中央銀行デジタル通貨はビットコイン買い材料たり得るか?(20/2/13)

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが上昇しての推移です。

関連通貨:

中央銀行デジタル通貨はビットコイン買い材料たり得るか?(20/2/13)

中央銀行デジタル通貨はビットコイン買い材料たり得るか?

主要仮想通貨(暗号資産)価格【日本時間6時】

ビットコイン:10340.0ドル(+1.22%)
イーサリアム:267.00ドル(+11.48%)
リップル:0.30226ドル(+7.35%)
ビットコインキャッシュ:472.37ドル(+1.57%)

【概況】

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが上昇しての推移です。買いの流れが継続しており、上値を拡大しています。その他のコインも上昇しており、特にイーサリアムに対する買い意欲が強まっています。イーサリアムのネットワークで最も大きな影響力を持つ企業の1つであるコンセンシスが、JPモルガンチェースのブロックチェーン部門と合併に向けて協議といった報道などが好感されているようです。

さて、昨日の『15分で500ドル弱の上昇』の中でパウエルFRB議長の発言に関して触れましたが、市場ではパウエル議長がデジタルドルの研究を進めていることを好感し、仮想通貨(暗号資産)市場を押し上げているといった見方があるようです。これに関してははっきり言えば疑問に思っているところではありますが、市場全体としてこういった見方があるのであれば、相場はそれに沿った動きをするので、その点は十分に意識しておきたいところです。

ただ、中国がデジタル人民元の発行へと動いているにもかかわらず仮想通貨取引に関しては禁止する方向へと舵を切っています。これが何を意味するのかと言えば、政府・中銀の発行するデジタル人民元による通貨は県にとって、ビットコインなどの既存の仮想通貨(暗号資産)は邪魔という認識があるのではないかと考えています。仮にデジタル人民元の発行にこぎつけたとしても、ビットコインなどにシェアを奪われているのでは、発行した意味が薄れてしまいます。そういった懸念を中国政府が抱いてもおかしくはありません。

現状において、ブロックチェーンや仮想通貨(暗号資産)、中央銀行のデジタル通貨は大きな枠組みで捉えられる傾向にあるように思われます。つまり、ブロックチェーン技術の進歩が仮想通貨(暗号資産)の価格を押し上げる、などといった流れです。そういった思惑があるうちは中央銀行デジタル通貨の発行などの思惑がビットコインなどを押し上げるといった動きもあるかと思います。

しかし、ビットコインなどと中央銀行デジタル通貨は競合する可能性のあるものではないかと考えています。仮に中央銀行デジタル通貨が発行されて送金などの手数料が低下するといったことになれば、既存の仮想通貨(暗号資産)に対する需要が低下することも考えられます。非中央集権的なビットコインなどはそれでも需要が見込めると考えていますが、楽観はできないのではないかとみています。

【ビットコイン節目】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの+1σと+2σで挟まれたレンジを推移しています。目先はバンドの+2σを目指す動きで、10520ドル前後の水準が目標となりそうです。下落に転じた場合はバンドの+1σである9980ドル前後の水準と、心理的な節目である10000ドルが意識されることになりそうです。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの+2σを目指す動きです。バンドの±2σが上昇基調となっていることから、トレンドそのものは上向きですが、調整の動きを入れながら上値を拡大する展開となりそうです。バンドの+2σでは調整の動きが入るのではないかとみています。

またストキャスティクスを見ると、%K、%Dが高値圏での動きを継続しています。ただ、いずれも天井打ちから下落に転じており、このまま下落基調を継続するかどうかに注目が集まる状況です。まだ高値圏での推移であり、目先は底堅い動きが意識される可能性も高そうです。

ビットコインの4時間足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの+2σから調整の動きが入る展開です。横ばいからじり安であり、下値の堅い動きが展開されています。バンドの-2σが横ばいであり、先行きの方向感がやや見えにくい状況です。このままバンドの中心線まで下落する可能性もありそうですが、流れとしてはバンドの+2σまで持ち直す可能性のほうが高いように思われます。

ストキャスティクスで見ると%K、%Dが高値圏での推移となっています。じり安基調から%Kが小幅に持ち直しています。高値圏での推移を継続することが出来るかがポイントとなりそうですが、%Kの押し戻しを見る限り、現状では底堅い動きは意識されているのではないかとみています。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

13760ドル:2019年の高値
10520ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準
10460ドル:昨日の高値

10340ドル:現在値

10240ドル:昨日の安値
10000ドル:心理的な節目
9440ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線
9000ドル:心理的な節目
8360ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
3430ドル:2019年の安値

関連記事

ページトップへ戻る