クルーグマン教授がビットコイン擁護派に鞍替え?(8/21)

昨日の仮想通貨取引はビットコインが上昇する一方でイーサリアムなどのいわゆるアルトコインが全体的に上値を抑えられる動きとなっています。

関連通貨:

クルーグマン教授がビットコイン擁護派に鞍替え?(8/21)

クルーグマン教授がビットコイン擁護派に鞍替え?

主要仮想通貨価格(日本時間6時)

ビットコイン:6452.1ドル(+1.34%)
イーサリアム:286.01ドル(-3.88%)
リップル:0.3384ドル(-0.15%)
ビットコインキャッシュ:542.46ドル(-4.13%)

【概況】

昨日の仮想通貨取引はビットコインが上昇する一方でイーサリアムなどのいわゆるアルトコインが全体的に上値を抑えられる動きとなっています。ビットコインはチャートを見ると狭いレンジでの動きが継続されていることがわかります。ETF承認の決定が延期されたことで手掛かり材料難の状況が続いています。昨日の指摘しましたが、きっかけがあればポジションが傾き大きな動きとなる可能性はありそうですが、目先は様子見ムードが維持されています。

こうした中でビットコインに対して懐疑的な見方を示していたノーベル経済学賞受賞者のポール・クルーグマン教授が「ゴールドは死んでいる。ビットコインはゴールドよりも有用性が高い。将来的に貴重な存在になるチャンスがある」と語ったようです。もちろんこれは可能性の話であり、現実は問題としてはまだまだ超えるべき課題があるとみているようです。

同教授はビットコインの懸念として、送金のためのトランザクションコストを指摘しています。これが削減されればビットコインに対する懸念は払しょくされるだろうと述べています。これに関しては0になることは無いにしても、技術の進歩によりかなりの程度低減されるのではないかとみられており、期待感を強まる展開となりそうです。とはいえ、擁護派に鞍替えしたとまでは言い難いところはあるかもしれません。

【ビットコイン節目】

ビットコインは、日足でボリンジャーバンドの-2σから横ばいでの動きで中心線を目指す動きです。方向感の見えにくい展開で、狭いレンジが意識される流れです。上値の目標としてはまずはバンドの中心線が意識されるでしょう。価格としては6640ドル前後の水準となりそうです。下値の目標としてはバンドの-2σである5730ドルとなりそうですが、まずは6000ドルが意識されそうです。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、現状はバンドの-2σから持ち直しの動きを見せています。横ばいからじり高といった動きでバンドの中心線を目指し、現状でバンドの中心線に迫っています。ここで抑えられるのか、ブレイクして上値を追う動きを見せるのかがポイントになりそうです。突破した場合はバンドの+2σである7540ドルが、抑えられた場合は-2σである5730ドルが意識される動きとなるでしょう。-2σは年初来安値水準であり、意識すべき価格帯ということができるでしょう。


また、ストキャスティクスを見ると、%K、%Dが持ち直しての動きです。ただ、直近の動きで腰折れ気配となっており、ここから再度下落基調を強めた場合はボリンジャーバンドの中心線が意識されていることもあり、売り圧力が強まる可能性はありそうです。仮に%K、%Dが持ち直して上昇基調を維持すればしっかりとした流れが展開されるでしょう。

一方でビットコインの週足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの中心線を抜けて下落しての動きであり、バンドの下限を目指す可能性が高まっています。ただ、現状はバンドの-1σ前後の水準であり、ここで支えられる可能性もありそうです。そうなった場合は再度バンドの中心線である7460ドル前後の水準を目指していくものと思われます。年初来の安値水準が下値として意識されており、思いのほか底堅い動きが展開されています。

ストキャスティクスで見ると%Dが下落しており警戒感が高まります。一方、%Kは持ち直しの動きを維持しています。%Dが再度持ち直すことができるかが重要かと思われ、これが持ち直せばしっかりとした動きとなっていくでしょう。目先はやや方向感が見えにくいところではありますが、%Kの持ち直し基調を見る限りでは比較的下値の堅さも意識されてきているように思われます。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

9630ドル:ボリンジャーバンド週足の+2σ水準
9000ドル:心理的な節目
8500ドル:5月中旬の水準
8000ドル:5月中旬の安値水準・心理的な節目
7540ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準
7450ドル:ボリンジャーバンド週足の中心線
7000ドル:心理的な節目
6780ドル:7月上旬の高値水準
6640ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線

6450ドル:現在値

6200ドル:6月13日・7月13日の安値水準
6080ドル:7月12日の安値水準
6000ドル:直近の安値水準・心理的な節目
5760ドル:年初来安値
5730ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
5280ドル:ボリンジャーバンド週足の-2σ水準

関連記事

ページトップへ戻る