仮想通貨(暗号資産)週報「ドル安はビットコインでも継続」(7月第5週)

今週のビットコインは金融市場全般のドル安相場の動きが仮想通貨(暗号資産)市場にも見られたことから、ビットコインを中心に大幅上昇。

仮想通貨(暗号資産)週報「ドル安はビットコインでも継続」(7月第5週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、トップページのサイト右側メニューの「仮想通貨(暗号資産)分析情報」から「仮想通貨(暗号資産)インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

中長期の動きと今週の振り返り(週足)

中長期の動きと今週の振り返り(週足)

今週のビットコインは金融市場全般のドル安相場の動きが仮想通貨(暗号資産)市場にも見られたことから、ビットコインを中心に大幅上昇。年初来高値を更新し昨年8月以来の高値をつけることとなりました。普段の日足チャートでは大きな流れを見ることが出来ませんので、今週は週足チャートをご覧ください。
週足チャートを見ると、2019年高値から上下しながらも2020年安値まで下降トレンドを続け、今年3月にはコロナショックによるリスクオフのからビットコインも安値をつけていますが、その後は順調に上昇し、7月後半には一段高年初来高値を上抜けることとなりました。
次のターゲットとして考えられる水準は2019年高値と2020年安値の78.6%(61.8%の平方根)戻しとなる11793ドルとなります。この水準を念頭に日足チャートをご覧ください。

ここからの見通し(日足)

ここからの見通し(日足)

日足チャートを見ると今週に入ってからの上昇の勢いが強いと同時に、金やユーロ同様に押しらしい押しが無いままに高値追いをしていることからいつ調整が入ってもおかしくないチャートと言えます。史上最高値を更新した金は大きな参考になると思いますが大台2000ドルを前に足踏みしていることから、全体的にこれまでのドル売りの動きに対して目先は調整が入りやすいという見方はできそうです。
ビットコインの場合6月安値から今週高値までの値幅に対して38.2%押しのターゲットを計算すると10405ドルとなり、6月高値とも重なる水準です。中長期的には依然としてドル安の動きがビットコイン市場においても継続しやすいでしょうから、押しが入っても前月高値を抜けた水準と考えることも妥当です。
サポートを日足チャートから求め、レジスタンスを週足チャートから求めると来週のレンジとしては悪く無さそうですから、来週は引き続き底堅い展開ながらも調整も考え。10400ドルをサポートに11800ドルをレジスタンスとする週を見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを国内と海外から1本ずつ取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
タイトルだけ見ても何の記事だろうという感じですが、キーワードで自動クリップしている記事のブロックチェーンに分類されていました。読んでみると、技術の普及次期のサイクルの話でした。特定の技術の成熟度を測るハイプサイクルというものがありますが、黎明期、流行期、幻滅期(一時的に感心が失われる時期)、回復期、安定期という5段階で、今のブロックチェーン技術はその幻滅期間にあたり、来年から回復期となり来年から実用例が増えるというガートナーの予測でした。
まだブロックチェーンの技術は新しいことや市場規模は毎年拡大していることを考えるとまだ流行期のような気もしますが、このような新技術は今までのようなサイクルで述べること自体がそぐわない気もします。世の中が良い方向で様々な分野での実用化を早く見てみたいものです。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
今週のコメントでも金の史上最高値更新との関連に触れましたが、日経朝刊にも同様のテーマの記事があり、サブタイトルに「米ドルなど法定通貨に不信感」とあります。年初来の騰落率がグラフで示されていますが、金が約30%の上昇に対してビットコインは50%を超える上昇となっています。いっぽうで新興国通貨では下げが目立っていて、法定通貨でも一部の通貨から金やビットコインに資金が流れ込んでいる構図が見えます。
この動きだけ見ていると金同様に米ドルが弱い時にはビットコインも強いのかという見方もできそうですが。まだまだ取引の歴史が短く今は全体的なドル安相場故にビットコインもまた買われているに過ぎないかもしれません。この動きだけをもって金と同じと判断するには歴史が短すぎると言わざるを得ません。

今週のコラム「ビットコインドル建て金」

今週取り上げたトピックスで年初来騰落率は金が30%、ビットコインが50%という数字があって個人的なイメージでは金よりもそこまで上がっているのか実際に計算してみました。

今週のコラム「ビットコインドル建て金」

上の週足チャートで上段がビットコイン、下段がドル建て金です。取引日数の違いで週足以上で無いとチャートがずれますので週足で表示しました。


以下が具体的な価格です。

今週のコラム「ビットコインドル建て金」 2枚目の画像

たしかにそうですね。実際には騰落率ではほぼ倍です!この数字だけを見るとビットコインの上昇はやや過熱しすぎにも思えますが「もう」は「まだ」という相場格言もありますので、まだいきそうです。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る