リスクプレミアムの低下(21/4/28)

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが続伸して推移しています。

関連通貨:

リスクプレミアムの低下(21/4/28)

リスクプレミアムの低下

主要仮想通貨(暗号資産)価格【日本時間6時】

ビットコイン:55027.4ドル(+3.41%)
イーサリアム:2637.6ドル(+7.35%)
リップル:1.40986ドル(+11.41%)
ビットコインキャッシュ:873.58ドル(+6.18%)

【概況】

昨日の仮想通貨(暗号資産)取引は、ビットコインが続伸して推移しています。買い戻しの動きが継続する展開となっており、対円で600万円を回復する動きを見せています。その他のコインも買い戻しの動きが意識される展開となっています。株式市場などがFOMCを控えて様子見ムードを強める中でしっかりとした動きが展開されています。

さて、今回はジャンク債のリスクプレミアムの低下についてふれてみたいと思います。仮想通貨(暗号資産)の話からは少し外れますが、過去のデータから判断すると、現状が非常に危うい局面にあるということができ、ビットコインなどにも影響を与える可能性があるのではないかと考えています。

ブルームバーグによると、ここ最近の株価の上昇を受けて投資家のリスク資産への選好が強まる中、ジャンク債へも資金が集まるようになってきているようです。「CCC」格付けの債券に対するリスクプレミアムは26日遅くに500bpを割り込む水準にまで低下しており、利回りが過去最低水準にまで落ち込んでいるようです。

リスクプレミアムが500bpを明確に割り込んだのは過去20年で2回しかなく、それは2008年の金融危機に至るまでの時期とドットコム・バブルが弾ける直前です。つまり、リスクプレミアムの低下は相場の行き過ぎを示している可能性があり、大きな調整を意識させる水準ということができるでしょう。

ただ、この動きが仮想通貨(暗号資産)市場にどういった影響を与えるかははっきりしないところではあります。株式市場が急落ということになればビットコインなども売られる可能性が高いのではないかとみていますが、金融危機やドットコムバブル時に仮想通貨(暗号資産)は存在しておらず、過去のデータから判断することができないからです。

仮にジャンク債から資金を引き揚げるということになった場合、その資金が仮想通貨(暗号資産)に向かう可能性なども考える必要があるかと思います。基本的には現金化の流れからドルが上昇しやすくなるのではないかとみていますが、慎重に対処したいところではあります。

【ビットコイン節目】

ビットコインは日足のボリンジャーバンドの-2σである48370ドル前後の水準から持ち直し、中心線である57000ドルを目指しての動きとなっています。とりあえずは中心線をブレイクできるかがポイントとなりそうですが、ブレイクした場合は60000ドルが、抑えられた場合は50000ドルやバンドの-2σが節目として意識されそうです。

【ビットコインチャート分析】

【ビットコインチャート分析】

ビットコインの日足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの-2σから調整の買い戻しが入っており、バンドの中心線を目指しての動きが継続しています。中心線までは上昇する可能性が高そうですが、そこでは抑えられるのではないかとみています。バンドの±2σがじり安基調となっており、やや上値の重さが意識されやすい形です。中心線で抑えられて再度バンドの-2σを目指す動きとなるのではないかとみています。

またストキャスティクスを見ると、%K、%Dはゴールデンクロスからの持ち直し基調です。下値圏から外れる動きであり、買い優勢の流れとなっています。上値余地は十分にあるので、このまま上昇基調を維持することができるかどうかに注目が集まりそうです。

ビットコインの4時間足のボリンジャーバンドを見ると、バンドの+2σを意識しての動きから調整の動きが入っています。ただ横ばいでの推移であり、下値の堅さが意識されています。形としては再度バンドの+2σまで上昇する可能性が高そうです。バンドの±2σは上昇基調であり、トレンドそのものが上向きです。一時的に調整が入っても押し目買いに支えられやすい局面ということができそうです。

ストキャスティクスで見ると%K、%Dは高値圏での推移です。上げ下げはあるもののしっかりとした動きが継続しており、買い優勢の流れということができそうです。%Kが下落となって高値圏から外れる動きとなってこない限り調整売り圧力も強まらないでしょう。

【ビットコイン価格の注目ポイント】

65640ドル:ボリンジャーバンド日足の+2σ水準
64780ドル:史上最高値
57000ドル:ボリンジャーバンド日足の中心線
55300ドル:昨日の高値

55030ドル:現在値

53350ドル:昨日の安値
50000ドル:心理的な節目
48370ドル:ボリンジャーバンド日足の-2σ水準
43100ドル:2月28日の安値
40000ドル:心理的な節目
29300ドル:2020年の高値
4000ドル:2020年の安値

関連記事

ページトップへ戻る