仮想通貨(暗号資産)週報「調整売りは続くも大台割れで買い転換か」(3月第4週)

今週もビットコイン価格の上値は重たい地合いが続き四半期末に向けてもう一段の調整も考えるべき流れとなってきました。

仮想通貨(暗号資産)週報「調整売りは続くも大台割れで買い転換か」(3月第4週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜始値までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、トップページのサイト右側メニューの「仮想通貨(暗号資産)分析情報」から「仮想通貨(暗号資産)インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜9時~日曜午前9時の2日間もチャートには表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

今週の振り返り(日足)

今週の振り返り(日足)

史上最高値(3月高値)は複数のテクニカルなターゲットと重なっていることから調整局面入りという見方をしてきましたが、今週もビットコイン価格の上値は重たい地合いが続き四半期末に向けてもう一段の調整も考えるべき流れとなってきました。
3月高値から引いたレジスタンスラインとそれに平行に引いたラインとで下降チャンネルを考えてみましたが、現在はこのチャンネルの中での動きと見てよさそうです。今週これまでの安値は3月安値と高値の61.8%押しの水準で止まってはいますが、反発というほどの動きも出ていないため、次のターゲットとなる78.6%(61.8%の平方根)押しを考えておいた方がよさそうです。4時間足チャートで拡大して見てみましょう。

ここからの見通し(4時間足)

ここからの見通し(4時間足)

日足チャートの下降チャンネルのレジスタンス(ピンク)に加え3月20日からのレジスタンス(青)を引いてあります。現状ではこちらの低い位置にあるレジスタンスの方が効いてきそうです。
また61.8%押しは達成したものの戻りも鈍いので、現行水準から戻したところでは売りが出て、次のターゲットとなる78.6%(61.8%の平方根)押しの47000ドル水準を視野に入れる流れを考えています。ただ、5万ドルの大台を下回った水準では新たな買いも出てくるでしょうから、3月高値からの下げは調整の範囲内という見方でしょう。
先週書いた日柄から考えると28日前後は次の節目です。来週は次のターゲットと重なる47000ドルをサポートに、レジスタンスが位置する55000ドルをレジスタンスとする週を見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを国内と海外から1本ずつ取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
英国の資産運用会社ラファーが昨年ビットコインへの投資を始めた際に組み入れ対象に出来るか検討を重ねた結果投資対象に加えたという書き始めとなっていますが、本論は最近の株式投資ではESG(環境・社会・ガバナンス)への対応が前面に出て来ている中で、果たしてビットコインはふさわしいのかというものです。
個別株を気にしている人にとって、各社のESGへの対応はかなり気になるところで、最近では森永が国内工場の全ての主燃料を再生エネルギーにしたというニュースもありました。ビットコインはマイニングに大量の計算を必要とするためにかなりの電力を必要とします。ちなみにビットコインのマイニングには30秒あたり15GWを消費し、年間では世界全体の0.5%となり、ノルウェーやオランダといった国と同レベルの消費量だそうです。
マイニングにあたってなるべく安い電力を調達することも重要ですが、例えばロシアのマイニング施設(データセンターですね)では火力や水力が使われているところがあり、仮にESGという観点を導入するならば火力よりも水力ということになるでしょう。今はまだあまり問題になっていませんが、今後さらにESGが投資で重視されるようになるとマイニング自体が敵視される可能性も出てきそうです。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
パウエルFRB議長は22日の討論会で米ドルが基軸通貨であり早くCBDCを投入する必要がないということを改めて述べています。最近の米国市場では機関投資家のビットコイン投資やテスラなど法人によるビットコイン保有と、民間レベルで仮想通貨(暗号資産)に対しての抵抗はほとんどなくなっていますが、当局としては依然として一歩引いた見方をしていますし、CBDCに至っては更に消極的な状況は変わっていないようです。
やはり法定通貨である米ドル同様に当局が完全にコントロールできる状況でないと認めないということなのでしょうが、ECBの代表として出席したドイツ連銀総裁もCBDCは銀行預金と競合する可能性があると、銀行離れのリスクを指摘した上で慎重な姿勢を示したようです。
そうは言っても世の中の流れは着実にCBDCを求める方向に向かっていくでしょうから、いつ米国が消極的なスタンスを変えるのか、という一点に今後も注目は集まることになるでしょう。

今週のコラム「BTC/XRP」

昨年12月にリップル社がSECから提訴されたことが決定づけたと思いますが、BTCとETHが上昇を続ける中でXRPだけは横ばいの状態が続いています。

今週はBTC/XRP(1ビットコインがリップル何単位と同価か)の長期チャートを週足で見てみましょう。

今週のコラム「BTC/XRP」

紫の四角が1年、青の四角が1か月で黄色のラインマーカーが昨年12月です。昨年11月までは上下しながらも一定の水準で緩やかなビットコイン高となっていましたが、12月にリップル社が提訴され、一気に水準が変わりました。

正確にはビットコイン1強と言った方がよさそうですが、イーサリアムを含めての2強時代は今後もしばらく続くことになるでしょう。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る