仮想通貨(暗号資産)週報 「緩やかな上昇を続けやすい」(3月第 4週)

週を通してみても月曜に大きめの上昇があった以外は静かな取引の日が目立ちます。

関連通貨:

仮想通貨(暗号資産)週報 「緩やかな上昇を続けやすい」(3月第 4週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、サイト右側メニューの「仮想通貨(暗号資産)分析情報」から「仮想通貨(暗号資産)インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

今週も比較的安定した値動きの中で底堅い動きを続けています。週を通してみても月曜に大きめの上昇があった以外は静かな取引の日が目立ちます。ちなみに月曜の上昇はFRBによる追加緩和(無制限の量的緩和)の影響とされていますが、仮想通貨(暗号資産)を従来のアセットクラスと同じ土俵で考えるべきなのかは悩ましいものがあります。しかし、リスクオフによって急落が起こったことから考えると、リスクオフの動きが和らぐことで買いが戻ってきたということはそうなのかもしれません。

またテクニカルには先週と同様ですが、3月初めの戻り高値と3月安値との間での戻しを考えることとなり、フィボナッチリトレースメントのターゲットとしては61.8%戻しが7134ドルとなっていますので、現在の上昇のターゲットとしては、7000ドルの大台乗せがひとつも目安となりそうです。4時間足チャートで拡大してみます。

*ここからの見通し(4時間足)

*ここからの見通し(4時間足)

日足チャートで示した上昇ウェッジ(ピンク)の中での動きとなっていますが、サポートは値幅が少なくなってきているにしても近すぎる印象です。4時間足でも月曜上昇の足が長めの陽線となっていることがわかりますが、上ヒゲの長さから見て、その足の終値(6224.8)の水準を下値の目途と見てよさそうです。
また61.8%のターゲットも同様に近すぎる感じがしますが、78.6%(61.8%の平方根)やウェッジの上限は逆に遠い感じです。こちらは最近の値幅の狭さから考え、前者のターゲットを試しやや超えるあたりではないかと思います。来週は6200ドルレベルをサポートに、7200ドルレベルをレジスタンスとする流れを見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを国内から2本取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
当記事のポイントは規制の見直し、決済網分断の回避、情報格差への配慮といった点なのですが、キャッシュレス決済について様々な数字が取り上げられていて、その点が興味深かったので取り上げました。
政府発表によるキャッシュレス決済比率は2割、ちなみにこの2割はクレジットカード、デビットカード、電子マネーのみとしています。それ以外の口座引き落としやインターネットバンキングといったあたりも含めると51.8%という数字を筆者の翁氏(日本総研)は出しているのですが、たしかに広く決済という点ではわかるものの、実際に支払いでの利用という観点では政府統計の方がしっくりくるような気がします。ただ、各企業が発行するポイントも実際にはデジタル通貨類似のものというのはその通りだと思いますし、クレジットカードだけで31.4%という数字を出してきているあたりは、アンケートの対象が明らかに違うのだろうなということも感じさせます。このあたりは情報格差ではありませんが、より利用率の高い層へのアンケート結果なのでしょう。
いろいろと興味深い指摘も多いので直接読むことをおすすめしますが、海外の例としてシンガポールでは 銀行の協力で個人間の少額送金システムが始まり、それを企業間にも拡張というあたり、国の大きさや人口の違いもありますが、日本も見習うべきところであると思います。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
宮沢和正さん(ソラミツ社長)にフォーカスをあてた記事です。元々ソニーでVAIOの開発に従事後、電子マネーエディに関わったという経歴の持ち主だそうですが、現在のフィンテック企業ソラミツに移ってからすぐカンボジア中銀からデジタル通貨導入の協力を求められたそうです。
それだけでもすごいのですが、実際に2019年にはカンボジアは世界に先駆けてデジタル通貨を実用化しました。日本国内では電子マネーが乱立し統一できなかったことをばねにカンボジアでのデジタル通貨導入に携わることになったそうです。同氏が言っている通りなのですが、世界の変化特にデジタル分野の発展は速いですから日本が取り残されないためにも頑張って欲しいものだと思います。

今週のコラム「仮想通貨(暗号資産)時価総額・定点観測」

日を決めているわけではありませんが、定点観測として時々仮想通貨(暗号資産)の時価総額を見ていますが、今週はなかなか固定しない第4位に変化が見られます。仮想通貨羅針盤の時価総額ランキングをご覧ください。

今週のコラム「仮想通貨(暗号資産)時価総額・定点観測」

ビットコインキャッシュが5位に下がり、テザーが4位に上昇しています。時価総額の差は大きくはありませんが、24時間出来高を見ると、ビットコインの出来高を大きく上回り、同じく24時間の変動幅も大きく上昇してきていることがわかります。

これまでもテザーが大きく動くときはビットコインとの間での価格操縦といった、どちらかというと悪い評判がつきまとうテザーですが、今のところ何が起きているのかはっきりしたことはわかりません。今回も少し時間が経過して何の動きだったのかがニュースに出てくることになるでしょう。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る