仮想通貨(暗号資産)週報「もみあいを上抜け上昇トレンドへ」(10月第2週)

来週は10700ドルをサポートに、11200ドルをレジスタンスとする一段の上昇を継続しやすい週を見ておきます。

仮想通貨(暗号資産)週報「もみあいを上抜け上昇トレンドへ」(10月第2週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、トップページのサイト右側メニューの「仮想通貨(暗号資産)分析情報」から「仮想通貨(暗号資産)インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

中長期の動きと今週の振り返り(日足)

中長期の動きと今週の振り返り(日足)

今週も水曜まではほとんど動きの無いもみあい相場だったのですが、昨日NY時間に米国のスクエアが5000万ドル相当のビットコインを購入とのニュースをきっかけに大きく上げることとなりました。先週とは逆の動きですが、これによりこれまでのトライアングル(ピンクの太線)を上抜け上昇トレンドが始まる動きとなっています。
次のターゲットとしてはよりおおきなトライアングル(レジスタンス側がピンクの細線)、あるいは上昇チャンネル(上側がピンクの細線による平行線)のどちらかに転じたと見てよいでしょう。4時間足チャートで拡大して見てみましょう。

ここからの見通し(4時間足)

ここからの見通し(4時間足)

日足チャート内のラインはそのまま表示してありますが、抜けたレジスタンスがサポートという見方からすれば10760ドルとなります。またレジスタンスは大きなトライアングルのレジスタンスラインが11050ドルを下降中です。どちらも現時点ではさすがに近すぎる感じがしますが、上側については平行上昇チャンネルが8~9月高値・安値をベースに計算したフィボナッチリトレースメントが位置する水準と重なっていて、こちらを採用すると11200ドルです。
サポート側は多少の誤差程度を考え、来週は10700ドルをサポートに、11200ドルをレジスタンスとする一段の上昇を継続しやすい週を見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを国内から2本取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
デジタル人民元を主要テーマとした連載で、1回目は露口帝京大教授によるものです。ちなみに冒頭に出ている「デジタル人民元関係年表」はここまでの流れを一覧するのに便利です。同教授はデジタル人民元が当初の国内的利用から国際的な観点に重点が移ってきている、としながらも人民銀行の管理で匿名性を欠くことや、他のサービスとの連携を考えると第三者の決済まで政府が代替することは出来ないことなどを普及の問題点としています。
特に国際的な利用を考えるのであれば人民銀行の管理がネックとなり、中国国内からデジタル人民元の調達をする場合にも短期資本移動の規制を受ける現状では難しく、人民元国際化を推進する効果は限定的と述べています。
9日には伊藤ポートランド大教授もネガティブな意見を述べていますので、併せて読まれると良いと思います。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
SBI証券は同社が発行体となるデジタル社債を個人向けに発行するとのこと。
デジタル社債自体は既に野村證券等も発行しているため目新しい話では無いものの、これまでは試験的な発行に留まっていたことを考えると、ネット証券最大手のSBI証券が個人向けに発行することをきっかけに今後急速に広がると考えられます。
デジタル社債は発行条件のうち、特に発行額等を柔軟に変化させることが出来ますし、管理もブロックチェーン技術を使うことで他の分野への応用も出来るのですが、実際にデジタル証券による資金調達を事業とすることを視野に入れているようですから、中規模クラスの会社が簡単に社債を発行できる環境が急速に整っていくことが予想されます。

今週のコラム「アストロによるサポートとレジスタンス」

ここでもたまに登場するアストロチャートですが、今週のテクニカル分析と似たような結論を導くことが出来るところが面白いところです。

日足チャートにトライアングルと平行上昇チャンネルも示してありますが、ここで注目すべきは青い曲線で、サポート・レジスタンスとなりやすい水準を示してあります。

今週のコラム「アストロによるサポートとレジスタンス」

現時点の次のレジスタンスは、まさに11200ドル一致を見ていますが、この曲線に中間のライン(±600ドル)を考えると、それも補助的なサポート・レジスタンスとなり、このチャートからは10600~11200水準が来週の想定レンジと見ることができそうです。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る