イーサリアムは100ドルを割り込む!?(8/17)

昨日の仮想通貨取引は小幅まちまちでの推移となっています。

関連通貨:

イーサリアムは100ドルを割り込む!?(8/17)

主要仮想通貨価格(日本時間6時)

ビットコイン:6267.6ドル(-1.51%)
イーサリアム:283.30ドル(-1.48%)
リップル:0.29279ドル(+1.71%)
ビットコインキャッシュ:520.99ドル(+0.94%)

【概況】

昨日の仮想通貨取引は小幅まちまちでの推移となっています。ここ最近の動きは日足のチャートで見ていただいてもお分かりいただけるように、上ヒゲ・下ヒゲは出るものの、結局引けにかけて戻されており、ローソク足の実体が小さなものとなっています。ほぼ横ばいでの動きが継続しており、上値は重いものの下値も堅いといった流れです。様子見ムードが強まっていますが、動き出したら大きなものとなる可能性はありそうで、神経質な展開が予想されるところです。

昨日はイーサリアムの共同設立者であるジョゼフ・ルービン氏の話を書きました。同氏はイーサリアムの先行きに関して楽観的な見方をしています。その一方で香港の仮想通貨取引所のビットメックスのアーサー・ヘイズCEOは今後、イーサリアムは100ドルを割り込む水準まで下落すると予想しています。現在が300ドルを割り込む水準ですが、ここからさらに60~70%下げると予想しているわけです。

これに関しては以前にここでも指摘した、ICOの現金化に伴う売り圧力の強まりを同氏は懸念しているようです。その一方でビットコインは5000ドルが底値になるのではないかと睨んでいるようです。これに関してはビットコインのマイニングコストなどを考えての水準で、逆にこれを割り込んでいくとマイニング自体が行われなくなる恐れもある、と指摘しています。逆にSECのETF承認に関するロビー活動が成功するかどうかは上昇リスクとして意識すべきとみているようです。

【ビットコイン節目】

ビットコインは、日足でボリンジャーバンドの-2σから横ばいでの動きで-1σ水準まで到達しています。上値の重い展開であり、再度バンドの下限を目指す可能性は頭に入れておきたいところです。節目としてはその前に6000ドルが意識されるものと思われます。持ち直した場合はバンドの中心線ですが、7000ドルを割り込み6950ドル前後の水準まで下落しています。さらに下落するものと思われますが、現状ではとりあえず7000ドル前後の水準を節目として考えておいたほうが良いでしょう。

主要仮想通貨価格(日本時間6時)

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの-2σから持ち直しの動きを見せています。ただ、ほぼ横ばいでの動きであり上値の重さが意識される状況です。下値が堅いという見方ができないわけではありませんが、形としては再度バンドの-2σまで下落する可能性が高いのではないかとみています。バンドの-2σは下落基調ですが、これが持ち直してこない限り買いはリスクが高いでしょう。そもそもバンドの±2σが下落基調にあるため、トレンドそのものは下向きです。戻り売り圧力が依然としてくすぶる状況となっています。現状のバンドの-2σは5490ドル前後であり、ここを目指す展開は頭に入れておきたいところです。

また、ストキャスティクスを見ると、%K、%Dが持ち直しての動きです。ゴールデンクロスが意識されており、このまま上昇基調を維持することができるかがポイントとなりそうです。特に%Kが腰折れせずに上値を拡大できるかに注目です。このまま%K、%Dが上昇となれば、買い意欲が強まるでしょう。ただ、上昇の勢いが弱い点は気がかりなところであり、方向感をしっかりと見定める必要はあるでしょう。

一方でビットコインの週足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの中心線を抜けて下落しての動きであり、バンドの下限を目指す可能性が高まっています。ただ、現状はバンドの-1σ前後の水準であり、ここで支えられる可能性が無いわけではありません。そうなった場合は再度バンドの中心線である7470ドル前後の水準を目指していくものと思われます。

ストキャスティクスで見ると%Dが下落基調を強めており警戒感が高まります。一方、%Kは持ち直しの動きを見せています。基調が変わる可能性が出てきていますが、%Dの反転を待ちたい局面であり、上値の重さは依然として意識されるのではないかとみています。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

9620ドル:ボリンジャーバンド週足の+2σ水準
9000ドル:心理的な節目
8500ドル:5月中旬の水準
8000ドル:5月中旬の安値水準・心理的な節目
7470ドル:ボリンジャーバンド週足の中心線
7000ドル:心理的な節目
6950ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線
6780ドル:7月上旬の高値水準

6270ドル:現在値

6200ドル:6月13日・7月13日の安値水準
6080ドル:7月12日の安値水準
6000ドル:直近の安値水準・心理的な節目
5760ドル:年初来安値
5490ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
5320ドル:ボリンジャーバンド週足の-2σ水準

関連記事

  • 仮想通貨情報

    Edited by:山中 康司

    2018.12.07

    仮想通貨週刊レポート BTCは下降トレンドへ回帰(12月第1週)

    米国証取委による仮想通貨ETF判断の先送りをきっかけにBTCは続落することとなりました。

    仮想通貨週刊レポート BTCは下降トレンドへ回帰(12月第1週)

  • 仮想通貨情報

    Edited by:大塚 亮

    2018.09.13

    仮想通貨ICOの調達額が急減(9/13)

    昨日の仮想通貨取引は、ビットコインなど一部のコインに対する買い戻しが入りましたが、イーサリアムは依然として上値の重い展開となっています。I

    仮想通貨ICOの調達額が急減(9/13)

  • 仮想通貨情報

    Edited by:田代 岳

    2018.09.12

    仮想通貨 悪材料に反応?(9/12)

    仮想通貨は過去24時間で下落が続いています。対ドルではビットコインが1%の下落、イーサリアムが10.5%の下落とイーサリアムの下落が目立ちます。

    仮想通貨 悪材料に反応?(9/12)

  • 仮想通貨情報

    Edited by:山中 康司

    2018.08.17

    仮想通貨週刊レポート(18/8/17)

    今週はビットコインをはじめ各アルトコインを中心に売りが強まり、仮想通貨インデックスも昨年9月の基準日以降初めて100を割り込む動きを見せました。

    仮想通貨週刊レポート(18/8/17)

  • 仮想通貨情報

    Edited by:田代 岳

    2018.08.17

    今日のビットコイン(8/17朝)

    今日のビットコイン

    今日のビットコイン(8/17朝)

ページトップへ戻る