仮想通貨(暗号資産)週報「下値は限定的でもう一段の上値トライ」(4月第3週)

今週ももみあいを継続すると見ていましたが、コインベースの上場でナスダック100もビットコインも史上最高値更新となりました。

仮想通貨(暗号資産)週報「下値は限定的でもう一段の上値トライ」(4月第3週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜始値までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、トップページのサイト右側メニューの「仮想通貨(暗号資産)分析情報」から「仮想通貨(暗号資産)インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜9時~日曜午前9時の2日間もチャートには表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

今週の振り返り(日足)

今週の振り返り(日足)

今週ももみあいを継続すると見ていましたが、コインベースの上場でナスダック100もビットコインも史上最高値更新となりました。ただ、その後はコインベースの株価が上値もまた重たい状況が続いていることから、ビットコインもやや上値が重い地合いとなっています。しかし、下値も底堅い状況が続いていることも事実ですから、これで上値を見たというよりも、状況次第では更なる高値更新もあるという見方でいたほうがよさそうです。
日足チャートでは2月下旬からの上昇ウェッジ(ピンク)を新たに想定し、短期的には3月25日安値を起点とした上昇N波動(ピンク)を考えました。今週の高値は100%エクスパンションの65117ドルと最高値64822ドルとほぼ重なる水準です。次のターゲットとしては127.2%(161.8%の平方根)エクスパンションの67739ドルを考えることになりますが、もう少し拡大して4時間足チャートで拡大して見てみましょう。

ここからの見通し(4時間足)

ここからの見通し(4時間足)

日足チャートの各ラインに加え更に短期の上昇チャンネル(青)も引いてみました。現在の水準に近いため下抜けする可能性もありますが、その場合は最高値更新後の安値61332ドルが先週高値61256ドルよりも上にいることから、先週高値が下値の目途と見てよいでしょう。
また次のターゲット67739ドルはピンクの長期ウェッジの上側ライン、短期平行チャンネルの上側ラインと交差するのが全て来週初になります。個人的には一気に同水準にまで行くとは考えにくいものの、テクニカルには可能性がありそうだということになります。
個人的には次の節目として66000ドル水準を考えたいところで、来週は61300ドルをサポートに、66000ドルをレジスタンスとする週を見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを海外から2本取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
以前から金融規制派の先鋒として名前が出ていた元CFTC委員長ゲンスラー氏ですが。14日に上院で新SEC委員長としての人事が承認されました。これでゲンスラー氏による金融規制がどのように進んでいくのかの注目が高まることとなりますが、同氏はMITで仮想通貨(暗号資産)に関して授業をしていたことから、最初の動きは同分野になると言われています。
同記事は豊島氏の寄稿ですが、同氏は以前SECに金ETF上場で交渉したことがあるそうで、その際に原資産とETFが正確に連動するのかを重視したとのこと。仮想通貨(暗号資産)市場において、果たしてそのようなことが可能なのかに疑問を投げていて、現在でもそうしたことが重視されているとすると、これまで同様に実現は厳しいということになるでしょう。
最近では超緩和化で極端なリスクの取り方をする投資家も増えていますので、今よりも規制が厳しくなることは確かです。正常な市場の発展の前にいったんリスクオフ方向の揺り戻しが起きる可能性はありそうです。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
以前から注目されていた米国最大の仮想通貨(暗号資産)取引所であるコインベースが14日にナスダックに上場しました。初値は381ドルと上場前の参考価格を5割上回る価格となり高値は429ドル、終値は328ドルでした。その後は初日の終値水準で横ばいとなっています。
コインベースの上場により主要3株価指数で史上最高値を更新していなかったナスダック100も高値更新を見ることとなりましたが、高値で考えると時価総額はCMEに次いで北米第2の取引所であるICE(インターコンチネンタル取引所、NY証取を傘下に持つ)をも超えることとなりました。
コインベース上場がきっかけとなってビットコインも史上最高値更新となり14日に64822ドルをつけていますが、仮想通貨(暗号資産)取引所の上場が金融市場全体に与える影響がここまで大きくなるとは数年前には全く想像もつかなかったことです。

今週のコラム「コインベースとビットコイン」

コインベース上場から日が浅いため、まだ比較できるような状態では無いですが、どちらも高値から下げているという動きは同じなので、果たしてザラバでの動きに類似性が見られるのかどうか興味があったため見てみました。

ビットコインと異なりナスダックの株式は取引時間が限定されていますので、昨日15日のコインベースの取引をビットコインの同じ時刻に5分足として並べたものです。スケールは4月15日取引の最初の5分足終値をゼロとしてパーセントで上下の表示をしてみました。

今週のコラム「コインベースとビットコイン」

両者の動きに相関を期待しましたがまったく相関が無いようですね。ただコインベースの収益は仮想通貨(暗号資産)の取引量に比例することから、今後日足が蓄積されていけば相関も出てくる可能性は高いのではないかと思います。

夏以降にでも改めて再考察してみたいと思います。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る