口座開設者の増加(20/3/26)

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが下落しての推移です。

関連通貨:

口座開設者の増加(20/3/26)

口座開設者の増加

主要仮想通貨(暗号資産)価格【日本時間6時】

ビットコイン:6585.0ドル(-2.39%)
イーサリアム:135.15ドル(-3.00%)
リップル:0.15978ドル(-0.96%)
ビットコインキャッシュ:219.09ドル(-3.26%)

【概況】

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが下落しての推移です。調整の動きが意識され、上値の重い展開となっています。その他のコインも上値を抑えられており、仮想通貨(暗号資産)市場全体に売り圧力が意識される状況ということが出来そうです。米株式市場ではダウが上昇しており、ここまでのリスク回避的な動きが巻き戻される展開が継続しています。米国の経済対策法案に対する期待感が意識されています。

ここにきて急激に押し戻す動きを見せる市場ですが、いくつか懸念が残っていることも事実です。米国の経済対策法案がなかなかまとまらない、もしくは市場の期待に届いていない内容となった場合、ここまでの戻りが一気に巻き戻されることになるでしょう。また、コロナウィルスの悪影響が大きく、経済指標が予想以上に悪化した場合も売り圧力を強めることになるでしょう。直近の仮想通貨(暗号資産)の動きは米株などにつれることが多いため、ダウなどが急落した場合はビットコインなども急落する可能性は十分にあるでしょう。何度も申し上げますが、現状において安全資産などというものはほとんど存在しておらず、唯一現金のみが安全資産として意識されているのではないかと思われる局面であることは頭に入れておいたほうが良いでしょう。

さて、仮想通貨(暗号資産)取引所のビットバンクによると、ビットコインが暴落したにもかかわらず、口座開設者数が増加しているとの分析を発表しています。私はビットコインの将来に関しては非常に楽観的にみているため、こういった動きがある可能性については違和感を覚えませんが、ユニークアドレスや1日当たりのトランザクション数、さらに海外取引所BitfinexのBTC/USDの証拠金取引におけるロングポジションとショートポジションの詳細などを見る限り、現状はさすがにポジションの解消に動いているように見受けられます。もちろん、今後に備えて口座を開設する動きが強まっている可能性はありますが、まだ様子見ムードが強いのではないかとみています。

ただ、口座開設が増えているというのは今後の展開を考えると期待感を高めます。おそらくコロナウィルスの問題が終息に向かえば経済は徐々に持ち直してくるものと思われますし、そうなれば仮想通貨(暗号資産)市場にも資金が入ってくるようになるものと思われます。そうなった場合、上昇幅が最も大きくなると個人投資家は予想しているのではないでしょうか。それに備えての動きがみられているのではないかと考えています。

【ビットコイン節目】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの中心線である6560ドル前後を挟んでの動きです。7000ドルで上値を抑えられており、このまま売り圧力が強まった場合6000ドルが意識されることになりそうです。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの中心線が意識されており、上値の重い流れとなりつつあります。バンドの中心線で抑えられて下落といった動きになった場合はバンドの-2σを目指す動きが展開されるでしょう。ただ、直近の安値水準をブレイクする可能性は低いのではないかとみています。仮に下落しても直近の安値を割り込まなければ、買い戻しの圧力が強まることになりそうです。

またストキャスティクスを見ると、%Kが下落に転じる一方、%Dは上昇基調を継続しています。%Kが下落基調を維持するかどうかに注目が集まるところですが、まだ底堅い動きが意識される局面と言えそうです。

ビットコインの4時間足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの+2σから調整の動きが入っており、目先じり安基調です。バンドの中心線まで下落する可能性が高まっており、上値の重い展開が継続しそうです。バンドの±2σはじり高基調であり、底堅い動きが意識されやすいところですが、大きな動きにはなりにくそうです。

ストキャスティクスで見ると%K、%Dがデットクロスから下落しています。まだ下値余地を残しているため、売り圧力が維持されやすい状況です。このまましばらくは上値の重い展開が継続するのではないでしょうか。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

13760ドル:2019年の高値
10000ドル:心理的な節目
9140ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準
7000ドル:心理的な節目
6970ドル:昨日の高値

6590ドル:現在値

6560ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線
6450ドル:昨日の安値
6000ドル:心理的な節目
5000ドル:心理的な節目
4000ドル:心理的な節目
3980ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
3430ドル:2019年の安値

関連記事

ページトップへ戻る