仮想通貨(暗号資産)週報「短期下降トレンドは継続」(7月第3週)

短期的には下降トレンド入りしていますが、動きは比較的静かとも言え週間の値幅は3500ドル程度とほぼ予想レンジの中で緩やかな下げを続けています。

仮想通貨(暗号資産)週報「短期下降トレンドは継続」(7月第3週)

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

時価総額が大きい3つの仮想通貨(暗号資産)の週間レンジを示しています。始値は日曜東京午前9時、高値・安値は始値から金曜始値までのレンジのため、それ以降日曜午前9時までのレンジは含まれていません。なお、各レートとも特定業者のレートは示さず対ドルでの気配値となっていることにご留意ください。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ

Crypto Index=仮想通貨(暗号資産)インデックスの詳細は、トップページのサイト右側メニューの「仮想通貨(暗号資産)分析情報」から「仮想通貨(暗号資産)インデックス」をクリックしてご覧ください。算出の基準日は2017年9月1日です。また「到達確率チャート」も併せてご利用いただけます。

今週の仮想通貨(暗号資産)レンジ 2枚目の画像

チャート(上段から上記表の順番)は、到達確率チャートと同じ1時間足・週7日のチャートです。上記レンジに含まれていない前週金曜9時~日曜午前9時の2日間もチャートには表示されています。

今週の振り返りと来週の見通し

今週もドル建てビットコイン(BTC/USD)について、前回執筆時点以降の値動きを振り返りつつ、今後の見通しについて純粋にテクニカルな観点から分析を加えます。使用チャートは、ドル円とユーロの週報で使っているものと同じものです。
このチャートは、ローソク足の足型をそのままに陰陽の着色のみを平均足と同様とすることで、短期的な方向性(白=上昇、黒=下降)を見やすくした独自チャートとなっています。また、一目均衡表を併せて表示することで上下のチャートポイントもわかりやすく示しました。

今週の振り返り(日足)

今週の振り返り(日足)

先週示した通りで短期的には下降トレンド入りしていますが、動きは比較的静かとも言え週間の値幅は3500ドル程度とほぼ予想レンジの中で緩やかな下げを続けています。引いてあるラインも以前の上昇チャンネルは消しましたが、それ以外のラインはそのまま残してあります。
短期的には6月高値からのレジスタンスライン(青)が有効ですが、そろそろこのレジスタンスラインにかなり近づいてきたこともあり、抜けた場合の次のレジスタンスとして7月高値も考えておく必要があるでしょう。またサポート側については5月安値と6月安値を結んだサポートライン(ピンク)が有効です。4時間足チャートで拡大して見てみましょう。

ここからの見通し(4時間足)

ここからの見通し(4時間足)

日足チャートの各線を残し、レジスタンスラインと平行なラインを引いて平行下降チャンネル(青)を示しました。上側のラインはかなり近いものの、現状はまだこのチャンネルの中で緩やかな下降トレンドを続けていると見ることが妥当です。
現状は上側が33500ドル水準を下降中、下側はまもなく30000ドルの大台を割り込む水準となります。29500ドル水準で日足チャートに示したサポートライン(ピンク)と交差しますので、下値の目途は同水準を考えるとよさそうです。
来週も緩やかな下降トレンドを継続しやすく29500ドルをサポートに33500ドルをレジスタンスとする週を見ておきますが、先週も書いた通りで下に抜けていく場合は一気に年初来安値を更新する展開になってくる可能性がありますので、注意しておきたいところです。

今週の主なトピックス

今週の仮想通貨(暗号資産)関連のニュースの中から、筆者が気になった内容をコメントともに「主なトピックス」として取り上げていきます。今週はこの1週間(前回執筆時以降)で気になったニュースを海外から2本取り上げます。

取り上げた元記事を確認できるように、ピックアップするソースを日経新聞に絞っています。日経新聞の朝刊と電子版の別と日時を併記してありますので、ご自身の目でお読みいただくと良いと思います。

今週の主なトピックス

*筆者コメント
これまでも当コラムで中国におけるマイニング業者への規制強化のテーマは取り上げましたが、実際に中国と国境を接しているカザフスタンやロシアへの拠点移動が目立っているようです。BITマイニングは四川省での操業停止後、マイニングマシンをトラックでカザフスタンに輸送したそうですが、デジタルなマイニングマシンをトラックで輸送というのは想像すると滑稽な感じもします。
この記事では実際にマイニングの世界で何が起きているのかを数字で示しているのですが、マイニングの速度を示すハッシュレートは今年のピークであった180エクサハッシュから中国の規制強化で150エクサハッシュを割り込み、直近では90エクサハッシュも割り込みピークから半減しています。当然消費電力量も減っていてピークから半減以下、マイニングに使うGPU価格も4割近く値下がりしているようです。
これまではマイニングと言えば中国ということでシェアは6割を超えていたものが、隣国のカザフスタンやロシア、更には米国テキサス州といったところへ分散していく動きが年末にかけて見られるでしょう。ただ、今回のビットコインバブルは4月でピークを付けた感が強く、次にバブルが来るとするならば数年かかる可能性が高いように思えます。

今週の主なトピックス 2枚目の画像

*筆者コメント
中国のデジタル人民元流通が近づく中でG7をはじめとする主要国では調査研究の段階でしかありませんでしたが、慎重なECBもデジタルユーロの発行に向けての準備のロードマップをラガルドECB総裁が発表しました。
コロナ禍で現金離れが進む中で遅すぎないようにということでしょうが、それでもデジタルユーロ・プロジェクトにあたってまずは2年間の調査、その後実用化に向けた作り込みに数年をかけ、最短で発行まで5年程度と2026年以降になるようです。
ECBはデジタルユーロが現金を補完する立場であることは崩さず、金融システムを不安定にしないためにも一人あたりの保有上限を3000ユーロ程度にするようです。残すところは米国によるデジタルドルですが、米国も近く報告書の発表は予定されていますので、それとともに何らかのロードマップが示されるかもしれません。

今週のコラム「アストロチャート」

今は特に目立ったパターンは見られないのですが今年5月以降は2本のラインの水準が個人的に気になっています。ラインマーカーで強調したラインです。

今週のコラム「アストロチャート」

最近では値幅自体が小さくなってきてどちらにもやや遠くなってきていますが、上がるにしても下がるにしても両ラインで止まりやすいこと、また下に行く場合は年初来安値と同水準に位置していることには注意しておきたいところです。

ディスクレーマー

アセンダント社が提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。また、使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。アセンダント社および二次的に配信を行う会社は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。なお、許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事

ページトップへ戻る