仮想通貨(暗号資産)週報「対円でも史上最高値を更新」(12月第3週)

ビットコインは対ドルでの史上最高値更新に続いて、対円でも史上最高値を更新と買いが止まりません。

仮想通貨(暗号資産)週報「対円でも史上最高値を更新」(12月第3週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、トップページのサイト右側メニューの「仮想通貨(暗号資産)分析情報」から「仮想通貨(暗号資産)インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

中長期の動きと今週の振り返り(週足)

中長期の動きと今週の振り返り(週足)

動きが落ち着いてきたと思ったのも先週だけで、今週は再び大きく上げてきましたので週足チャートに戻します。ビットコインは対ドルでの史上最高値更新に続いて、対円でも史上最高値を更新と買いが止まりません。テクニカルにも2017年最高値後の最安値を起点とした長期上昇相場を考えても既に上昇N波動の161.8%エクスパンション(ピンクのターゲット)21304ドルを超え、次のターゲット261.8%エクスパンションの32110ドルまではさすがに距離があります。
年初来安値を起点に8月高値までを第1波動と捉え、その後の9月安値への押しを小さいながらも調整と考え、そこからの現在の上昇を考えると161.8%エクスパンションが23814ドルとなり、いったん調整が入りやすい水準とも言えます。
上昇トレンドに逆らうことは危険ですが、短期的な調整を挟んでからの再上昇の可能性を考えています。日足チャートで拡大して見てみます。

ここからの見通し(日足)

ここからの見通し(日足)

まだ高値を見たと言えるチャートではありませんが、いったん調整が入る前提で17日高値を目先の高値と仮定すると、12月安値と17日安値の押しを考えることが妥当です。ただ、その場合でも38.2%押しの21386ドル程度の押しが現状ではいいところかもしれません。
また昨日の高値を更新する動きとなった場合でも12月安値を下側の起点として見るという考えで良いでしょう。今週の上昇ペースが速くいったん調整が入る可能性を考え、来週は21400ドル(日足の押しを目安)をサポートに23800ドル(週足のエクスパンションを目安)をレジスタンスとする週と見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを海外から2本取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
ペイパルが4日続伸し昨日は一時238.10ドルと上場来高値を更新しました。ペイパルが10月21日に仮想通貨(暗号資産)取引に参入というニュースが、現在の仮想通貨(暗号資産)、特にビットコインの大幅上昇のきっかけになったことは間違いありません。ニュース発表前の水準が12000ドル前後であったことを考えると、2か月でほぼ倍になったと言えます。
ペイパルにとってもビットコイン上昇が利用者拡大につながるとされ、ペイパルの株価上昇にもつながっていますが、今後の予想としてなかなかすごい意見が出ています。日経平均3万円、ビットコイン3万ドルと皆が言い始めたら天井は近いのではと考えていますが、ついに年内3万ドル予想が出てきました。
まだ皆が言っていないうちは上昇余地がありますが、米系ファンドの一部には40万ドルという見通しもあるようで、さすがにそこまで行くといつの話だということになります。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
一昨日から昨日にかけてのビットコインは暴騰と言ってもよい上げで、16日安値が19286.8ドル、17日高値が23689.8ドルと2日間の上昇幅は4403ドルも達し、上昇率も22.8%となりました。
この冒頭の背景にあるのがFOMCで超緩和が長期化するという見通しが大きいとされ、現在の10年債利回りが0.9%台に上げてきている中で、今後10年間のインフレ率は1.9%となり、実質金利がマイナス1%になっています。そこまで難しく考えなくても、短期金利がゼロ金利となっているわけですから、お金を借りてリスク資産に投資するという動きがこれまで米国の株高を支えてきた大きな要因です。
ビットコインには大口の投資家の資金が流入していますので、同じことが起きていて、それが今週の上昇の最大の要因となったわけです。FOMCの緩和長期化発言がビットコインに有利に働いたといえますね。

今週のコラム「ビットコインのアストロ」

ここでも何度かビットコインのアストロ(金融占星術)的な視点として天王星の位置を価格に置き換えたラインの紹介をしてきたことがありますが、天王星の動きが遅いため、少し係数を変えてみたらどうかというようなことを試しています。年内には何らかの答えを出そうとは思っていますが、現在途中経過の発表として以下のチャートを出してみました。

今週のコラム「ビットコインのアストロ」

比較にこれまでの天王星ライン(水色)と、数字(12の倍数)から算出するライン(茶)も載せてありますが、今回の新天王星ライン(青)です。もう少し過去に遡って検証してみたいと思いますが、現時点では短期的な値動きのサポート・レジスタンスとして参考にはなりそうです。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る