仮想通貨(暗号資産)週報「これまで同様緩やかな下降トレンド継続」(6月第4週)

これまでの上値の重たい動きを再確認する格好となりました。

仮想通貨(暗号資産)週報「これまで同様緩やかな下降トレンド継続」(6月第4週)

これまで同様緩やかな下降トレンド継続

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、トップページのサイト右側メニューの「仮想通貨(暗号資産)分析情報」から「仮想通貨(暗号資産)インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

中長期の動きと今週の振り返り(日足)

中長期の動きと今週の振り返り(日足)

今週のビットコインは月曜にそれまでの膠着を上抜ける動きは見せたものの、中1日おいて水曜には元の水準へと押し、そして木曜には週間安値を下回りと、これまでの上値の重たい動きを再確認する格好となりました。特に目立った材料があったわけでもなく、もみあいの上放れにテクニカルに反応した動きと思えますし、下げについては対円で100万円の大台を維持できなかったことによる売りも出ていたのではないかと考えられます。
6月に入ってからのビットコインは高値を切り下げる展開が続いていて、値幅は伴っていないものの下押しを試そうとしている動きに見えます。月曜の上げで先週引いたレジスタンスラインは一度抜けていますので、今週はレジスタンスラインを改めて引き直した上で、それに平行に引いた下降チャンネルを現在の方向として示しました。4時間足チャートで拡大してみましょう。

ここからの見通し(4時間足)

ここからの見通し(4時間足)

今週の高値を抜ける動きは何か材料が出て来ないと難しいと思いますので、今週の高値とその後の安値から戻りを考えると、半値戻しが9395ドル、61.8%戻しが9486ドルとなっています(それぞれ青のターゲット)。前者の水準はさすがに近すぎるため、後者を採用しまた節目となる大台9500ドルにも近いことから戻りの限界としては9500ドルを考えたいところです。
いっぽうで、下値としては先週の安値が8914.2ドルですから、下降チャンネルの中で下値も切り下げていく動きを考えると、同水準はターゲットとしやすい水準と言えます。来週は先週安値に近い8900ドルをサポートに、戻しの計算値と無さなる9500ドルをレジスタンスとする週を見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを海外から2本取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
ワッツアップは世界で最大のシェアを持っているメッセンジャーアプリで昨年9月の数字でユーザー数16億人、日本では最大のLINEが2億人ですから膨大なユーザーを抱えているアプリであることがわかります。そしてワッツアップも2014年にフェイスブックが買収していますので、提供している会社はフェイスブックということになります。
フェイスブックはワッツアップ上でクレジットカード会社と提携して簡単に決済ができる機能を今月15日にブラジルで提供しました。そしてわずか1週間でブラジル中銀が、この決済機能に協力したカード会社に対してサービスへの協力を中止する命令を下したそうです。命令ですからかなり強力な措置ですが、中銀によると精査が必要であり、安全性、透明性、手数料等を確認するそうです。
フェイスブックはリブラ構想で主要国の財務省と中銀に目をつけられ、今回はアプリ内決済機能でもストップをかけられと組織が巨大故に完全に当局の監視下に置かれてしまっているようです。当局の懸念もわかりますが、今後の技術停滞に繋がるような規制にはならないで欲しいところです。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

先週もランサムウェアについて触れた記事を取り上げましたが、ランサムウェア自体は被害者のデータを暗号化して復旧したければビットコインを振り込めというパターンで変化は無いものの、攻撃対象が変化していて広く少額の請求から、多額を取れると思われる組織を標的にしてきているとのことです。最近で多いのは医療機関で、さらにデータを公表すると脅すパターン、公開した一部データの削除にも金銭を要求するケースもあるそうです。深刻なのはコロナショックの影響で身代金を払えず公開されてしまうパターンだそうです。
またウイルスに感染させるのではなく標的とした組織のサーバーに侵入しデータを盗むこともあるようで、こうなるとユーザーだけでなく管理者も今まで以上にセキュリティの強化と監視が必要となってきます。盗んだデータをオークションにかけるといった卑劣な犯罪まで出てきているようで、ネットに繋がっているPC、サーバーを利用する全員が細心の注意で対応する以外に予防策はありません。

しかし、これだけ言われている中でもだいたい週に1人のペースで、ウイルスに感染したと思われる不審なメールやメッセージを送ってくる友人がいます。最低限「不審なメールは開けない」、それが知人であってもおかしいと思ったら開けないということは、いまこの記事を読んでいる方は守って欲しいと思います。

今週のコラム「アストロチャート」

今週も天体の運行をベースにした日柄についてです。

何を言ってるんだろうと思われる方も多いでしょうが、今日は日頃チェックしている月の運行速度と相場についてです。ケプラーの第2法則を覚えていらっしゃる方もあまりいないと思いますので、簡単に説明すると「惑星と太陽とを結ぶ線分が単位時間に描く面積は一定」という「面積速度一定の法則」です。

これを地球と月に置き換えて、かみ砕いて説明すると月が地球に近い時は速い速度で動いて、地球から遠い時は遅く動くということです。地球にもっとも近づく点を近地点と言いますが、近地点と相場動きの相関は時に見ていて面白いものがあります。ビットコインの場合には近地点前後で価格が高値をつけやすい傾向が見られるようです。

ビットコインの日足チャートに近地点(ローソク足を赤で着色)を表示してみました。1~2日程度の誤差で戻り高値をつけているケースが多いように見えないでしょうか。

今週のコラム「アストロチャート」

なお、青の曲線は天王星の位置をギャンの手法に基づいて価格に置き換えたサポート・レジスタンスラインです。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る