仮想通貨(暗号資産)週報「目先の底も見てもみあい継続」(6月第4週)

当面は35000~36000ドル水準をもみあいの中心としながら、次の方向を探る段階にあります。

仮想通貨(暗号資産)週報「目先の底も見てもみあい継続」(6月第4週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜始値までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、トップページのサイト右側メニューの「仮想通貨(暗号資産)分析情報」から「仮想通貨(暗号資産)インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜9時~日曜午前9時の2日間もチャートには表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

今週の振り返り(日足)

今週の振り返り(日足)

これまで見てきた三角もちあい(青に変えました)は、先週はマスク氏の発言をきっかけとした上抜けがダマシとなり、今週は中国人民銀の規制をきっかけに下抜けたものの、こちらもまたダマシとなりました。
こうしたもみあいを上下ともに抜けられない場合はもみあい継続と考えることになりますが、5月下旬以降5月19日のローソク足の中での動きとなっています。つまりこのローソク足の半値となる35928ドルをもみあいの中心とすると考えてよいでしょう。4時間足チャートで拡大して見てみます。

ここからの見通し(4時間足)

ここからの見通し(4時間足)

日足チャートの各線をそのまま同じ色で表示し、さらに三角もちあいを抜けた高値と安値の半値(35075ドル)を赤で示しました。これら2つの半値水準から当面は35000~36000ドル水準をもみあいの中心としながら、次の方向を探る段階にあります。
好材料よりも悪材料のほうが目立ちますが、チャートでは日足で見るとわかりやすいのですが32000ドル以下の水準は最近では全て下ヒゲでの動きとなっています。テクニカルには若干底堅いという見方もできるでしょう。
上も下も見て当面は若干底堅いもみあいを考え、来週は32000ドルをサポートに、38000ドルをレジスタンスとする週を見ておきたいと思います。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを海外から2本取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
中国人民銀行が21日、一部の銀行や決済機関に対して仮想通貨(暗号資産)の取引関連サービスを顧客に指導しないように指導したとのこと。中国に限らず中銀の力は絶大ですが、中国の場合は中国共産党の政治的な方向性を強く反映するため、今回の指導は実質的に仮想通貨(暗号資産)関連サービスの禁止です。
実際に大手銀行とアリペイは仮想通貨(暗号資産)取引を拒否する方針を公表し、この動きを受けてビットコインは翌22日に3万ドルの大台を割り込み5月安値に迫る動きを見せました。
今回の指導に先立って人民銀行は5月に仮想通貨(暗号資産)を決済に利用しないように警告していましたが、警告から禁止へと強化された背景には以前から資金の移動が把握できない懸念を示していたこと、来年の北京冬季オリンピックを前にデジタル人民元が実用化するため、その前にデジタル人民元以外の仮想通貨(暗号資産)を排除しようということが大きいでしょう。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
中国人民銀行による仮想通貨(暗号資産)関連サービスの禁止に先立って前週にはマイニング業者への締め付けも実施されています。内モンゴル自治区では5月の段階でマイニングが禁止されていましたが、それに追随する州政府が増えていました。
そして、四川省ではマイニング業者の施設26か所に検査が入り18日から25日まで操業を止められていましたが、マイニング業者からサービス提供業者まで中国政府は徹底的に規制を強化する方向であることは間違いないでしょう。
そうなるとマイニング業者は中国国外でのマイニングを検討することになりますが、中国だけでなく多くのマイニング業者が米国テキサス州に集中してきているそうです。これはテキサス州が低電力料金を売りにしているためですが、同州では天然ガスだけでなく風力発電も多く、環境問題で悪者にされているマイニング業者にとっては好材料な様子です。

今週のコラム「ビットコインドミナンスとイーサリアムドミナンス」

以前ビットコインドミナンスのチャートとビットコイン価格との相関を見ましたが、ドミナンス(時価総額のシェア)はアルトコイン筆頭のイーサリアムでもよく見られます。そしてビットコインドミナンスとイーサリアムドミナンスとの動きの違いから、ビットコインとアルトコインとの強弱を判断するトレーダーが多いと言えます。

以下のチャートはビットコインドミナンスを青(右軸)、イーサリアムドミナンスをオレンジ(左軸)で示したものです。

今週のコラム「ビットコインドミナンスとイーサリアムドミナンス」

5月中旬まではビットコインからイーサリアム(アルトコイン)へ、それ以降はその巻き返しでビットコインに資金が戻っていることがわかります。

最近はビットコインでの悪材料が目立ちますが、ビットコイン以上にアルトコインの悪材料となっていると見られ、なんだかんだ言っても仮想通貨(暗号資産)の中でのビットコインは最強ということになります。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る