仮想通貨(暗号資産)週報 「半減期後は経て上昇トレンドに回帰」(5月第3週)

その後は半減期を経過し順賞に上昇、急落前の水準に戻す激しい値動きを見せています。

関連通貨:

仮想通貨(暗号資産)週報 「半減期後は経て上昇トレンドに回帰」(5月第3週)

半減期後は経て上昇トレンドに回帰

〇ビットコインは半減期を挟んで乱高下
〇半減期直前には買い手の仕込みの手じまいとみられる動きで1,000ドル以上下げるも、
半減期通過後に全戻しの荒い値動きに
〇3月安値からの上昇チャンネルに沿って5月高値、年初来高値を目指す動きか
〇来週は9000ドルをサポート10000ドルをレジスタンスとみる
〇ポール・チューダー・ジョーンズ氏のビットコイン先物買いの意向は相場の支えに?
〇新興国金融市場のコロナの影響は甚大、ビットコイン需要につながるか
〇「半減期=価格上昇」はマイニング業者都合のイメージ操作か

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、サイト右側メニューの「仮想通貨(暗号資産)分析情報」から「仮想通貨(暗号資産)インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時の間も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

今週のビットコインは半減期を控えて週末の日曜に8162.2ドルまで一気に1000ドル以上の大きな下げを演じましたが、それまで半減期を前に上昇を見込んで仕込んできた買い手が利食いを入れた結果と言われています。半減期という大きなイベントを控えての大口の売りがストップオーダーを巻き込んでの急落につながりましたが、その後は半減期を経過し順調に上昇、急落前の水準に戻す激しい値動きを見せています。
テクニカルには3月安値からのサポートラインとそれと平行に引いたラインとで構成される上昇チャンネルに引き直してありますが、しばらくはこのチャンネルの中でまずは5月高値、そして年初来高値をターゲットにする流れになってきたと考えてよさそうです。4時間足チャートで拡大してみます。

*ここからの見通し(4時間足)

*ここからの見通し(4時間足)

日足チャートに示した新たな平行上昇チャンネル(ピンク)と急落後安値とその後の戻り高値の半値を青のターゲットで示してあります。上に見える赤の水平線は年初来高値です。
短期的には1万ドルの大台を達成したことで上は達成感がありますし、下も短期的には安値を見た状況です。現状は中長期的な上昇トレンドの中でいったん踊り場のもみあいになってきたと見ています。下値については上述した半値の9041と重なる大台9000ドル、上値については大台10000ドルです。来週は9000ドルをサポートに、10000ドルをレジスタンスとする週を見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを国内から2本取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
12日日本時間の早朝にビットコインが半減期を迎え、それまでのマイニング報酬が12.5ビットコインから6.25ビットコインに減少したことに関する記事ですが、よく知らない方も多いのに供給8分の1というタイトルはどうなんでしょうかと思った記事です。たしかに、ビットコインは当初はマイニング報酬が50ビットコインでしたから、今回までの3回の半減期を経て8分の1というのは間違ってはいませんが、新聞記事のタイトルとしては悩ましいところです。
半減期で価格が上昇するという考え方については、色々な要因を取り除くとシンプルに供給量が減るからということになりますが、これについては今週のコラムで書いていますので、そちらをご覧ください。
それ以上にこの記事で気になったのは、ヘッジファンドとして有名ないわゆる「チューダー」の創業者であるポール・チューダー・ジョーンズ氏の言葉です。自身のファンドで先物を持つかもしれない、という言葉はビットコインに対して強気の人にとっては力強いコメントでしょう。今週のビットコイン急落後の反騰の一部は同氏の発言の影響かもしれません。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
新型コロナウイルスの影響は欧米だけでなく新興国にもある意味平等に襲い掛かっていますが、こと金融市場への影響ということになると新興国のほうがより深刻です。この記事では、アルゼンチンやレバノンを例に資本規制で外貨の入手が難しい国ではドルに代わる資金逃避先としてビットコインへの需要が高まっていることをまとめています。
昨年ジンバブエで同様のことがあった時には、ビットコインの価格が場外乱闘で高騰し、一時7万ドル以上の価格をつけたことがありましたが、そこまででは無いにしても、似たような動きはいつどこの新興国(特に弱小な新興国)で起きてもおかしくはないことです。
当初のリブラ構想が出た時にもこうした弱小な新興国におけるリブラはその国の通貨制度や金融制度を機能させなくしてしまうリスクが言われましたが、今後も新興国ではビットコインを中心とした有力仮想通貨(暗号資産)の人気は強いと言えそうです。

今週のコラム「半減期に関するコンセンサス」

ビットコインの半減期はコンセンサス通り5月12日に実施されました。半減期自体がまだそれほど多くありませんし、半減期と仮想通貨(暗号資産)という相関も決して事例が多いわけでは無く、必ずしも半減期で相場が上昇するということにはなっていません。
それでも半減期は上昇要因という見方がコンセンサスとも言えますので、そのあたりの理由をごく簡単に書いておきましょう。

この半減期を金融政策における資金の市場への供給を例にとると、それまでコンスタントに12.5兆円ずつ供給されていた資金が、ある日を境に6.25兆円に減るというようなイメージです。もしビットコインに対して同じような需要があるならば、供給が減る分価格は上昇しやすいというのが半減期と相場上昇の考え方です。しかし仮想通貨(暗号資産)の場合、仮想通貨(暗号資産)の場合、そもそもコンスタントなニーズがあるのかどうかという問題があります。

そして、最大の問題はマイニング業者にとっては得られるビットコインが半分になることは、利益が半分になることと同じですから、半減期上昇説はマイニング業者が巧妙に市場にそうした思い込みを作ってきた結果ではないかというのが個人的な意見です。これで今後4年ほど同じマイニング報酬となりますが、それまでに仮想通貨(暗号資産)業界がどのように変化していくのかは興味深いですし、相場というのは結局は思惑が大きいので、見通しはとなると正直わからないことのほうが多いと言えます。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る