仮想通貨(暗号資産)週報「ビットコインは一段の下げに注意」(5月第2週)

また4月安値以降は青のラインで示した上昇ウェッジの中での動きでしたがテスラが引き起こした急落で下抜けわずかではあるものの4月安値を下回る動きとなりました。

仮想通貨(暗号資産)週報「ビットコインは一段の下げに注意」(5月第2週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜始値までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、トップページのサイト右側メニューの「仮想通貨(暗号資産)分析情報」から「仮想通貨(暗号資産)インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜9時~日曜午前9時の2日間もチャートには表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

今週の振り返り(日足)

今週の振り返り(日足)

ビットコインは2月以降の黄色のラインマーカーで示した月間高値を見ていくと、高値圏でのリバーサルパターンを形成中に見えます。また4月安値以降は青のラインで示した上昇ウェッジの中での動きでしたがテスラが引き起こした急落で下抜けわずかではあるものの4月安値を下回る動きとなりました。
昨年9月以降前月安値を下回るのは初めての出来事で、これまで積みあがってきた買いポジションの調整が続きやすい地合いになってきたと考えられます。ターゲットとしては史上最高値を起点に4月安値への押し、その後の5月高値を3点とする逆N波動(ピンク)を考えることができます。
このあたりの動きは4時間足チャートで拡大して見てみましょう。

ここからの見通し(4時間足)

ここからの見通し(4時間足)

4時間足チャートに示されている線は日足で示した上昇ウェッジのサポートですが、今週同ラインを下回りいったん同ラインまで戻したところからの急落です。同ラインがレジスタンスではありますが、既にかなり離れていることから戻り高値の目途としては先週安値(赤の水平線)に重なる53000ドルを見ておくとよさそうです。
いっぽう下値は日足チャートに示した逆N波動の78.6%(61.8%の平方根)エクスパンションが45419ドル、100%エクスパンションが41584ドルとなっていますが、3月安値43051ドル(赤の水平線)と重なる43000ドルを考えたいところです。急落後に更に下げるかはわからないものの、今回の急落を前にSECのゲンスラー委員長はビットコインは投機的と発言し、ETFに対しても慎重な姿勢を示しています。
ニュース、需給、チャートと地合いの悪化は避けられず、来週は43000ドルをサポートに、53000ドルをレジスタンスする週を見ておきます。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを海外から2本取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
テスラが12日ビットコインを使っての自動車購入手続きを一時停止したと発表しました。これはマイニングのための化石燃料使用が増えていることを懸念したものであり、仮想通貨(暗号資産)は将来性があると信じているが、環境に大きな負担をかけるわけにはいかないと発言しました。
当トピックスでもビットコインのマイニングに世界の電力の5%が使われ、欧州の一国の電力消費量に相当することから最近特に目にするようになったSDGsの観点からも投資対象として懸念されているということに触れましたが、EVを販売するテスラとしても矛盾を感じていたということでしょう。
マスク氏による週末のドージコイン発言もドージコイン急落を招きましたが、今回の発表ではビットコインの急落を招き、12日高値57946ドルから13日寄り付き直後の安値46640ドルまで1日も経過しない間に11000ドル以上もの急落を演じることとなりました。値動きの分析はチャートでご確認ください。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
ディエムはフェイスブックが発行する予定だったデジタル通貨(旧リブラ)ですが、このニュースに先立ってフェイスブックは2021年後半にもデジタル通貨の試験運用を行うといった報道がされていたのが4月下旬です。その時点ではまだディエム協会はスイスの金融当局と交渉していたのですが、方針を大きく変えたようです。
12日にスイスでの決済免許申請撤回を発表し、協会もスイスから米国に移転、米ドル連動のステーブルコイン発行を優先させる流れです。既に協会に所属する米国の会社が銀行持ち株会社と提携し、発行や管理を行うことも決まっているとのこと。フェイスブックが当初リブラ構想を発表してから既に2年が経過しましたが、ようやく来年あたりにもステーブルコインとして登場しそうです。
個人的には最近のフェイスブックはVRゴーグルで最大のシェアを持つオキュラスの動向のほうが気になりますが、オキュラス内のストアで使うといったことはすぐにも実現しそうです。話はそれますが、VRゴーグルを試したことが無い方はオキュラスのクエスト2を衝動買いしても後悔することは無いと思います。

今週のコラム「ビットコイン比でイーサリアムは堅調」

以前もイーサリアムの上昇の強さを対ドルあるいは対ビットコインのチャートで取り上げましたが、今回は仮想通貨インデックスの日足チャートを見て、引き続きイーサリアムが堅調な状況を見てみましょう。

今週のコラム「ビットコイン比でイーサリアムは堅調」

起点を4月10日にして水色のラインを引いてみましたが、ビットコイン(上段)もリップル(中段・紫)も高値を切り下げているのに対してイーサリアム(中段・ピンク)は高値を切り上げ、その動きがインデックス(下段)の最高値更新の原動力となったことがよくわかるチャートです。

ビットコインほどニュースの影響を受けず、リップルのような訴訟リスクもなく、アルトコイン筆頭の信用力と価格的にも比較的手を出しやすいということで、現在のアルトコイン相場の中でも買いが集まりやすいという流れにあるようです。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る