仮想通貨(暗号資産)週報「当面は今週のレンジ内でもみあい」(5月第1週)

ビットコインは横方向の動きを続け、先週執筆時の水準とほとんど変化していません。

仮想通貨(暗号資産)週報「当面は今週のレンジ内でもみあい」(5月第1週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜始値までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、トップページのサイト右側メニューの「仮想通貨(暗号資産)分析情報」から「仮想通貨(暗号資産)インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜9時~日曜午前9時の2日間もチャートには表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

今週の振り返り(日足)

今週の振り返り(日足)

ビットコインは先週のレポートタイトルでも「最近のレンジ内でもみあいを継続」という見方を示しましたが、今週もイーサリアムは上昇を続けたもののビットコインは横方向の動きを続け、先週執筆時の水準とほとんど変化していません。テクニカルにも先週引いた各種ラインやターゲットがそのままつかえそうですから、4時間足チャートで拡大して見てみましょう。

ここからの見通し(4時間足)

ここからの見通し(4時間足)

4時間足チャートに示されている青い太線は日足にも示してありますが、4月高値と安値の半値戻しにあたる55864ドルに引いてあります。この半値の水準を現在ももみあいの中心として上がると売られ、下がると買われるという流れが続いています。
当面はこの水準をもみあいの中心とする流れが続くと見られ、上限下限とも今週の高値と安値を参考にしておくとよいと考えています。来週は53000ドルをサポートに、59000ドルをレジスタンスと、ほぼ今週のレンジの中でもみあいとなる週を見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを海外から2本取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
アートに限らずデジタル作品はいくらでも本物と同じものをコピーして量産が可能なため以前であれば本物も偽物も判別のしようがありませんでした。そこにブロックチェー技術を導入して本物の一点のみに価値を与える動きが活発化しています。
最初に有名になったのはtwitter創業者の最初のtweetですが、冷静に考えて本物と偽物にそれほどの差があるものなのかとなるとかなり疑問は残ります。最近ではそんなものまで値段がつくのかというようなものに値段がつくだけでなく、さらにそれが転売されて価格が高騰するケースが見られます。
タイトルにある通りなのですが、次のトピックスと併せて考えると金融緩和によるバブルが起きているとしか思えなくなってきます。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
柴犬コインとも呼ばれるアルトコインにドージコインがありますが、以前テスラのイーロン・マスク氏がドージコインを支持すると思われる発言をして以降、ますます価格は上昇し、今年に入ってからわずか4か月でその価格は100倍にまで大暴騰しています。
しかも、このドージコインは米国のプログラマーが興味本位で発行したところからスタートしていて、その開発者自身が異常なことと述べています。興味本位で作られたアルトコインの時価総額がファーストリテイリングの時価総額よりも大きいと考えると、本来的な価値の無いアルトコインに買いが集まっているというのは、もはやバブルとしか思えないのですが、ドージコインあたりがきっかけとなってバブルがはじけるということは十分にあり得ることとしか言えません。

今週のコラム「ドージコイン(DOGE/USD)のチャート」

今週のトピックスで取り上げたドージコインですがチャートを見るとその異常さが際立っています。

今週のコラム「ドージコイン(DOGE/USD)のチャート」

先日トピックスで取り上げた米国バイナンスで取引されているドージコインの対ドルの動きを昨年末から示してあります。

当時0.003ドルでしたが、5月5日には0.6959ドルをつけました。232倍です!今年に入ってから100倍どころか12月からだと200倍越えですから異常としか思えません。持っていない恐怖で買っているだけでしょうから、下がったら一気に崩れる可能性もあります。

米国政府のコロナ支援金がバブルを招いているということは後になってわかることでしょうが、ピークがいつなのかSell in Mayという相場格言もあるだけに、今月は要注意かもしれません。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る