仮想通貨(暗号資産)週報「上昇トレンドは終わりもみあいへ」(9月第4週)

今週は週初を高値に水曜まで下げ、昨日から反転という動きとなっていますが、先週までの上昇トレンドはいったん終わり調整局面に入ってきた動きです。

仮想通貨(暗号資産)週報「上昇トレンドは終わりもみあいへ」(9月第4週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、トップページのサイト右側メニューの「仮想通貨(暗号資産)分析情報」から「仮想通貨(暗号資産)インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

中長期の動きと今週の振り返り(日足)

中長期の動きと今週の振り返り(日足)

今週は週初を高値に水曜まで下げ、昨日から反転という動きとなっていますが、先週までの上昇トレンドはいったん終わり調整局面に入ってきた動きです。今週はビットコインだけでなく株式市場も上値が重くリスクオフの流れが目立ちましたが、特にスペインやフランスなど欧州の主要国では過去最悪の新型コロナ感染者数を記録するなど、今後の景気に影を落とす状況となっています。
そうした中でビットコインもリスク資産という見方をしていますので、同様に値を下げたというのは自然です。その後の買い戻しは特にニュースがあったわけではありませんので、売った向きの利食いと見てよいでしょう。であるとすれば、引き続き他の金融市場ではリスクオフ方向に動きやすい流れが続いていますので、ビットコインも戻り売りが出やすいという見方をしたほうがよさそうです。値幅観測も含め、4時間足チャートで拡大して見てみましょう。

ここからの見通し(4時間足)

ここからの見通し(4時間足)

日足チャート内のラインはそのまま表示してあります。こうして見ると先週の高値は8月高値と9月安値の半値戻し11151(赤のターゲット)で止められていますが、同水準は9月高値と9月安値の61.8%戻し11210(緑のターゲット)ともほぼ重なっていました。すでに短期的な高値は見たという前提でシナリオを組み立てたいところです。
今週初に先週後半のサポートを下抜けた水準が11000ドル水準ですし、週初の戻しも同水準で下からここからのレジスタンスは11000ドルでよいでしょう。サポートについてははっきりとした水準を示しにくいのですが9月8日安値からのサポートライン(ピンク)が10200ドル水準に位置していますので、これを採用します。
来週は10200ドルをサポートに、11000ドルをレジスタンスとする週を見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを国内と海外から1本ずつ取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
ダークウェブ(匿名性の高い闇サイト)に捜査のメスが入り始めたという記事ですが、興味深いのは京都府警が口座やカードの違法取引摘発にこぎつけたという部分です。京都府警にはサイバー犯罪対策課というのがあって、以前TV視聴のスクランブルを解除する改ざんBCASカードの販売者を摘発したあたりから、名前を聞くようになった気がします。
今回も京都府警が2018年から20年にダークウェブの集中取り締まりを行う中で口座やカードの違法取引をした20人を摘発したとあります。ダークウェブは匿名性が高いため、それを使うだけでは取り締まりは困難ですが、そこから派生して発生する資金移動で足を掴むというパターンです。
そもそもそのダークウェブの運用者を摘発するのが本筋ですし、海外では既にそうした動きが出ているので、最終的には世界的な連携によってダークウェブ撲滅の方向性を示して欲しいものです。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
先々週の英中銀総裁の講演、先週の欧州5か国による声明、そして昨日24日にはEUとしてデジタル通貨規制案を公表しました。水面下で進んでいたこととはいえ、かなりのスピード感で進んでいます。
EUは通貨発行、金融政策などユーロ圏の諸国の主権を守るため、デジタル通貨を発行する場合の事前承認制とルール違反の際の罰金制度を導入、とEUが認めないとデジタル通貨を発行できない規制案です。前回の声明でリブラを想定した規制であることは明らかでしたが、今度出てくるであろうデジタル通貨に対して早い段階で網を張っておこうということです。
現時点では中銀デジタル通貨以外の発行は困難なイメージではありますが、体制がしっかりとしたEU内の大企業が自国内で発行することは視野に入れている動きであると見れば、中国の続くのはEUとなる可能性が高そうです。

今週のコラム「ビットコインとのダイバージェンス」

今回はだいぶ前のことですが、イーサリアムで起きたダイバージェンスについての考察です。

ここでいうダイバージェンスはテクニカル指標のダイバージェンスではなく、異なる市場間のダイバージェンスを指します。よくあるのが、米国株式市場でS&Pが高値を更新しているのにNYダウが高値を更新できないといった株価指数間のダイバージェンスで、コロナショック前にはダウの上値が重たいことを気にしている参加者が多かったことは記憶に新しいところです。

仮想通貨羅針盤では日々、仮想通貨インデックスの日足も更新していますが、そのチャート内でビットコインとイーサリアムのダイバージェンスが8月末に発生しました。チャートをご覧ください。

今週のコラム「ビットコインとのダイバージェンス」

8月11日と8月28日の価格を比較すると、矢印で示したようにイーサリアムだけが上昇していたことがわかりますが、その後は全て下げが加速する動きとなりました。日足チャートにおいてひとつだけ方向性が異なるという動きが見られた場合、そしてそれが主要アルトコインであった場合にはビットコインの方向についていく可能性が高いように思います。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る