仮想通貨(暗号資産)週報「上昇ペースが速くいったん調整か」(11月第2週)

今週も米国株上昇によるリスクオンの動きから16000ドル台半ばにまで水準を切り上げてきています。

仮想通貨(暗号資産)週報「上昇ペースが速くいったん調整か」(11月第2週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、トップページのサイト右側メニューの「仮想通貨(暗号資産)分析情報」から「仮想通貨(暗号資産)インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

中長期の動きと今週の振り返り(週足)

中長期の動きと今週の振り返り(週足)

今週の日経新聞からのピックアップ記事でも書いた通りですが、ビットコインは3週間前のペイパルが仮想通貨(暗号資産)取り扱い開始のニュース以降はまったく下げなくなってきました。今週も米国株上昇によるリスクオンの動きから16000ドル台半ばにまで水準を切り上げてきています。
現在の水準は史上最高値とその後の安値の78.6%(61.8%の平方根)戻しと重なり、先週示した16000ドルも既に超えてきていることから、そろそろ短期的な調整を挟む可能性を考えたいところです。昨夜はパウエルFRB議長も新型コロナワクチンの米国経済への評価は時期尚早と最近の過熱を冷ます発言をしていますので、株式市場の動きによるところも大きいのですが、ここから更なる上昇を考えるよりも上値余地が少なくなってきたというスタンスで考えます。日足チャートで拡大して見てみましょう。

ここからの見通し(日足)

ここからの見通し(日足)

チャート上にあるピンクの太い水平線は2018年高値でおそらく中期的には同水準をターゲットとした動きであるとは思います。しかし週足チャートに書いた通りで米株とともにややスピードが速く、17000ドルを見るよりも前にいったん押しが入ったほうが、将来的にも上昇しやすいことは確かです。
いっぽうで、今週上昇前の小さなペナント状のもみあいの中心が15500ドル水準ですから、下値は同水準より下げることも難しそうです。最近は値幅も大きいのですが、動き自体も鈍ってくると考え、来週は15600ドルをサポートに16600ドルをレジスタンスとする週を見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを海外から2本取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別途日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
ブロックチェーン技術の登場でネット上で直接価値の伝達が可能になったことから、証券などの所有権を証明する資産のトークン化等、多くの金融分野でブロックチェーンが使われているというフリから入って、ブロックチェーンの企業をいくつかのカテゴリーに分類しています。
そのカテゴリーは、発行市場(プライマリー)、流通市場(セカンダリー)、プラットフォーム、支払い、清算・決済、サービス、インフラの7カテゴリーです。未上場の企業を中心に実際の企業を分類したマップを載せていて、一覧すると興味深いと思います。
これらのカテゴリーでも企業の多い少ないはかなり明確で、発行市場での参入企業が多く、支払いは少ないといった感じで、このあたりも金融市場における参入の難易度が関係しているように思いました。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
先週は3年ぶり高値というタイトルの記事でしたが、今回は2年10か月ぶりと正確な期間になっています。このあたりは、記事を書く記者の性格なのかなとどうでもいいことを考えましたが、最近のビットコインの一段高の動きで、ここから上は史上最高値程度しか無く、同記事でも20000ドルまでの上昇という見方を載せています。
サブタイトルにもあるように、ペイパルによる仮想通貨(暗号資産)決済参入のニュース以降、ビットコインは大きく上昇してきています。個人的には価格変動が激しいビットコイン等を決済に使おうと考えるのは既に持っている人くらいではないかとも思いますが、やはりペイパルのネームは大きかったと言えます。
またビットコインは特定の国の政情と関係がない資産として金と同様に買われているという見方も載せていますが、これについては異論があるところでしょう。長期的にはそういう面もありますが、短期的にはNYダウが急騰したことによるリスクオンの動きとビットコインは歩調を合わせていますが、金はリスクオンで売られています。基本的にはリスク資産という見方の方が大きな動きを見誤らないと考えています。

今週のコラム「ビットコインとNYダウ」

リスクオンで米国株が買われビットコインも買われているという見方を書きましたので、実際のところはどのような感じなのか、ビットコインとNYダウを日足で比較してみましょう。

今週のコラム「ビットコインとNYダウ」

上段がNYダウ、中段がビットコイン、下段が比率(ダウ÷ビットコイン)です。

こうして見ると直近では同じ動きではあるものの8月下旬以降は比率が確実に減少していることから、株式以上にビットコインが大きく上昇してきていることがわかります。現在の比率はビットコインが史上最高値を付けた頃の比率に近づいてきていて、このことも短期的にはビットコインの上昇に過熱感があるのではないかという見方につながっています。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る