米国債利回りの持ち直しとドル高(20/3/19)

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが下落しての推移です。

関連通貨:

米国債利回りの持ち直しとドル高(20/3/19)

米国債利回りの持ち直しとドル高

主要仮想通貨(暗号資産)価格【日本時間6時】

ビットコイン:5368.6ドル(-1.77%)
イーサリアム:116.52ドル(-1.18%)
リップル:0.14613ドル(-1.40%)
ビットコインキャッシュ:181.09ドル(-1.52%)

【概況】

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが下落しての推移です。その他のコインも上値の重い展開となっていますが、全体的にそこまで大きな動きにはなっておらず、様子見ムードも意識されています。米株は大幅下落となり一時取引停止となり、その後も下げ幅を拡大しましたが、引けにかけてやや下げ幅を縮小する展開となっています。それでもダウは20000ドルを割り込んで引けています。

さて、昨日も指摘した通り現状の仮想通貨(暗号資産)市場にとって、株式市場などの動向は無視できるものではありません。資産の現金化の流れにより、株式市場の急落が仮想通貨(暗号資産)市場を押し下げるといった展開であり、その意味でも株式市場などには細心の注意を払うべき局面ということができるでしょう。

そして、現状少し気になる動きが出てきていることも事実です。それはここまで急落してきていた米国債利回りが下げ渋っており、昨日などは米株が1300ドル安となったにもかかわらず、利回りが大きく上昇する動きを見せています。これに関してはFEDの緊急利下げなどにより債券利回りの低下余地が限定されてきている可能性を考慮する必要がありそうです。

もちろん、ドイツの10年債利回りのようにマイナス圏での推移となる可能性もないわけではありませんが、現状において米国債利回りがマイナス圏に転落するといった思惑は強まっていません。さらに、これまでは米国債に資金が集中していた流れが逆流している可能性もあるでしょう。つまり、米国債にも資産の現金化の流れが意識されている展開も頭に入れておく必要があるでしょう。

米国債利回りの持ち直しを受け、ドルに対する買い意欲が強まる展開が鮮明となっています。さらにリスク回避的な動きが強まっていることでのドル需要が強まっており、ここからさらにドルに対する上昇圧力が強まる可能性もあるでしょう。そうなった場合、仮想通貨(暗号資産)市場にとっては上値を抑えられる可能性が出てくるでしょう。円ベースではドル/円の上昇などによりビットコインの下げ幅は若干抑えられていますが、対ドルでの下落が加速した場合、先行きに対する警戒感が強まることになるでしょう。

【ビットコイン節目】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの-2σからの調整の動きが意識されています。ここから持ち直し基調を強めた場合はバンドの中心線である7420ドル前後、もしくは直近意識された6000ドルが意識されそうです。逆に再度下落となった場合はバンドの-2σである4190ドル前後、もしくは直近意識された4000ドルが意識されそうです。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの-2σから横ばいでの調整が入っています。上値の重さが意識される形であり、再度バンドの-2σまで下落する可能性が高い形です。バンドの±2σは下落基調であり、トレンドそのものは下向きです。仮に持ち直しても戻り売り優勢の展開であり、安易な押し目買いはリスクが高そうです。

またストキャスティクスを見ると、%K、%Dがじり高基調となっています。下値圏からは外れているものの、上値の重さが意識されており、ここから上昇基調を維持することが出来るかどうかに注目が集まります。上昇の勢いが弱く、再度下値圏に入る可能性も十分にあるため警戒感は根強いといったところでしょう。

ビットコインの4時間足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの中心線を挟んでの動きです。やや下値の堅さが意識されていますが、狭いレンジでの動きです。バンドの±2σが横ばいであり、大きな方向感の見えにくい形です。しばらくはレンジ圏での動きを継続する可能性が高まっており、様子見ムードが意識されそうです。

ストキャスティクスで見ると%Kが下落に転じています。このまま下落基調を維持するのかがポイントとなりそうです。一方、%Dは上昇基調を維持しています。流れとしては底堅い動きが意識されていますが、%Kの下落基調が強まり、%Dも下落に転じるといった展開となれば、下値余地は十分に残っているだけに、売り圧力が強まることになりそうです。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

13760ドル:2019年の高値
10650ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準
10000ドル:心理的な節目
7420ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線
6000ドル:心理的な節目
5450ドル:昨日の高値

5370ドル:現在値

5030ドル:昨日の安値
5000ドル:心理的な節目
4190ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
4000ドル:心理的な節目
3430ドル:2019年の安値

関連記事

ページトップへ戻る