仮想通貨(暗号資産)週報「再上昇は調整局面を挟んでからか」(11月第3週)

中長期的には史上最高値更新は見ることになると思いますが、短期的には調整局面があってからの再上昇となるのではないかという見方です。

仮想通貨(暗号資産)週報「再上昇は調整局面を挟んでからか」(11月第3週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、トップページのサイト右側メニューの「仮想通貨(暗号資産)分析情報」から「仮想通貨(暗号資産)インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

中長期の動きと今週の振り返り(日足)

中長期の動きと今週の振り返り(日足)

ビットコインの上昇が止まりませんが、時価総額最大を更新し(今週のトピックス参照)、対円では200万円、対ドルでも最高値と上を見るコメントしかなくなってきた点は気になります。米国株も短期的に調整が先行していますし、投資家の資金もかなりビットコインに流入してきているであろうことを考えると、先週に続いてそろそろ警戒したいという感じが強まります。
コントラリーオピニオンと言って10人中10人が上を見た時には反落が起きやすいということもあり、かなりその状態に近づいてきているのではという印象です。中長期的には史上最高値更新は見ることになると思いますが、短期的には調整局面があってからの再上昇となるのではないかという見方です。
今週は日足と4時間足に戻しましたので4時間足で拡大して見てみましょう。

ここからの見通し(4時間足)

ここからの見通し(4時間足)

チャート上にあるピンクの水平線は日足チャートで示されている上昇N波動の261.8%エクスパンションの19309ドルで現在の上昇相場は同水準をターゲットにしていると考えられますが、今週に入ってからだけでレンジは2685ドルと上昇ペースが速く、ペナント(短期三角もちあい)を上抜ければ、届く水準であることもたしかです。
しかし、その前にいったん半値押し(17124ドル)程度の押しが入った方が、上昇も持続しやすくなりますので、いったん押しが先行しそこから再上昇という流れを見たいと思います。
来週は17000ドルをサポートに18400ドルをレジスタンスと今週のレンジの上半分のレンジを想定したもみあい、調整局面入りとする週を見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを国内と海外から1本ずつ取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
最近のビットコイン上昇の動きによってビットコインの時価総額が過去最大となっています。2017年12月につけた史上最高値には届いていないものの、その後の3年間でマイニングされたビットコインが市場にはありますので、時価総額としては最高値の時の3265億ドルを抜いて3724億ドル(約34兆円)となりました。
記事ではビットコイン高を支えるのは投資家層の広がりとしていて、米国内ファンドによる運用だけでも運用額は5000億円を超えるとしています。そして金融緩和によるリスクオンの株高がビットコイン高につながっているということは、ここでも何度か書いてきたことですが、ごく目先という点ではスピードが速過ぎる感も強く、このまますんなりと史上最高値更新とは行かせてくれないという見方をしています。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
最近はCBDC(中銀デジタル通貨)のニュースが目立っていましたが、3メガバンクやNTTグループなど30社超が連携して2022年にもデジタル通貨の共通基盤を実用化するとのこと。
もともと6月に立ち上がった協議会を母体としたものですが、新たに多くの金融大手やNTT、JR東日本などが参画することで一気に実現の可能性が高まってきました。2021年には日銀によるデジタル通貨の実証実験も始まりますし、今回の大手連合による民間デジタル通貨の計画も出て、2022~23年には今のスマホ決済が一層便利になるであろうことはたしかです。
既にその次を考えた動きも出て来ているでしょうから、5年後にはデジタル通貨がどのようにインフラを変えているのか興味深いですね。

今週のコラム「BCHのハードフォーク」

予定されていたBCH(ビットコインキャッシュ)のハードフォーク(ネットワーク・アップグレード)が15日21時頃に行われ、BCHNとBCH ABCに分岐しました。

ビットコインキャッシュ自体が元を辿れば2017年8月にビットコインからのハードフォークで誕生したアルトコインですが、2018年11月そのビットコインキャッシュはSVとABCに分岐、BCH ABCがBCHのシンボルを継承しました。

そして今回BCH(それまでのBCH ABC)がBCHNとBCH ABCに分岐、BCHNがBCHのシンボルを継承することとなりました。今回のハードフォークではBCHを継承しない方は消滅するのではないかとも言われていましたが、20日現在どちらも取引が行われています。

しかし、こうしたハードフォークを繰り返すことで結局BCHは主要なアルトコインとも言えるトップ3の座を降りることになったわけで、今回のハードフォークもさらにBCHの地位低下に繋がるのではないかと考えられます。数か月経って落ち着いたころにでもBCHがどうなっているか見てみることとしましょう。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る