仮想通貨(暗号資産)週報「調整が終わり高値に向かう展開」(4月第1週)

投資マインドが好転し仮想通貨(暗号資産)市場においても改めて上値追いをしやすい流れになってきたと言えそうです。

仮想通貨(暗号資産)週報「調整が終わり高値に向かう展開」(4月第1週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜始値までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、トップページのサイト右側メニューの「仮想通貨(暗号資産)分析情報」から「仮想通貨(暗号資産)インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜9時~日曜午前9時の2日間もチャートには表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

今週の振り返り(日足)

今週の振り返り(日足)

史上最高値(3月高値)後の下げの調整も終わり改めて上昇トレンドに回帰してきたチャートとなっています。パターン的には3月安値からのサポートラインと3月高値からのレジスタンスラインとで構成されるトライアングル(三角もちあい、青)を上抜けし、史上最高値を視野に入れ始めた流れです。
四半期末も過ぎて4月に入ったことはあまり関係は無いとは思うものの、他の金融市場では月が替わったことで新規投資の開始も出てくるとなると、投資マインドが好転し仮想通貨(暗号資産)市場においても改めて上値追いをしやすい流れになってきたと言えそうです。
同様に上昇を続けているイーサリアムは4月中旬にハードフォークが予定されていて、上下どちらにも動くリスクはあるものの、価格上昇のきっかけと考える参加者もいますので、ビットコインも4月中の最高値更新を視野に入れてきたと見てよいでしょう。4時間足チャートで拡大して見てみましょう。

ここからの見通し(4時間足)

ここからの見通し(4時間足)

日足チャートの各ラインを色をそのままに表示してあります。トライアングルのサポートラインを起点とする上昇N波動を考えると、フィボナッチ・エクスパンションのターゲットとして61.8%エクスパンションが62068ドルと史上最高値61800ドルをわずかに上回る水準となっていることがわかります。
ここ数日は横方向のもみあいを続けていますので反落する可能性もありますが、その倍は上抜けたレジスタンスラインが位置する56000ドル水準がサポートとなってくるでしょう。史上最高値更新はもう一週持ち越しとなる可能性が高そうなので来週は近づくものの上抜けは無いという見方をして、56000ドルをサポートに、61000ドルをレジスタンスとする週を見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを国内と海外から1本ずつ取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
中銀デジタル通貨(CBDC)は小国では既に導入されている国もありますが、主要国においては研究を継続という状況で、米国などは研究しているものの導入に消極的という姿勢が目立っています。経済圏が大きな国で唯一導入が間近と考えられる国に中国がありますが、BISサミットにおいて中国は来年の北京冬季オリンピック(2022年2月4日~20日)までの発行を目指すとしました。
このオリンピックまでに実用化という目標は以前から掲げられていて、既に実証実験もだいぶ進んでいるのですが、中国の当局者が言っている通り通貨主権に今後変化が出てくるのかどうかが最も注目されているところでしょう。中国はアフリカを中心に新興国の中国経済圏への囲い込みをしていますが、それとCBDCを最終的に結び付け利便性を図ることと、そしてそれ以上に仮想通貨(暗号資産)の台頭を抑えることです。
オリンピックを控えて年内に利用開始となりそうですから、目前に迫った中国のCBDC導入を見て主要国がどのような動きをしてくるのか、話題的には面白くなってきました。ただ、ECB総裁は導入には前向きだが、導入に4~5年かかるとも述べており、それまでに中国一強のような事態はG7諸国としては避けたいはずです。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
量子コンピュータ自体は既に実用化され、これまでのスーパーコンピュータとは別次元の計算力を誇ります。有名どころではカナダのD-Waveが発売する量子コンピュータAdvantageがありますが、先代の価格は約17億円でその後性能はアップし価格は下がり、それでも11億円程度と言われます。
つまり現状ではその価格に見合う研究、用途と言うことになりますが、同記事では量子コンピュータが変革する領域として医療、金融、サイバーセキュリティ、ブロックチェーン、AI、物流、製造、農業、安全保障の9領域が挙げられています。ただ、現代社会で既存のPCやスーパーコンピュータが活躍している領域を考えると、関係ない領域は無いというほうが正しいでしょう。
そして、当レポートとして気にすべきはブロックチェーンです。ビットコインを例に挙げると現在の技術ではセキュリティが担保されていますが、量子コンピュータが出てくると話は根底から崩れます。暗号が解読されるリスクにさらされるビットコインは全体の25%に達すると分析されていて、そうなると色々な点で見直さなくてはならないということになるでしょう。
こうしたテクノロジーは性能は上がり価格は下がりというのが常識ですから、今の価格の10分の1になる時は考えると怖いものがあります。

今週のコラム「イーサリアムのテクニカル」

イーサリアムのハードフォークを4月中旬に控え、テクニカルにはどのようなチャートとなっているのかを見ておきましょう。

今週のコラム「イーサリアムのテクニカル」

ビットコインのチャートと似た動きですが、イーサリアムは2月高値を3月に超えられず、4月に入ってトライしようとしているパターンで、トライアングル上抜けによる上昇という点は同じです。

ターゲットとしては同様にトライアングルのサポートを起点とした上昇N’波動を想定できますが、既に61.8%エクスパンションは達成していますので、次のターゲットとして78.6%(61.8%の平方根)エクスパンションの2046.8、わずかに史上最高値を上回る水準です。おそらく来週はイーサリアムの高値更新は見ることとなりそうです。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る