仮想通貨(暗号資産)週報「短期的には高値を見ていったんもみあいへ」(1月第3週)

短期的にはいったん上も下も見たと言えますが、買い手に勢いがあることは間違いありません。

仮想通貨(暗号資産)週報「短期的には高値を見ていったんもみあいへ」(1月第3週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜正午までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、トップページのサイト右側メニューの「仮想通貨(暗号資産)分析情報」から「仮想通貨(暗号資産)インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜午後~日曜午前9時も表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

中長期の動きと今週の振り返り(日足)

中長期の動きと今週の振り返り(日足)

中長期の振り返りと見通しは先週の週足分析で書いていますので、そちらも参考にしていただきながら今週は日足チャートから見ていきます。

1月に入ってからのビットコインは、年初来のレンジが大きいだけでなく1日の値幅も大きくなっていて、いったん高値を見た後の英国金融当局からの警告で振り落とされた後に、長期的なスタンスでの買いも出て買い戻されている状態です。短期的にはいったん上も下も見たと言えますが、買い手に勢いがあることは間違いありません。

早ければ来週にも新高値更新の可能性も否定できませんが、いったん高値圏でのもみあいを挟んでから次の動きを考えたいところです。4時間足チャートをご覧ください。

ここからの見通し(4時間足)

ここからの見通し(4時間足)

日足チャートのラインをそのまま引いてありますが、1月のここまでのレンジの半値34960(赤の水平線)以下では買いが出やすく、4万ドルの大台では売りが出やすくなっています。また青のラインは1月高値とその後の安値との戻しを示してありますが、78.6%(61.8%の平方根)戻しで反落していることも、短期的に高値を見た可能性を示唆しているように思えます。

来週は35000ドルをサポートに40000ドルをレジスタンスとする流れを見ておきますが、引き続き荒っぽい値動きになりそうですから、その点には注意が必要です。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを海外から2本取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
以下の夕刊記事にもある通り11日英国金融当局の警告でビットコインが大幅安となり、それを受けてマネックスGの株価も大きく下げたという記事ですが、マネックスGは傘下に仮想通貨(暗号資産)業者のコインチェックを持っていることから、最近はビットコイン価格の上下に敏感に反応しています。
その後のビットコイン価格が大きく戻した14日に記事には「マネックスGが急騰 ビットコイン値上がり期待」とあり、まさにビットコインに沿った動きとなっていることがわかりますが、ビットコインの時価総額が大きくなってきたことでビットコインの値動きが他の金融市場に与える影響も大きくなってきていることがわかります。
同じく12日の記事には「金・ビットコインが急落、米金利上昇・ドル高で」という記事もありますが、ビットコインの影響がここまで大きくなるとは数年前には考えられなかったことです。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
英国のFCA(金融行為監督機構、日本の金融庁に相当)が11日、仮想通貨(暗号資産)への投資リスクに注意を促す声明を出しました。「投資する場合は資金を全て失うことを覚悟しなければならない」と警告を出しました。
史上最高値更新のペースが速過ぎることからかなり強い言葉での警告を出したと言えますが、これが株価であったならばここまでの表現にはならなかったと思います。金融当局にとっては仮想通貨(暗号資産)そのものが警戒すべき対象であることは変わっていないようです。
市場はこの警告を受け11日のビットコインは大幅安となりましたが、下がったところを絶好の押し目と考える参加者も多く、昨日時点で下げる前の水準に戻す動きとなっています。

今週のコラム「ビットコインのアストロチャート」

ビットコインのアストロチャートでは注意すべき水準にありますので、今週は日足のアストロチャートをご覧ください。

今週のコラム「ビットコインのアストロチャート」

ビットコインでは天体のラインに天王星を使っていますが、天王星のラインのうち正方向(水色)のラインの重要なライン(太線で示したライン)が37000ドル水準に位置していることがわかります。

ここで反落、一気に上抜けというパターンだったらわかりやすいのですが、このラインにまとわりつくような動きになっていて、このパターンももみあい入りの可能性を示しています。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る