仮想通貨(暗号資産)週報「上昇トレンドへと回帰」(6月第1週)

まだ油断はできないものの、これまでのレジスタンスラインで下げ止まればサポートとなりますので、次の上昇の目途を探る展開となります。

仮想通貨(暗号資産)週報「上昇トレンドへと回帰」(6月第1週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜始値までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、トップページのサイト右側メニューの「仮想通貨(暗号資産)分析情報」から「仮想通貨(暗号資産)インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜9時~日曜午前9時の2日間もチャートには表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

今週の振り返り(日足)

今週の振り返り(日足)

5月19日の安値以降は高値を切り下げるいっぽうで安値も切り上げる三角もちあい(ピンク)のパターンを形成していましたが、昨日の上げで上に抜け始める動きを見せ始めました。本日は再び下げてきているのでまだ油断はできないものの、これまでのレジスタンスラインで下げ止まればサポートとなりますので、次の上昇の目途を探る展開となります。
 日柄的には前に書きましたが水星逆行中はビットコイン価格がワンウェイに動きやすく、逆行開始となった5月30日以降の動きは上昇です。このことから上下の動きがあったとしても短期的には買いが強まりやすいという見方も出来るでしょう。4時間足チャートで拡大してみましょう。

ここからの見通し(4時間足)

ここからの見通し(4時間足)

こうして見ると三角もちあいを抜けきったとは言い難く、サポートライン側は今後も効いてきそうなものの、上昇前に下押しが入る可能性も高そうです。それでも今週の上昇トレンドはこれまでのもみあいから上昇トレンドへと回帰する流れであると見ています。
まずは先週高値、そして三角もちあいのレジスタンスラインの起点となっている水準を試しやすいと見ています。来週は引き続き底堅い展開を予想し下がったところは買い、36000ドルをサポートに、42000ドルをレジスタンスする週を見ておきたいと思います。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを国内と海外から1本ずつ取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
石川県加賀市が電子市民制度であるe-加賀市民制度を年内に開始するとのこと。電子市民というとエストニアが有名ですが、加賀市でもエストニアのプラットフォームを参考にシステムを構築し、電子市民になると支援やサービスを受けられるようです。全く知りませんでしたが加賀市はマイナンバーカードの交付率が全国一で、既に電子市民制度を開始するためのインフラがあり、構築も簡単という背景があったそうです。
今後人口が減少していく中で移住のような物理的な移動を伴うものは限界があり、多くの自治体がこうしたつながりを持ってもらう関係人口増加という目標を考えているようです。地方の活性化という点ではふるさと納税が最初に頭に浮かびますが、今後多くの自治体が電子市民制度を導入すると、そのサービス面で競う動きが出てくることになるでしょう。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
最近は仮想通貨(暗号資産)に関する各国の規制関連のニュースが目立ちます。この記事はFTの翻訳版ですが、米国において規制に関わる当局の動向が簡単にまとめられています。
規制のベースにあるのは保有者、投資家が被害を受けないようにするという観点ですが、通貨監督庁は政府高官が協力することで規制の境界線を定めることを期待していると発言、通貨監督庁、FRB、預金保険公社による初会合が開かれたようです。
またこの会合とは別にSECとCFTCも投資家保護の話し合いを持ったようですが、SEC委員長は規制で名高いゲンスラー氏ですし、通貨監督庁の上位組織は財務省でイエレン財務長官も仮想通貨(暗号資産)に対して規制強化派といえ、今のところ規制強化=制限強化というイメージで進んでいることは間違いないでしょう。実際に通貨監督庁ではトランプ政権時代に与えられた免許の再検討にも動いているようです。ただブロックチェーン技術の後退は無いとも言っていることを考えると、中国ほどでは無いにせよ今後の取引規制強化という話はいつ出て来てもおかしくなさそうです。

今週のコラム「最近の水星逆行」

テクニカルな説明の部分で水星逆行はワンウェイに動きやすいということを書きましたが、チャートで見た方がわかりやすいので、日足チャートに水星逆行期間を重ねた日足チャートをご覧ください。

今週のコラム「最近の水星逆行」

前回、前々回とも今回と似たパターンで逆行開始で上昇を始め、それが続いています。今回の逆行期間も同じパターンを繰り返す可能性が高いのではないかと見ています。

青のバーが逆行期間ですが、今回はまだ継続中なので本日のバーのレンジで期間最後まで示してあります。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る