレバレッジの大小よりも金商法の対象となることに意味があると思います。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
コインチェックによるとチャートの不具合で外部からの攻撃や流出、情報漏洩は無いとのことです。以前流出事件では派手にやらかしたので、さすがにシステム開発にはお金をかけていると思いますが、業界全体としてはシステム開発にかける費用が少ないのはたしかです。
取引所につなぐ証券取引では、OTCのFX取引に比べてシステム開発コストが圧倒的に高くなるということは前から言われていたことです。しかし、FXと仮想通貨(暗号資産)を比べると仮想通貨(暗号資産)交換業者のほうが小規模なイメージですし、実際にチャート部分の開発も外部のチャート表示ツールを使っていることも多いです。
この春から金商法下での規制となりますが、今後は取引システムも含めて今までよりはコストをかけざるを得ないという流れになるでしょうから、そうなると中小業者は大手企業と組まざるを得ないといった動きも出てきそうです。

今週のコラム「仮想通貨インデックス100を上回る」

今週のコラム「仮想通貨インデックス100を上回る」

以前も仮想通貨インデックスの100は思いのほか、節目として効いているということに触れましたが、昨年11月15日以来の100を回復しています。

チャート下段のインデックスの上に矢印で100以下の時を赤、100以上の時を黄緑で示しましたが、今回のインデックス100を上抜けた動きは今後の上昇基調のきっかけとなるかもしれません。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る