米大統領選挙と仮想通貨(暗号資産)(20/2/19)

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが対ドルで10000ドルを回復するなど大幅上昇となって推移してます。

関連通貨:

米大統領選挙と仮想通貨(暗号資産)(20/2/19)

米大統領選挙と仮想通貨(暗号資産)

主要仮想通貨(暗号資産)価格【日本時間6時】

ビットコイン:10139.0ドル(+4.92%)
イーサリアム:279.79ドル(+7.07%)
リップル:0.29691ドル(+4.59%)
ビットコインキャッシュ:417.90ドル(+3.27%)

【概況】

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが対ドルで10000ドルを回復するなど大幅上昇となって推移してます。その他のコインも軒並み上げ幅を拡大しており、特にイーサリアムの上昇が顕著となっています。NY時間帯から一貫しての上昇となっており、米株の下落に対する思惑が強まったのではないでしょうか。コロナウィルスが経済に与える影響に対する懸念からリスク回避的な動きが強まっていますが、それが仮想通貨(暗号資産)市場への資金流入を促したようです。

さて、今年は米大統領選が行われますが、民主党の大統領候補マイケル・ブルームバーグ氏が仮想通貨(暗号資産)の規制に関して監視機関の責任の明確化や消費者保護、税制改革などを行うよう提案しています。この提案を見る限り、ブルームバーグ氏は仮想通貨(暗号資産)に対して否定的な見方を持っているとは思えません。もちろん、現状の仮想通貨(暗号資産)に対しては問題を内包しているとの認識と思われますが、規制をしっかりとすることの重要性を指摘することで、より仮想通貨(暗号資産)市場の拡大を目指しているのではないかと思われます。

民主党の大統領選挙の候補者で現在は撤退したアンドリュー・ヤン氏なども仮想通貨(暗号資産)に関する提案を行っています。また、現職大統領のトランプ氏は仮想通貨(暗号資産)に対して『ファンではない』などと批判的な発言をしています。個人的には肯定的な見方であろうと否定的な見方であろうと、こういった意見が出てくることに意味があると考えています。議論が深まることで規制の方向性もはっきりとしてくるものと思われますし、世間の認識も高まってくるでしょう。それが仮想通貨(暗号資産)市場にとっても有益なことではないでしょうか。

もちろん、議論が深まることで仮想通貨(暗号資産)にとってかなり厳しい規制が制定されるかもしれません。これまでの流れと逆行する動きがみられる可能性もあるでしょう。それにより価格の急落などが起こるかもしれません。しかし、それは仮想通貨(暗号資産)市場が健全な方向へと進むためのものであり、一時的な後退に過ぎないとみています。これまでおざなりになってきた問題の解決に向けて、今回の米大統領選挙がきっかけとなって前進する展開を期待したいところです。

【ビットコイン節目】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの中心線で支えられて持ち直しており、バンドの+2σである10510ドル前後と中心線である9800ドル前後の水準を意識したレンジ圏での動きとなっています。後、心理的な節目である10000ドルが意識されています。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの中心線を一時突破したものの、そこからすぐに持ち直す動きとなっています。このままバンドの+2σまで上昇する可能性が高まっています。バンドの+2σは直近の高値水準でもあり、ここを突破できるかどうかは今後を考えるうえで重要な水準と言えそうです。仮に抑えられた場合は先行きやや上値の重い展開となる可能性もありそうです。

またストキャスティクスを見ると、%K、%Dがデットクロスからの下落となっていましたが、昨日の上昇で一気に持ち直しています。目先は買いの流れとなっていますが、このまま上昇基調を継続することが出来るかに注目が集まります。

ビットコインの4時間足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの-2σから上昇し、一時中心線で抑えられる場面もありましたが、再度上昇に転じて一気にバンドの中心線を抜けてバンドの+2σに到達し、そのままバンドブレイクからバンドウォークが意識される流れです。バンドの-2σが下落に転じており、バンド幅の拡大を伴いながらの動きです。安易な戻り売りは危険でしょう。バンドの-2σの方向感を見極めながらの対応となりそうです。

ストキャスティクスで見ると%K、%Dが上昇基調となり、高値圏での推移です。流れとしてはまだ買い優勢の展開ではありますが、%Kが天井打ちから下落となっており、ここから下落基調を維持するかどうかが目先のポイントとなりそうです。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

13760ドル:2019年の高値
10510ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準
10280ドル:昨日の高値

10140ドル:現在値

10000ドル:心理的な節目
9800ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線
9630ドル:昨日の安値
9090ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
9000ドル:心理的な節目
8000ドル:心理的な節目
3430ドル:2019年の安値

関連記事

ページトップへ戻る