仮想通貨(暗号資産)週報「上昇トレンド継続も高値圏でのもみあい」(8月第1週)

短期的には高値も見た可能性があり、しばらくは横方向へのもみあいとなりそうです。

仮想通貨(暗号資産)週報「上昇トレンド継続も高値圏でのもみあい」(8月第1週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、トップページのサイト右側メニューの「仮想通貨(暗号資産)分析情報」から「仮想通貨(暗号資産)インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜午後日曜午前~9時も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

中長期の動きと今週の振り返り(日足)

中長期の動きと今週の振り返り(日足)

今週もビットコインは全般的な米ドルからの逃避が見られたことで週初から買いが先行し、2日日曜には12100ドル台に乗せたものの直後に10550ドルまで1550ドルもの急落を見ることとなりました。週間高値も週間安値も2日日本時間で13時台につけていることから急落ぶりがわかりますが、これは特に大きなニュースがあったわけでも無く7月下旬から続いたビットコインの買いに対して大口の売りをきっかけにストップがストップを巻き込んでの急落相場でした。実質的には15分程度の間で下げていることからオーダー自体が少ない中で仕方なくあるビッドを叩きにいった結果と言えます。
しかし、その後は一週間をかけてじり高の展開を辿り、昨日には11900ドル近い水準へと戻してきています。10000ドルの大台を割らなかったこと、ドル建て金を見てもわかるように引き続き米ドルから逃避が続いていることも重なって、改めてビットコインの買いが出たことで大きなトレンドが上昇であるということは変わらないと見てよいでしょう。ただ短期的には高値も見た可能性があり、しばらくは横方向へのもみあいとなりそうです。4時間足チャートで拡大して見てみましょう。

ここからの見通し(4時間足)

ここからの見通し(4時間足)

日曜の高値と安値をつけた足に半値を追加してありますが、安値をつけた後はじり高となり、半値近辺でのもみあいを上抜けてから改めて買いが強まっている動きです。この動きからすると、半値の11325ドル水準では買いが出やすいと考えられるいっぽうで、12000ドル台では売りたい向きも残っているであろうという状況にあると考えられます。
おそらく、そう遠くない時点で再びビットコインが12000ドルを上抜けする展開は見られそうですが、個人的には来週は今週のレンジの上半分でいったん踊り場形成を考えることとします。来週は次の高値更新前の踊り場と考え。10300ドルをサポートに12100ドルをレジスタンスとする週を見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを国内と海外から1本ずつ取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
フェイスブックがブラジルで進めていたワッツアップを使った無料決済サービスが当局の命令で開始直後に中止に追い込まれたことは以前にも記事にしましたが、今回の記事はその舞台裏について書かれていることから、今後日本も含めて他国で同様のサービスが始まる際の参考になりそうです。
ワッツアップはブラジルでは国民の6割が利用するアプリであること、既にキャッシュレス決済が進み露天商でもカード決済が可能な下地があったようです。そして中銀による決済システムPIXがこの11月に開始予定であったことから、先にワッツアップのサービスを始められると開始前に無用の長物となってしまう懸念があったとのこと。そうしたことを聞くと、どうもフェイスブックはリブラの時もそうでしたがその後に起きるであろうことの問題点洗い出しに弱いのではと思ってしまいます。
日本では日銀が中銀デジタル通貨の研究を進めているようですが、当局の権限で民間事業に圧力を加えることとなるのか、あるいは業界の進展を見誤って無用の長物を作り出してしまうのか、下手をすると後者になるのではないかという心配をしてしまいます。最終的なユーザーの立場に立って官民協力で世界に誇れるデジタル通貨を生み出してほしいものです。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
LINEの子会社が運営する仮想通貨(暗号資産)取引会社ビットマックスにおいてLINE独自の仮想通貨(暗号資産)であるLINKの取り扱いが始まりました。海外では2018年から取引されていたLINKですが、LINEの利用者が圧倒的に多い国内で取引が出来るようになったことから、これまで仮想通貨(暗号資産)に興味が無かった層にも取引が広がる可能性がありそうです。
もともとLINKは「サービス成長に貢献したユーザーに向けたインセンティブとして、還元する目的で誕生しました」とあり、総発行量の8割をインセンティブとしてユーザーに配布するとされています。LINEユーザーに対してどのような形で配布されるかはまだわからないものの、新興アルトコインとして今後一定の地位を気づく可能性もあり興味深い動きです。

今週のコラム「仮想通貨インデックスと主要3仮想通貨」

ビットコインも1年ぶりの高値となっていますので、毎朝アップしている仮想通貨インデックスのチャートをぎゅっと詰めて少し長めにインデックスと3つの仮想通貨(暗号資産)を概観してみましょう。

今週のコラム「仮想通貨インデックスと主要3仮想通貨」

ビットコイン(上段・青)は、まだチャート左端に示される2019年高値を超えていませんが。イーサリアム(中段・ピンク)は既に2019年高値を超えてきています。しかしリップル(下段・紫)はここに来てさすがに上がってはいるものの、2020年の年初来高値も超えられないでいます。

こうして見ると、ここ1年強の間の動きにかなり違いがあることがわかりますが、買う仮想通貨(暗号資産)の対象としなてはビットコインと、アルトコイン1位のイーサリアムという流れが完全に定着してきていることがわかる動きと言えそうですね。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る