仮想通貨(暗号資産)週報「もう一週間もみあいを継続か」(4月第2週)

4月に改めて6万ドルの大台に乗せた後は上下ともに動きが抑えられる展開が続いています。

仮想通貨(暗号資産)週報「もう一週間もみあいを継続か」(4月第2週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜始値までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、トップページのサイト右側メニューの「仮想通貨(暗号資産)分析情報」から「仮想通貨(暗号資産)インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜9時~日曜午前9時の2日間もチャートには表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

今週の振り返り(日足)

今週の振り返り(日足)

史上最高値(3月高値)更新とはなりませんでしたが、4月に改めて6万ドルの大台に乗せた後は上下ともに動きが抑えられる展開が続いています。いっぽうでイーサリアムは史上最高値を更新し、リップルも大幅高となったことで、羅針盤にアップしている仮想通貨(暗号資産)インデックスは史上最高値を更新しています。
ビットコインに限って言えば上昇が先行してきたこともあって、現在はその動きがアルトコインに移っていると言えますが、テクニカルには3月安値からのサポートラインと同高値からのレジスタンスラインとで構成されるトライアングル(ピンク)のなかでのもみあいを継続中です。
ただこのトライアングルをどちらかに抜けたからと言っても大きな動きに繋がる感じもしませんので、引き続き底堅い動きを続けながらも3月高値とその後の押しの半値にあたる56142ドルをもみあいの中心とする展開が続きそうです。4時間足チャートで拡大して見てみましょう。

ここからの見通し(4時間足)

ここからの見通し(4時間足)

日足チャートの各ラインに加え更に短期のサポートとレジスタンスによるトライアングル(青)も引くことができますが、個人的な見通しとしてはサポートは青、レジスタンスはピンクのトライアングルを考え、それを抜けた方向に多少動きが出るというイメージで良いかと思います。
現時点でサポートは先ほどの半値と重なる56000ドル水準、そしてレジスタンスは59500ドル水準に位置しています。引き続き史上最高値更新を視野に入れつつも来週ももみあい継続の可能性を考えます。来週は56000ドルをサポートに、59500ドルをレジスタンスとする週を見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを国内と海外から1本ずつ取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
日銀が5日にCBDC(中銀デジタル通貨)の実験を開始したことを発表しました。第1段階の実験では基本的な機能に不具合がないかを確認し2022年3月まで続くそうです。このあと第3段階まで実験は続くものの実験が終わるのはいつになるのか、既に中国では実用化が年内に控え、2022年の北京オリンピックでは使用可能な状態です。
G7の中では遅いとは言えないものの、8日の記事にもある通りで黒田日銀総裁は現時点で発行計画は無いという姿勢を続けていて、その理由に国民のニーズが高まっていないことをあげています。
中国には圧倒的な差をつけられていますし、現在慎重な姿勢を貫いている米国は基軸通貨国であることや、自国内の金融やIT業界が世界をリードしていることから、いつでも追いつけるという考えもあるでしょう。日本も同じように慎重な姿勢を貫くとデジタル通貨でも後手に回ることになることは間違いありません。もう少し積極的に動いて欲しいものです。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
米国でフィデリティ(資産運用)、スクエア(決済)、コインベース(取引所)、パラダイム(投資会社)の4社が仮想通貨(暗号資産)の業界団体CCI(クリプト・カウンシル・フォー・イノベーション)を設立したとのこと。
いままでこうした大手かつ業界を横断するような業界団体は無かったようで、仮想通貨(暗号資産)の時価総額が2兆ドルを超え、今後米SECが仮想通貨(暗号資産)に対して方針を打ち出す前に動いたということのようです。
規制当局の誤解をただすために協議するとのことですが、バイデン政権の当局担当者は規制強化派が多いことも知られています。今後のCCIと当局との動向も注視したいところです。

今週のコラム「リップルのテクニカル」

今週は急騰したリップルを見ておきましょう。週足チャートをご覧ください。

今週のコラム「リップルのテクニカル」

今週のリップルの急騰は米SECによる訴訟が和解に落ち着くのではとの思惑から売り手のショート・スクイーズ(踏み上げ)という見方がされていますが、今週だけで年初来高値も昨年高値も一気に超えてきている動きです。

まだSECの対応がわからない中でこのまま上がり続けるかとなるとかなり疑問ですが、トライアングルを上抜け昨年末安値からの上昇N波動を考えると、フィボナッチエクスパンションで127.2%(161.8%の平方根)エクスパンションが1.1071となっています。今週は1.1173の高値をつけ、いったんいいところではないかという感じもします。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る