ビットコイン先物12月上場へ(17/11/30)

シカゴマーカンタイル取引所(CME)がビットコイン先物の上場予定を発表してからちょうど1か月がたちました。

関連通貨:

ビットコイン先物12月上場へ(17/11/30)

CMEビットコイン上場の取引概要

シカゴマーカンタイル取引所(CME)がビットコイン先物の上場予定を発表してからちょうど1か月がたちました。12月中にも上場される予定ですから、どのような取引概要となっているのかを今の内に簡単に眺めておきましょう。

CMEのビットコイン先物はビットコインの価格をベースに算出されるBRR(Bitcoin Reference Rate、ビットコイン参考基準レート)をベースとしたBRTI(Bitcoin Real Time Index)の取引となります。
BRR自体は1日に1回公表されるドル建てのビットコイン価格で、FXですとドル円仲値のようなものです。各地で取引されているビットコインの価格を集約し、ひとつの価格としてCMEグループが開発した計算手法で算出します。このBRRをベースにリアルタイムで動くBRTIがCMEで取引されるビットコイン先物となるようです。

そして取引単位は5ビットコインなので、仮に1ビットコイン10,000ドルとするならば50,000ドルです。円の通貨先物が1250万円(1ドル110円換算で113,636ドル)ですから半分程度ですが、変動率を考ええると十分に大きな金額と言えます。そして、1ビットコインあたりの最小呼値(刻み)が5ドルなので、5倍の25ドルが最小変動刻みとなります。

次に制限値幅ですが、前日決済値から上下20%の変動でストップ高、ストップ安となります。また特別制限値幅が上下7%と13%と決められていますので、それぞれの変動があった時に一定時間(通常5分)の取引停止が行われると考えられますが、これらの特別制限値幅は連日のように発動される可能性はありそうです。

最後に限月は、他の通貨先物と同様に3, 6, 9, 12月を限月とした期近が中心限月で、限月の最終金曜日が最終取引日となっています。特に驚くような取引概要ではありませんが、大手の店頭取引が行われている業者価格をベースにBRRという透明性のあるビットコイン価格を使うところが評価できそうです。

シカゴオプション取引所も認可待ちか

なお米国の取引所ではCBOE(シカゴオプション取引所)もビットコインの上場を考えていて、現在CFTC(商品先物取引委員会、監督当局)の認可待ちのようです。ビットコインの急騰の原因のひとつがビットコイン先物の上場予定があったのですが、果たして初値はいくらになるのでしょうか。

関連記事

「暗号資産羅針盤」 ご利用上の注意
当サイトは暗号資産およびブロックチェーンに関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の暗号資産、金融商品等の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
暗号資産に関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各暗号資産交換業者等に対し直接行っていただくものとします。また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。
当社は暗号資産取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各暗号資産交換業者等のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各暗号資産交換業者等との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、暗号資産取引等に伴うトラブル等の利用者・各暗号資産交換業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。
当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。また情報提供者自身が当該商品の自己ポジションを持って売買している場合があります。
当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。
当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。
当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。
当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、暗号資産羅針盤利用規約にご同意いただいたものとします。

ページトップへ戻る