仮想通貨(暗号資産)週報「改めて上昇トレンドへの回帰を目指すか」(6月第2週)

エルサルバドルがビットコインを法定通貨としたニュースをきっかけに反転し、改めて上昇トレンドに入るかどうかを見極める週となります。

仮想通貨(暗号資産)週報「改めて上昇トレンドへの回帰を目指すか」(6月第2週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜始値までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、トップページのサイト右側メニューの「仮想通貨(暗号資産)分析情報」から「仮想通貨(暗号資産)インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜9時~日曜午前9時の2日間もチャートには表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

今週の振り返り(日足)

今週の振り返り(日足)

前回示した三角もちあいのサポート(ピンクの点線)下抜けたことで、現状では5月安値と今週安値を結んだ新たなサポートライン(ピンクの実線)を引くこととなりましたが、これまでのレジスタンスと併せて、引き続き新たな三角もちあいパターンを形成していると見ることができそうです。
またこれまでのサポートはレジスタンスとしても効いていますので、仮に新たな三角もちあいを上抜けする場合には、この点線をレジスタンスとして考えていくことになるでしょう。
先週執筆以降ビットコインは予想に反して下げに転じましたが、今週はトピックスで取り上げたエルサルバドルがビットコインを法定通貨としたニュースをきっかけに反転し、改めて上昇トレンドに入るかどうかを見極める週となります。4時間足チャートで拡大してみましょう。

ここからの見通し(4時間足)

ここからの見通し(4時間足)

日足チャートのピンクの実線はそのままに点線は薄い紫のラインで引いてあります。今週初に上げきれずに5月安値を割り込む可能性があったところをエルサルバドルニュースに助けられたというところでしょうか、5月安値と今週安値でサポートを形成し、レジスタンスラインの上抜けを試そうという流れになりつつあります。
ただ、今週高値、先週高値、先々週高値、更にレジスタンスの起点とした高値とここから上にはほぼ1000ドル刻みで節目となるレジスタンスがあり、まずは先週高値の39483ドルをターゲットとしつつ4万ドルの大台回復を視野に入れる展開でしょう。下値は8日の高値が短期的にサポートになりやすいと考えられますので、来週は34000ドルをサポートに、39500ドルをレジスタンスする週を見ておきたいと思います。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを海外から2本取り上げます。今週は2本ともエルサルバドルネタです。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
エルサルバドル議会は8日にビットコインを法定通貨とする法案を可決しました。これによってエルサルバドル国内ではビットコインでの納税等、すべての経済主体はビットコインでの支払いを受け入れる必要があるそうです。
エルサルバドルは中米に位置する四国ほどの小国で人口も645万人と少なく、これまでも自国通貨を持たず法定通貨として米ドルが使われていました。今後は米ドルとビットコインの2本立て法定通貨ということになります。米ドルが法定通貨というのは、米ドルが基軸通貨であり米国に保証されているという点で小国にとっては都合が良いのですが、ビットコインとなると、米ドルとの交換レートがかなり激しく変動しますし、この交換レートは市場で決まると言っています。
これは果たして機能するのか疑問に感じるのですが、同国では国民の7割が銀行口座を持っていないことから、ビットコインであればインフラが既に整備されていることもあって誰もが利用できるというメリットを取ったようです。海外での出稼ぎ労働者による自国内への送金(GDPの2割に相当)などが想定されているようですが、小国ならではの驚きの取り組みです。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
エルサルバドルは8日のビットコイン法定通貨法案可決に続いて、9日に大統領がビットコインのマイニングを国内で行う方針を示し、国営電力会社に指示を出したそうです。法定通貨をマイニングするというだけの話ならそれで終わりですが、同方針では火山による地熱発電を利用するとのこと。
エルサルバドルは小国ですが20以上もの火山があり、既に今回の指示に従って新たな地熱井が採掘され、95メガワット相当の地熱発電が可能なようです。大統領が言うように100%クリーン、100%再生可能、排出物0のエネルギーによるマイニングということになると、これまでSDGs面で疑問視されてきたマイニングに新たな方向性を示すことになるように思えます。

今週のコラム「ビットコインドミナンス」

ビットコインドミナンスは仮想通貨(暗号資産)市場の全時価総額に対してビットコインの時価総額が占める割合を示す用語ですが、ビットコイン価格の変動との相関が高く注目度が高いものです。

この数値はビットコインが5月安値をつけるまで下げ続けていましたが、その後上昇と下押し後のもみあいを挟んで今週の安値以降は改めて上昇に転じてきました。

以下の日足チャートではローソク足(左軸)がBTC/USD、ラインチャートがビットコインドミナンス(右軸)ですが、ビットコインと同時にドミナンスも上昇に転じ、今週の安値からの反発も同様の動きとなっていることがわかります。

今週のコラム「ビットコインドミナンス」

ドミナンスが5月安値直後の水準を上回ってくれば回復も本格的なものとなりそうですから、こちらも時々チェックしておくとよさそうです。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る