【ビットコイン原論文28】Incentive:動機付けと報酬3

健全なブロックチェーン・ネットワークを運営・維持するための動機付けと報酬として、ナンスを発見してブロックを生成したノードに

関連通貨:

【ビットコイン原論文28】Incentive:動機付けと報酬3

【ビットコイン原論文28】Incentive:動機付けと報酬3

健全なブロックチェーン・ネットワークを運営・維持するための動機付けと報酬として、ナンスを発見してブロックを生成したノードに「新しく生まれたビットコイン」と「取引(送金)処理手数料」が支払われる仕組みが取られています。

【ビットコイン原論文28】Incentive:動機付けと報酬3

例えば、貪欲で欲張りな攻撃者が、誠実で公正なノード(CPUパワー)達を上まわる数の、攻撃者の支配下にあるノード達をブロックチェーン・ネットワーク内に導入することができたとします。そしてそれが成功し、プルーフ・オブ・ワークにおいて不正な多数決が行えるようになったとしても、攻撃者が利益を得るためには下記2点のどちらかを選択しなければなりません。

(1)攻撃者が他の者へ送金した(支払った)ビットコインを盗み取って自分の口座に戻す。
(2)正当な方法で、ナンスを発見してブロックを生成し、新しく生まれたビットコインを受け取る。

【ビットコイン原論文28】Incentive:動機付けと報酬3 2枚目の画像

(1)の場合、例えビットコインを手に入れられたとしても、不正な行為を行うことによってブロックチェーン/ビットコインのシステム/仕組みを破たんさせてしまうと、手に入れたビットコインの資産価値はなくなってしまいます。
そればかりか、不正行為が行えるだけのCPUパワーを集めるには膨大なコストがかかるので、攻撃者は大きな損失を被ることとなります。

正当な方法で他の全てのノード達よりも早くナンスを発見して、新しく生まれたビットコインを受け取る(2)の方が、不正を行う(1)よりも自分の利益になるという事を、攻撃者が判断をすると期待されます。


[ビットコインのホワイトペーパー原文は、bitcoin.org様より転載させていただきました。
Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System

関連記事

ページトップへ戻る