英国でも詐欺被害が続出でFCAが警告(8/20)

先週末の仮想通貨取引は一時持ち直す場面はあったものの、結局は押し戻されており、6300ドル前後を推移しています。

関連通貨:

英国でも詐欺被害が続出でFCAが警告(8/20)

英国でも詐欺被害が続出でFCAが警告

主要仮想通貨価格(日本時間6時)

ビットコイン:6499.4ドル(+2.40%)
イーサリアム:301.45ドル(+4.43%)
リップル:0.3500ドル(+7.70%)
ビットコインキャッシュ:572.87ドル(+4.29%)

【概況】

先週末の仮想通貨取引は一時持ち直す場面はあったものの、結局は押し戻されており、6300ドル前後を推移しています。下値は堅いものの上値を追う動きにはなっておらず、様子見ムードが強まっています。きっかけがあれば大きな動きとなる可能性もありますが、目先は手掛かり材料難もあり、方向感の見えにくい状況が継続しそうです。

さて、英国の金融行為規制機構(FCA)が、英国人投資家を標的にした仮想通貨投資詐欺が増加しているとの警告を発しています。先週も英国の警察当局が仮想通貨詐欺による被害額が6~7月に約250万ドルに達したとの報告を出しています。日本でも仮想通貨に関する詐欺は問題となっていますが、世界的に見てもこういった事件が発生しています。実在しない仮想通貨を購入させたり、消費者のオンライン口座を突然閉鎖して消費者への送金を拒んだりする例が報告されています。

こういった事件が仮想通貨の普及を妨げていることは事実でしょう。もちろん、こういった業者に対する当局の取り締まりが強化されることは重要です。その一方で、私たちも詐欺に引っかからないよう、細心の注意を払っていく必要があるでしょう。

【ビットコイン節目】

ビットコインは、日足でボリンジャーバンドの-2σから横ばいでの動きで中心線を目指す動きです。目先は中心線に届かずに下落しており、上値の重さが意識されていますが、上値の目標としてはバンドの中心線が意識されるでしょう。価格としては6700ドル前後の水準となりそうです。下値の目標としてはバンドの-2σである5680ドルとなりそうですが、まずは6000ドルが意識されそうです。

英国でも詐欺被害が続出でFCAが警告

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの-2σから持ち直しの動きを見せています。横ばいからじり高といった動きでバンドの中心線を目指していましたが、ここにきてやや上値の重さが意識されています。バンドの中心線に届かずに抑えられており、先行きに対する警戒感も意識されています。再度バンドの-2σまで下落する流れは想定しておくべき状況です。ただ、バンドの-2σは上昇基調へと転じており、現状の価格は5680ドルと年初来安値である5760ドルに迫ってきています。このままバンドの-2σが上昇すれば年初来安値の更新の可能性が低下するでしょう。目先は上値の重い展開ではありますが、徐々に下値が堅くなってくる展開も視野に入れての対応となりそうです。

また、ストキャスティクスを見ると、%K、%Dが持ち直しての動きです。一時%Kが腰折れしましたが、再度持ち直しています。このまま%K、%Dが上昇基調を維持すればしっかりとした流れが展開されるでしょう。

一方でビットコインの週足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの中心線を抜けて下落しての動きであり、バンドの下限を目指す可能性が高まっています。ただ、現状はバンドの-1σ前後の水準であり、ここで支えられる可能性もありそうです。そうなった場合は再度バンドの中心線である7460ドル前後の水準を目指していくものと思われます。

ストキャスティクスで見ると%Dが下落しており警戒感が高まります。一方、%Kは持ち直しの動きを維持しています。%Dが再度持ち直すことができるかが重要かと思われ、これが持ち直せばしっかりとした動きとなっていくでしょう。目先はやや方向感が見えにくいところではありますが、比較的下値の堅さが意識されてきているように思われます。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

9620ドル:ボリンジャーバンド週足の+2σ水準
9000ドル:心理的な節目
8500ドル:5月中旬の水準
8000ドル:5月中旬の安値水準・心理的な節目
7720ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準
7460ドル:ボリンジャーバンド週足の中心線
7000ドル:心理的な節目
6780ドル:7月上旬の高値水準
6700ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線

6500ドル:現在値

6200ドル:6月13日・7月13日の安値水準
6080ドル:7月12日の安値水準
6000ドル:直近の安値水準・心理的な節目
5760ドル:年初来安値
5680ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
5290ドル:ボリンジャーバンド週足の-2σ水準

関連記事

ページトップへ戻る