4万ドル(20/2/20)

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが小幅に下落しての推移です。

関連通貨:

4万ドル(20/2/20)

4万ドル

主要仮想通貨(暗号資産)価格【日本時間6時】

ビットコイン:10151.6ドル(-0.16%)
イーサリアム:272.96ドル(-4.03%)
リップル:0.29363ドル(-2.46%)
ビットコインキャッシュ:400.68ドル(-5.88%)

【概況】

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが小幅に下落しての推移です。その他のコインはやや下げ幅を拡大する展開であり、調整の動きが意識される展開です。米株の買い戻しなどが意識されている可能性はありそうですが、コロナウィルスが経済に与える悪影響がはっきりとしない局面であり、仮想通貨(暗号資産)市場にとっても不透明感の強まる状況ということが出来そうです。

さて、米国の著名経済メディアMarketWatchが先日ツイッター上でダウ30種平均が4万ドルを付けるのとビットコインが4万ドルを付けるのはどちらが早いかというアンケートをとっています。投票数は7393票で、ビットコインが52.58%と優勢だったようです。現状ダウは3万ドルに迫る水準にあり、一方ビットコインは1万ドルをなんとか維持しているといった動きです。にもかかわらずビットコインの4万ドル到達のほうが早いと予想する人が多いことには驚くところではあります。

ただ、価格の変動に関してはビットコインのほうがダウよりも早いのは間違いないところかと思われますし、2017年のビットコインの上昇を考えると4万ドルという水準にどちらが先に到達するかということを考えれば、ビットコインという答えに行き着くのかも知れません。

しかし、それはダウとビットコインのいずれもが4万ドルに届くという前提があり、それ自体が不確かなものであることは言うまでもありません。2017年末にビットコインが急騰した際、3万という数字が注目されていました。それは『2018年にビットコインが3万ドル、ダウが3万ドル、日経平均が3万円に到達する』という見方でした。しかし、その後のビットコインの急落は皆様が知る通りであり、ダウもいまだ3万ドルに到達していません。個人的にはビットコインは先々4万ドルであっても到達する可能性は高いとみていますが、ここ最近の上昇によりやや楽観的な見方が強まっているのではないかと危惧しています。

『アンカリング』という言葉がありますが、具体的な数字が出てきてしまうと無意識にそれに引っ張られてしまう可能性があります。心理的なものであり難しいところではありますが、頭に入れておいたほうが良いのではないかと考えています。

【ビットコイン節目】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの中心線で支えられて持ち直しており、バンドの+2σである10550ドル前後と中心線である9830ドル前後の水準で挟まれたレンジを動いており、さらに10000ドルが節目として意識されそうです。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの中心線と+2σで挟まれたレンジを動いており、底堅い動きが展開されています。このままバンドの+2σまで上昇するかどうかに注目です。バンドの+2σは直近の高値水準であり、ここをブレイクすることが出来るかどうかがポイントとなりそうです。バンドの±2σの動きを見る限りでは上値は抑えられるのではないかとみていますが、注意したい価格帯と言えそうです。

またストキャスティクスを見ると、%Kの上昇基調が腰折れています。方向感が見えにくいところであり、ここからの動きに注目です。一方、%Dが持ち直し基調を維持しています。上昇の勢いは弱く、%Kが下落基調を維持した場合は%Dも上値を抑えられる可能性もあるでしょう。

ビットコインの4時間足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの-2σから調整の動きが意識されています。ただ、下値の堅さも意識されており、ここからの方向感に注目が集まります。再度バンドの+2σまで上昇するか、中心線まで下落するのかで流れが変わってきそうですが、下値は堅そうです。

ストキャスティクスで見ると%K、%Dがデットクロスから下落となっています。まだ%Dは高値圏での動きであり、下値余地は十分に残っています。このまま下落基調を維持した場合はバンドの中心線まで下落する展開が意識されそうです。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

13760ドル:2019年の高値
10550ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準
10310ドル:昨日の高値

10150ドル:現在値

10030ドル:昨日の安値
10000ドル:心理的な節目
9830ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線
9120ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
9000ドル:心理的な節目
8000ドル:心理的な節目
3430ドル:2019年の安値

関連記事

ページトップへ戻る