テスラはビットコインを処分すべき?(21/3/9)

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが上昇しての推移となっています。

関連通貨:

テスラはビットコインを処分すべき?(21/3/9)

テスラはビットコインを処分すべき?

主要仮想通貨(暗号資産)価格【日本時間6時】

ビットコイン:51644.6ドル(+3.19%)
イーサリアム:1770.5ドル(+7.35%)
リップル:0.47644ドル(+3.45%)
ビットコインキャッシュ:519.58ドル(+2.53%)

【概況】

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが上昇しての推移となっています。ダウが大きく上昇したことなどを背景に買い意欲が強まる展開となっています。その他のコインも上昇基調を強め、つれ高基調となっています。昨日の上昇に関して注目すべきポイントとして、ダウの上昇などの要因があったために一概には言えないところではありものの、米国債利回りの上昇を受けてNASDAQが大きく下落しているにもかかわらず仮想通貨(暗号資産)に資金が流入した点でしょう。これに関しては一時的なものである可能性はあるものの、ダウや米国債利回りとの相関などを慎重に見極める必要がありそうです。

さて、元Aegon Asset MgmtUSのCEOであるゲイリー・ブラック氏がテスラはビットコインを売却して自社株買いをすべきとツイッターで述べて注目を集めています。テスラ株はビットコインを15億で購入したと報じられてから現在まで30%前後下落しており、ビットコインの購入が投資家にとって利益となっているのかという点で議論を呼ぶ形となっています。

ビットコインの購入がテスラ株の下落の直接的な原因となっているかどうかは判断が難しいところでしょう。実際問題としてテスラがビットコインを購入してそこから利益を得ており、株価の下落はその他の要因とみるのが妥当でしょう。

しかし、本業であるEV事業への期待値を下回った事などから失望売りといった状況があるところにビットコインへの投資ということになれば、投資家としても疑問を感じる可能性はあるでしょう。そうなればテスラ株はさらに売り圧力にさらされることとなり、それがビットコイン投資への非難へとつながる可能性も否定は出来ません。そうなった場合、テスラはビットコインを放出するのかは先行きを占う上でも重要な状況となるでしょう。現状ではビットコインの価格上昇などから考えると手放す可能性は低いようにも思われます。

テスラのマスクCEOに関しては本人の意図するところかどうかは別に、かなり価格に対する影響力を行使しています。それは当局から価格操作としてみなされる可能性は十分にあるのではないかと思われます。実際問題としてSNSがここまで普及している状況で取り締まりが可能なのかというところはありますが、当局も何らかの手を打ってくることも頭の片隅には入れておいたほうが良いのではないでしょうか。

【ビットコイン節目】

ビットコインは50000ドルやバンドの中心線である50370ドルが意識されていましたが、昨日の上昇により上抜けており、ここからバンドの+2σである57010ドル前後の水準を目指す展開となっていきそうです。再度中心線を下抜けた場合はバンドの-2σである43730ドル前後の水準が節目として意識されそうですが、現状では上目線での動きが意識されそうです。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの中心線を抜けて上昇しており、このままバンドの+2σまで上昇することができるかどうかに注目です。また、下落した場合はバンドの中心線で支えられることができるかどうかに注目です。中心線を抜けたことでトレンドそのものが変化している可能性が高く、上昇しやすい局面と言えそうです。

またストキャスティクスを見ると、%K、%Dはゴールデンクロスから上昇しての推移です。%Kがそろそろ高値圏に入りそうで、買い優勢の流れが強まっています。%Kの方向感には注意が必要ですが、基本的には上昇基調を維持するでしょう。

ビットコインの4時間足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの+2σから調整の動きが入ったものの、中心線を意識して持ち直し、再度バンドの+2σを意識する動きとなっています。バンドの±2σは上昇基調となっており、トレンドそのものが上向きです。バンドブレイクからバンドウォークといった大きな動きにはなりにくく、+2σでは抑えられる可能性が高そうですが、調整の動きが入っても押し目買い優勢の流れとなりそうです

ストキャスティクスで見ると%K、%Dはデッドクロスからの下落となっていましたが、すぐに持ち直して高値圏に入る動きとなっています。上値余地は少なくなっていますが、高値圏での推移を継続することができれば買い優勢の流れが維持されそうです。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

60000ドル:心理的な節目
58340ドル:史上最高値
57010ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準
51950ドル:昨日の高値

51640:現在値

50370ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線
50000ドル:心理的な節目
49340ドル:昨日の安値
43730ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
40000ドル:心理的な節目
29300ドル:2020年の高値
4000ドル:2020年の安値

関連記事

ページトップへ戻る