ビットコインドミナンスの低下とアルトコインの今後

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが続伸しての推移です。

関連通貨:

 ビットコインドミナンスの低下とアルトコインの今後

ビットコインドミナンスの低下とアルトコインの今後

主要仮想通貨(暗号資産)価格【日本時間6時】

ビットコイン:9781.0ドル(+1.04%)
イーサリアム:213.70ドル(+4.80%)
リップル:0.28281ドル(+2.19%)
ビットコインキャッシュ:440.54ドル(+1.83%)

【概況】

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが続伸しての推移です。買いの流れが継続する展開で、上値を拡大しています。その他のコインはビットコイン以上に上げ幅を拡大しています。イーサリアムは5%に迫る上げ幅であり、市場には先行きに対する期待感が広がっています。コロナウィルスに対する警戒感が和らぐ中で米株は上昇しており、リスク志向の動きが強まってきています。そうした中でのビットコインなどの上昇であり、流れが変わってきている可能性はありそうです。

さて、昨日はイーサリアムなどが上げ幅を拡大しましたが、ここにきてビットコインドミナンスの低下傾向が継続しています。今年の1月8日に69%を超える水準まで上昇しましたが、現状は64.20%前後にまで低下しています。それでも歴史的に見れば高水準ではあるのですが、この水準は去年の7月頭以来の水準であり、目先低下傾向を継続しています。


ビットコインドミナンスと仮想通貨(暗号資産)の価格の関係性ははっきりしないところもありますが、過去最低水準にまで落ち込んだ時はビットコイン価格は過去最高水準にまで上昇しています。アルトコインへの資金の流入がビットコインドミナンスの低下を促し、仮想通貨(暗号資産)市場全体が盛り上がるといったことが起こるといった流れでした。今回のビットコインドミナンスの低下も現状においてはそれと似た様相を呈しており、ここからの期待感が強まるところです。

その一方で、仮想通貨取引所バイナンスが5つの仮想通貨取引ペアを廃止する発表しています。いつもの通り流動性が低いという理由であり、仮想通貨(暗号資産)市場全体に悪影響を与えるといった感じではありませんが、アルトコインに関しては今後も選別が進むものと思われ、それが警戒感を高める展開は意識しておいたほうが良いでしょう。

アルトコインの今後の展開に関してはやはり慎重に見極めるべきでしょう。中央銀行デジタルコインなどが発行されれば、それとの競争にもなっていくものと思われます。イーサリアムなどは一定以上の地位を確立していますが、取引高が伸び悩むアルトコインはかなりリスクが高いと考える必要がありそうです。

【ビットコイン節目】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの+2σから調整の下落が入ったものの、バンドの中心線には届かずに再度+2σを目指す形です。まずはバンドの+2σである9890ドル前後、そして10000ドルが節目として意識されそうです。調整が入った場合はやはりバンドの中心線である9030ドル前後の水準が節目として意識されそうです。


【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの+2σへ向けて上昇する流れです。ここにきてバンドの-2σがじり安基調へと転じており、バンド幅が拡大基調を強める展開となっています。バンド幅の拡大を伴いながらの動きで、ここからバンドブレイクそしてバンドウォークといった展開となってもおかしくありません。バンド幅がかなり拡大している点は気がかりですが、上値を拡大する流れも視野に入れての対応となりそうです。

またストキャスティクスを見ると、%K、%Dが高値圏での動きを継続しています。まだ上昇基調であり、買い優勢の流れです。特に%Kは上値余地がほとんどないため、その方向感には注意が必要ですが、目先は底堅い動きが意識されやすい局面と言えそうです。

ビットコインの4時間足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの+2σを意識しての動きが展開されています。目先はやや上値を抑えられており、ここからの動きに注目です。バンドの-2σが下落基調から横ばいへと変化しており、ここから上昇といった動きになれば、バンドの±2σが上昇基調といった動きになり、トレンドそのものは上向きながら調整を入れながら上値を拡大するといった動きになっていくでしょう。可能性としてはそれが一番高いように思われます。

ストキャスティクスで見ると%K、%Dが高値圏での動きを維持しています。一時的な上げ下げはあるものの、しっかりとした動きが継続されている状況です。特に%Kが高値圏を維持することが出来れば、買い優勢の流れが維持される展開となるでしょう。

【ビットコイン価格の注目ポイント】


13760ドル:2019年の高値
10000ドル:心理的な節目
9890ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準
9860ドル:昨日の高値

9780ドル:現在値

9550ドル:昨日の安値
9030ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線
9000ドル:心理的な節目
8170ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
3430ドル:2019年の安値

関連記事

ページトップへ戻る