仮想通貨下落はゴールドマンサックスの思惑?(8/2)

昨日の仮想通貨取引は売り圧力が強まり、続落しての動きです。

関連通貨:

仮想通貨下落はゴールドマンサックスの思惑?(8/2)

主要仮想通貨価格(日本時間6時)

ビットコイン:7487.6ドル(-2.81%)
イーサリアム:410.45ドル(-5.35%)
リップル:0.43860ドル(+1.57%)
ビットコインキャッシュ:745.26ドル(-3.09%)

【概況】

昨日の仮想通貨取引は売り圧力が強まり、続落しての動きです。東京時間帯に7500ドルを割り込む動きを見せ、そこから持ち直し基調となりましたが、NY時間帯に再度売り込まれる展開です。現状では7500ドルを下回る水準では買い戻しの動きもみられていますが、日足のポイントでもありますので、このあたりの水準を下抜けて下落といった動きになった場合、さらに下値拡大といった動きになる可能性もありそうです。

ここ最近の急落の背景に、米金融大手のゴールドマンサックスの幹部の発言が影を落としているといった報道が出ています。報道によると、ゴールドマンサックスの投資戦略グループ最高責任者であるシャーミン・マサバーラーマニ氏が「仮想通貨は通貨の伝統的な役割を果たしていないため、将来的にはさらに下落すると予想」としています。

この予想が当たるかどうかはさておき、ゴールドマンサックスは仮想通貨のトレーディングディスクを設置する予定といった報道や仮想通貨のデリバティブ取引を検討していると発表しています。これらのことを踏まえたうえで、マサバーラーマニ氏の発言を考えると、仮想通貨を意図的に下落させたい思惑がある可能性も頭に入れておいたほうが良いのではないかと思ってしまいます。もちろん、マサバーラーマニ氏の個人的な見解であり、ゴールドマンサックスとは関係ないということもあり得るでしょうし、それ以外の可能性もあるでしょう。ただ、ETFの承認の可否を目前に控え、様々な情報が交錯している場面であり、それらの情報を額面通りに受け取るのはリスクが高い局面ということが出来そうです。

個人的な考えとしては、仮想通貨は現状では確かに通貨の伝統的な役割を果たしているとは言い難いものではありますが、今後の技術革新などへの期待感が価格を下支えするのではないかとみています。そもそも現段階では仮想通貨を伝統的な通貨としての役割を意識して取引している層はまだ少ないのではないかとみています。良くも悪くもそういった認識で取引が行われている以上、伝統的な役割を果たしていないことが将来的にさらに下落する要因となり得るのか、疑問を抱いています。もちろん、伝統的な通貨の役割を果たすことができるようになっていくことは仮想通貨にとって今後の課題であることは事実でしょう。

【ビットコイン節目】

ビットコインは、日足ではボリンジャーバンドの+2σから調整の動きが意識されています。この2日で下げ幅を拡大してバンドの中心線まで下落しています。問題はこの水準を維持することが出来るかどうかです。ここで支えられれば再度直近の高値水準である8500ドル前後の水準を目指すでしょうし、割り込んだ場合はバンドの-2σが上昇していることから、6500ドル前後の水準が意識されるのではないでしょうか。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの+2σから調整の動きが意識されての動きです。現状バンドの中心線まで下落しており、ここで支えられるかどうかは先行きを占う上で非常に重要です。上述しましたが、ここで支えられれば8500ドルを、割り込んだら6500ドルを、目指しての動きとなっていきそうです。気になるところはバンドの+2σが下落基調となっている点です。バンド幅の縮小傾向が意識される展開であり、動きそのものが小さく、方向感の見えにくいレンジ圏での動きとなっていく可能性を頭に入れておきたいところです。

また、ストキャスティクスを見ると、デットクロスからの下落が意識されています。このまま下落基調を継続し、下値圏に入っていく可能性が高まっています。売り圧力の強まりが意識される局面ということが出来そうです。

一方でビットコインの週足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの中心線を意識しての動きです。目先は割り込んでの動きであり、このまま週足が確定ということになると再度年初来の安値を意識しての動きとなりかねないところです。このあたりの水準は昨日も書きましたが、日足のバンドの中心線と併せて下値支持帯を形成しており、ここで支えられるのか、抜けるのかは非常に重要な局面ということが出来そうです。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

9690ドル:ボリンジャーバンド週足の+2σ水準・4月末の高値水準
9000ドル:心理的な節目
8500ドル:5月中旬の水準
8000ドル:5月中旬の安値水準・心理的な節目
7650ドル:ボリンジャーバンド週足の中心線
7500ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線

7490ドル:現在値

7000ドル:心理的な節目
6800ドル:7月上旬の高値水準
6500ドル:心理的な節目
6190ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
6000ドル:2/6の安値水準・心理的な節目

関連記事

ページトップへ戻る