仮想通貨(暗号資産)週報「トライアングル内でのもみあいを継続」(5月第5週)

目立った材料も無い中で高値を切り下げ、安値を切り上げるもみあいとなっています。

関連通貨:

仮想通貨(暗号資産)週報「トライアングル内でのもみあいを継続」(5月第5週)

トライアングル内でのもみあいを継続

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

トライアングル内でのもみあいを継続

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、トップページのサイト右側メニューの「仮想通貨(暗号資産)分析情報」から「仮想通貨(暗号資産)インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

トライアングル内でのもみあいを継続 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

*中長期の動きと今週の振り返り(日足)

ビットコインは5月に入り半減期前には思惑買いと利食い売り、半減期を過ぎてからはマイニング量が減ることを材料にした買いと動いて来ましたが、直近ではさらにその利食い売り、下がったところでは買いと大きなイベントを通過し、目立った材料も無い中で高値を切り下げ、安値を切り上げるもみあいとなっています。

チャートの形としては高値圏でのトライアングル(三角もちあい)パターンとなってきていて、上側のラインは1万ドルをトライしきれないころによるレジスタンス、下側のラインは3月中旬から4月にかけての上昇ウェッジの上側のラインがサポートという流れです。
当面はこれら2つのラインに挟まれてのもみあいを継続しやすい流れとなります。4時間足チャートで拡大してみましょう。

*ここからの見通し(4時間足)

*ここからの見通し(4時間足)

現在トライアングル(ピンク)の上下は、下が8800ドルレベル、上が9800ドルレベルに位置していて、ここ2日間は上昇する動きとなってきたことでトライアングルの上半分を中心とした動きとなってきています。トライアングルの半値は9300ドルレベルとなりますが、この9300ドルは先週末から今週初の戻り高値の水準と重なり、いったん下落後に同水準(青の水平線)を上回ってきたことから、現在は9300ドルがサポートとなってきていると考えられます。
ただ、9300~9800というのはビットコインの値幅としてはあまりに狭い印象ですから、100ドル程度の幅を上下に加え、来週は9200ドルをサポートに、9700ドルをレジスタンスとする週を見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを海外から2本取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
今週の中国は全人代で香港の国家安全法採択のニュースばかりですが、中国人民銀行総裁が26日にデジタル人民元を2022年2月の北京冬季オリンピックまでに発行する方針を明らかにしました。既にオリンピック会場での実験もスタートしているそうです。これで具体的に2022年2月のオリンピックではデジタル人民元が使われている状況が見えてきたこととなりますが、中国国内では来年後半には実験を拡大し来年末にはある程度普及している状況を作ってくると考えられます。

既にスマホアプリも公開されていて、電話番号と紐づけQRコード決済や相手に送金するといった機能が実装されているようです。これまでのスマホアプリでは決済の裏にクレジットカードや銀行といった金融機関が存在しましたが、デジタル人民元ではスマホからそうした金融機関を介さずに決済が行われる仕組みです。中銀が既存の金融機関のパイを取ってしまうものの中国のような管理国家では逆に都合が良い仕組みです。
中国での実用化からそう遠くないうちに、多くの国でデジタル通貨が利用される流れになってくると思いますが、ますますスマホを無くしたら何もできなくなる世の中になっていきそうです。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
サイバー攻撃を仕掛ける犯罪者に良心など無いのでしょうが、コロナウイルスに対応している医療機関に対してランサムウェア攻撃が相次いでいるとのこと。よくあるランサムウェアはPC内データを使えなくした上で、金銭と引き換えにデータを復旧するといったタイプのマルウェアですが、通常はマルウェア対策ソフトを導入しておくこと、不審なメールを開かないこと、不審なサイトにアクセスしないことでほぼ防げるのですが、なかなか徹底されていないため被害が後を絶ちません。
それにしても、このコロナ禍の最中に医療機関にサイバー攻撃を仕掛けるというのは卑劣としかいいようがありません。多くの犯罪者は捕捉できないとしても、捕捉できた犯罪者に対しては見せしめで厳罰を処することで、犯罪者を少しでも減らすべきでしょう。対象は全く異なるものの国内の飲酒運転減少は厳罰の効果が大きいと思います。おそらくサイバー犯罪者にとってはネットからの遮断がこたえそうですから、禁固10年ネット環境から隔離とか当局側も抑制につながる処罰を考えるべきでしょう。

今週のコラム「ビットコインのアストロチャート」

今週のコラム「ビットコインのアストロチャート」

動きが鈍くなってきているので、久しぶりにビットコインのアストロチャートを見てみましょう。天王星の位置を価格に置き換えて表示したチャートで、サポート・レジスタンスとして見てよいものです。

最安値は重要サポート(太線)に若干届きませんでしたが、かなり近い位置となっていますし、その前の高値は完全に一致しています。現状は上にあるラインがサポートとなりやすいという見方をします。

ちなみに、なぜ天王星なのかは以前にも書いたことがありますが、西洋占星術ではコンピュータや最新技術は天王星の範疇で、ビットコインも天王星が良いと考えたためです。また天王星は星座では水瓶座(アクエリアス)を支配しますが、西洋占星術的には2020年12月の水瓶座における木星・土星の会合をきっかけに風の時代に入ります。風の時代は200年続きますが、デジタル通貨などは風の時代にぴったりです。そういう意味では、今年12月以降が本当の仮想通貨(暗号資産)、デジタル通貨の時代とも言えそうです。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る